FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、米株高や中国株高を好感して堅調に推移したものの、ポジション調整の売り買いが交錯し、高安まちまちで終了。
 クリスマスイブです。巷のお父さん方は、クリスマスケーキを買って家路についているところでしょうか。今晩の米国市場も半ドン。海外投資家も家庭サービスをしないと離婚沙汰になるといいますから、超閑散市場になる可能性もありそうですね。今日の日本株は、海外投資家が見送り姿勢を強めたため方向感が出ないまま膠着した相場になりました。日経平均の終日値幅はわずか57円、日経平均先物は60円…出来高は8億株台と閑散状態でした。まだ材料が出た株には短期筋が食いついており、閑古鳥が鳴くところまではいっていないようです。まあ、指数膠着、流れは新興市場、小型株…というのは当初から想定した流れですから違和感はありません。

 本日の日本株は、週明けの米国株が米中合意の署名が近い…との観測や、ボーイングなど指数寄与度の高い銘柄の上げを受け続伸したことを好感し、買いが先行。日経平均は18円高の2万3839円と強含んで始まりました。寄り後にこの日の高値2万3853円(前日比32円高)をつけていました。買い一巡後、クリスマス休暇前のポジション調整売りから前引けにかけ下げに転換。前引け近くにこの日の安値2万3796円(同25円安)をつけていました。前日政府系ファンドの売りを懸念して急落した中国市場が反発して始まると、昼から買われ引け近くにプラスに転換。TOPIXは時価総額の大きな通信や自動車などが冴えず下げ分を埋めることができす5日続落。高安まちまちで終わっています。

 日経平均終値は、9円47銭高(0.04%)の2万3830円22銭、TOPIX終値は1.20ポイント安(0.07%)の1728.22ポイント。NT倍率は13.77倍→13.79倍に上昇。レンジ上限の13.8倍に接近。出来高は、8993万株減の8億6589万株、売買代金は2137億円減の1兆2861億円と、超閑散商いに…。騰落状況は、値上がり994、値下がり1030と売りがやや優勢。
 日経平均サイコロは6勝6敗と変わらず。TOPIXは3勝9敗(25%)に低下。底値ゾーンに到達。日経平均との格差が目立ちます。日経平均RSIは63%→74%に上昇。TOPIXは62%→64%に小幅上昇。日経平均が警戒ゾーンに上げる懸念がありますが、明日から3日連続でプラスの数字が落ちますので、警戒ゾーンの80%超えはなさそう。日経平均25日線乖離率は、+1.42%→1.4%と横ばい。騰落レシオは101%→102%。指数は方向感を示す動きにはありませんが騰落レシオは物色意欲の強さが維持されていることを示唆しています。ただ、これだけ日経平均とTOPIXの指標にかい離が出てくると、いずれ物色対象の変化につながる可能性が出てくるかもしれません。

 今週は、手っ取り早く勝負がつくような信用好取組株や材料株、需給にシコリが無い直近IPO銘柄などが面白いとしましたが、レポート銘柄では、高値圏を維持していたピックルスコーポレーションが今日の決算発表を思惑し200円高と急伸。ローカル5G関連で注目したTDCソフトが、46円高と続伸。12月はじめの900円付近から4号連続でとりあげましたが、2割の値幅、世界首位のSIを目指す豆蔵も本日は大台替わりしています。まあ、半導体関連に買い疲れ感が出ており、中小企業支援や人材関連、5G関連など新旧テーマに回帰する動きが出ているようです。主要投資家がおやすみですから仕方がないところです。ただ、前段でも書きましたが、日経平均とTOPIXのテクニカル指標の差が開き過ぎており、潮目が変わる」可能性も考慮しておく必要がありそう。27日から新年相場入りしますが、前日26日が「新月」と変化日に当たっており、ここからは「ヒットアンドウエー」で、潮目の変化に備えたいところ。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は米中合意の署名期待や、好材料がでた一部銘柄の上昇が指数を押し上げ、主力3指数とも続伸して終了。
 おはようございます。

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万8551ドル53セント    +96ドル44セント(0.34%)
 NASDAQ総合指数       8945.64ポイント       +20.69ポイント(0.23%)
 S&P500              3224.01ポイント       +2.79ポイント(0.09%)
 CME日経平均先物       2万3800円           +50円
 10年物国債金利        1.930%            +0.011%
 ニューヨーク原油        60.52ドル           +0.08ドル
 GOLD               1489.40ドル         +8.50ドル
 ドルインデックス         97.68              -0.01  
 

 週明けの米国株は前週末の大統領ツィート(合意の署名が近い)や中国の農産物関税の引き下げが好感され、中国関連株を中心に買いが先行。ニューヨークダウは36ドル高の2万8491ドルと続伸してスタート。前週末クアドルプルウィッチング(メジャーSQに相当)が終わりポジション整理が済んだことから、主要な投資家は実質クリスマス休暇入り。参加者が減少し膠着感が強い展開になりました。ただ、737MAXのトラブルの責任を取ってCEO(最高経営責任者)が辞任したボーイングが買われたほか、アップルやスリーエムへの株価目標や投資判断の上げがあったことが指数の上げに寄与。昼過ぎにはこの日の高値 2万8582ドル(前日比127ドル高)をつけていました。しかし、買い一巡後は再び膠着感を強めた展開となり指数は高止まり、主力3指数とも続伸し高値を更新して終わったものの、NYダウの終日値幅が100ドルを下回るなど膠着感の強い展開に…。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1608、値下がり1324(NASDAQ市場は、1645-1532)と、ともに買いが優勢。NYダウ30種は、値上がり17、値下がり12、変わらず1(マイクロソフト)。CEO辞任を好感したボーイングが2.9%上昇。単独で指数を65ドル分押し上げ。株価目標上げのアップルが1.63%、投資判断上げのスリーエムが1.77%、それぞれ上昇。2社で指数を52ドル分押し上げ。一方、新作スターウォーズが前2作を下回ったことが嫌気されディズニーが1.5%下落。資本財や素材など景気敏感系が堅調、公益、不動産などが下落。

 この日も主力3指数ともじり高。運用最終期限の接近からドレッシング的な動きが強まっているほか、債券が軟調に推移しており、株式を持たざるリスクを意識した投資家が安全資産から株式への乗り換えを進めていることが、持続的なじり高につながっているようです。FRBの予防的な利下げで住宅や不動産などが持ち直しており、年明けの景気拡大期待が強まっていることも背景にあるようです。主力3指数とも2009年の金融危機の底値を起点にするレンジ相場を抜け出し、新たなレンジ形成に入っており、当面、レンジ上限を模索する動きにbなりそう。

 米国株は続伸。円は、米金利上昇があったものの対ドルは109円40銭台と前週末水準で横ばい。対ユーロは121円20銭台に下落。CME日経平均先物終値は大証終値比50円高の2万3800円で帰ってきました。レンジは、2万3730円~2万3860円。本日の日本株は海外投資家の休暇入りで方向感の無いなか、短期資金が個別の材料株を手掛ける展開になりそう。昨日も
米SOX指数が続伸し半導体関連が注目されるものの、やや買い疲れ感があり、買いは「5G」関連に向かうか…。市場参加者の減少で上下に値幅が出やすくなっており、全力投球は避けたいところ…。単打の繰り返しで得点の積み上げを…。直近レポートでも取り上げたローカル5G関連銘柄に期待。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ