FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2020/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週明けの日本株は、ソフトバンクの大型自社株買い発表や日銀のETF買いが、投機筋の買い戻しを誘発。日経平均は反発、TOPIXは4日続伸して終了。
今日は朝一から、市場が期待していた新型肺炎対策に関する法案が米議会で否決されるというニュースが飛び込んできて、夜間取引市場でニューヨークダウ先物は1万8000ドル割れ、日経平均先物は安値1万5060円まで売り込まれて始まるという状態。今日の相場はいったいどうなるか…と固唾を飲んで見守っていたら、日経平均の寄付きは18円高とプラスで寄り付いてきました。米株先物安を受け、一時、72円安まで売り込まれたものの、先週までの動きと異なり日経平均先物を買い戻す動きが強まり、前引けにかけプラス圏に浮上。後場にはいるとソフトバンクの大規模な自社株買いが発表され、同社株が急伸。日経平均への指数寄与度が大きい同社株の上げに促される格好で、日経平均の指数採用銘柄に買い戻しが入り上げ幅を拡大。欧州市場が開く2時ごろには、この日の高値1万7049円(前週末比497円高)をつけていました。ひさびさに日経平均先物の買いが先行したことで、残高が1兆7500億円まで積み上がっていた裁定売り残の解消も入り上げ幅を広げることにつながったようです。この日は米株先物は終日大幅安で推移。アジア株はほぼ全面安ですから、日本株はソフトバクの上げ(単独で日経平均を108円押し上げ)にリードされて、指数間のリターン・リバーサルが行われるなど、極めてテクニカルな要因で上げた、といえそうです。

 日経平均終値は、 334円95銭高(2.02%)の1万6887円78銭と反発。TOPIXは、8.79ポイント高(0.68%)の1292.01ポイントと、4日続伸。NT倍率は12.9倍→13.07倍に上昇。出来高は3.2億株減の26億9739万株、売買代金は6701億円減の4兆0152憶円にともに減少。騰落状況は値上がり1613、値下がり527と買いが優勢。
 日経平均サイコロは4勝8敗で変わらず。TOPIXは6勝6敗に上昇。日経平均RSIは、10%→12%に上昇したものの、TOPIXは22%→21%に小幅低下。日経平均の25日線かい離率は-20%→-17%に縮小。騰落レシオは46%→49%に上昇。サイコロジカルラインを除き、いずれも売られ過ぎを示唆。

 直近レポートで、NT倍率が安倍首相就任以来5年間続いていたNT倍率のレンジ(12倍~12.7倍)の上限まで戻ってきたので、今週は、NT倍率がこれまで同様低下を続けるか、レンジ上限からから反転し上昇を始めるかが注目される…としました。やはり朝方から、先週のNTショート(日経平均先物売り・TOPIX先物買い)のロング&ショートポジションの解消をする動きが出て、日経平均先物買いが先行。指数寄与度の高いハイテク株などが上昇。一方でTOPIX先物に売り圧力がかかり、先週上昇した時価総額の大きな銘柄や小型株が売られるという、先週、と逆の動きが出ていました。つい、1か月前までのオプションSQまではNTロングで日経平均を押し上げる力が働いていましたが、米株の急落で現金が欲しい海外投機筋がポジションを解消したことが、先週の日経平均の崩れ、TOPIXの週間での上げ…という形で現れたんでしょう。おそらく、まとまったキャッシュを米国に戻したことが円安にもつながったものと思われます。

 ただ、前場中に売り圧力がかかり、冴えない動きだった小型株も後場に入り息をふきかえしていました。日銀が後場に入り2004億円分のETFを買った(9割はTOPIX型といわれる)を買った結果、TOPIX先物が買われ、裁定買いで小型株が値を戻した、という事でしょう。結局、なんのファンダメンタルも反映せずに、指数売買の影響だけで個別株も上下した、という格好。確かに、割安感はあるものの、これから出てくる新型肺炎の影響はどれくらいになるか計り知れません。今日流れたところでは上場企業の79社が5553億円の減収に下方修正しているといいます。まだまだ、指数売買の影響で浮沈を繰り返すことになるのでしょうか。

 米株先物はまだ600ドル安で推移。今日お米上院では、ばら撒き方式より失業保険を使った方が良いとの主張や、民間企業を救済することに反対する意見もあり、調整がつかなかったようです。再調整し、今日の日本時間の9時過ぎに採決が行われるようですが、話がまとまらないようなら、市場から催促されることにもなりかねません。今週のヤマ場になりそうです。ただ、先週末にクワドルプルウィッチング(日本のメジャーSQに相当」)が終了し、需給面では最悪局面は通過しており、今回は、まともに対策を評価することになるかもしれません。後は、金融問題に発展しそうな原油価格の持ち直しにトランプ大統領がどんな動きを見せるか…今回の対処の仕方によって大統領選の帰趨が決まるかもしれません。欧州株も軒並み3%前後下げていますが、明日は「新月」で変化日に当たっています。良い方に変化してもらいたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



米国で新型肺炎対策法案が否決。朝方から日米株の先物が波乱商状に…。
 おはようございます。
 クアドルプルウィッチングも終了し、需給関係の改善からましな相場になると思ったら、朝一から米株先物は急落。早くもサーキットブレーカーが発動し、取引が停止されています。ベーシックインカムを含む新型肺炎に対する法案が下院で否決されたようです。事前のムードでは民主党主導の下院も協力的だと追われていただけに、市場の受けたショックは大きかったようです。FRB関係者が失業率の30%台、GDPの50%減など極端な予想を出したことも嫌気されたようです。とばっちリは日本株にも及び,CME日経平均先物は2000円超え下落し、安値1万5060円まで売り込まれています。米国で新型肺炎対策法案が否決されたことに加え、東京オリンピックが先送りされそうなことから、それに伴う損失を嫌気しての売りも入っているようです。国難のおりから、米上院と下院の調整は早期に行われるものと思われますが、法案が流れたショックは大きく、今日の相場は失望感が支配することになりそうです。悪い時には悪いことが続くものです。底入れが確認できるまで動けませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ