FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週明けの米国株は、米中合意の調印日程が来週中に行われる可能性が強まったことから、材料出尽くし売りや年末のポジション調整売りに主力3指数とも下落して終了。
 おはようございます。大納会も終わり、今日は大みそか…。昨日は、正月の準備や孫たちが集まる新年会の準備で買い物に生かされ、書き込みができませんでした。最高権力者の家内に免じてご容赦!今年は20年間住み慣れた家を離れ新居に引っ越すという大きな変化がありました。家内ともども北九州に家があり、引き続き借家住まいですが子供らがそれぞれ大阪や京都で生活基盤を築いており、もしかしたら現在の家がついに住処になるのかも…。新居からは桜の名所「三室山」が展望でき春の訪れが待たれます。

 大納会の相場は予想通り下げて終わりましたが、日本の投資家が心配したように正月休みに入った途端、為替が108円台に上昇してきました。何時か、いつかと気をもんでいた米中通商協議第一弾合意の調印が来週にも行われる…と伝えられ、材料出尽くしを懸念し、早めにリスク回避で買われていたドルが売られ、円が買い戻されたことが円の上げにつながったようです。国内投資家から見たら、「やはり今年も、空き巣狙いの円高か…」と、CME日経平均先物で売りヘッジする動きが出て一時は2万3400円を割り込むところまで売られていました。まあ、正月休みが終わる時に、ドル円相場とCME日経平均先物終値がどこにいるかが注目ポイント。今から、いろいろ思い悩んでいると鬼に笑われるか…? 

 30日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万8462ドル14セント      -183ドル12セント(0.64%)
 NASDAQ総合指数      8945.99ポイント         -60.62ポイント(0.67%)
 S&P500             3221.29ポイント         -18.73ポイント(0.58%)
 CME日経平均先物      2万3405円            -235円 
 10年物国債金利       1.885%              +0.007%
 ニューヨーク原油       61.68ドル             -0.04ドル
 GOLD              1518.30ドル            +0.20ドル
 ドルインデックス        96.76               -0.16


 週明けの米国株は、予想を上回る製造業指数や米中合意の調印が来週中にも行われるとの報道を好感。買いが先行しニューヨークダウは9ドル高と続伸してスタートしました。ただ、買い一巡後、米中合意の調印日程が接近したことによる材料出尽くし売りを懸念したポジション調整の持ち高減らしや年末に伴う益出しの動きが強まり、急速に下げ幅を拡大。寄り後まもなくこの日の安値2万8428ドル(前日比217ドル安)をつけていました。しかし、トランプ減税効果が剥落し業績の足が引っ張られた今期と異なり
、来期は二ケタ近い増益が予想されていることもあり、押し目では買いが増加。市場参加者が乏しく上値を買い上がるエネルギーには乏しく、引けにかけては底値もみあいとなり、結局、主力3指数とも下落して終了しました。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1263、値下がり1674(NASDAQ市場は、1261-1936)と、ともに売りが優勢。NYダウ採用30種は、値上がり1(アップル +0.59%)、値下がり29。IBMが1.82%下落。ディズニーが1.36%、P&Gが1.28%、それぞれ下落して続きました。5銘柄が1%超え下落したものの、突出して下げたものは無く、今年上昇率の大きかったもののに利益確定の動きが入ったようです。
 主力3指数とも下落。前週まで買い遅れた投資家の買いで一本調子の上げを演じ、NYダウの週足サイコロが9勝3敗(75%)、S&P500 は11勝1敗(91.6%)、NASDAQ総合指数は10勝2敗(83%)と、中期指標が警戒ゾーンの75%を大きく上回っていたことから、ガス抜きが必要になっていました。また、米中の第一段階の合意が材料出尽くしになると警戒されていたものの、株式のポジションを減らしていた投資家が「持たざるリスク」を意識して、無理買いしたこともあり、年末、調印日程の具体化というタイミングを見て、益出しの動きが強まったようです。ニューヨークダウで11月高値、25日線辺りがポイントになりそう。

 米国株は下落。円は、景況感の改善からドイツ10年債金利が戻り高値を更新してきたことから、対ドルでユーロが買われた流れ
を受け108円80銭台に、対ユーロは121円90銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は、米株安、円急伸を嫌気し大師用先物終値を235円下回る2万3405円と急落して帰ってきました。レンジは2万3385円~23800円。出来高は、前日の2万枚弱から3万枚超えに増加。円高、先物安を見て国内からヘッジの売りに動いた投資家があったようです。まあ、前段でも書きましたように、3日の米国株の状態が全て…。正月休み明けの米国株の動きを見て判断すればよさそう。このところ、ニューヨークダウのRSI(9日)は株以下の上げと反対に下落に転換。上げのエネルギーを失っていましたから、昨日の動きに意外性はありません。
※新年からのレポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ