FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2020/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の米国株は、景気対策法案の成立を受けた材料出尽くし感や感染拡大を嫌気。週末のポジション調整売りもあり急反落して終了。
 おはようございます。 引っ越し前は家の前の古木で桜の開花状況がわかりましたが、このところの相場の乱高下で家に閉じこもることが増え、様子が分からなくなっていました。新居からは桜の名所の三室山が展望できますが、しばらく見ていないうちに山全体が白みを帯びてきていました。相場に振り回されて心の余裕を失っていたのでしょうか…。目を凝らして家の周りを見ると、土筆は生えているし、庭の雑草と思っていたものが白い花をつけています。待ち焦がれていた春は、もう来ていました。時間があれば、龍田川沿いに三室山まで散歩でもしてみますか…。明けない夜は無い。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万1636ドル78セント     -915ドル39セント(4.06%)
 NASDAQ総合指数        7502.37ポイント        -295.15ポイント(3.79%)
 S6P500               2541.47ポイント        -88.60ポイント(3.37%)
 CME日経平均先物        1万8560円           -520円
 10年物国債金利          0.683%            -0.169%
 ニューヨーク原油         21.51ドル            -1.09ドル
 GOLD 1630.60ドル          -20.60ドル
 ドルインデックス          98.32              -1.03 


 週末の米国株は、米国内の新型肺炎感染者数の増加に歯止めがかからず、中国の感染者数を上回ったことが嫌気され売りが先行。先物が先行して下げていたことからサヤ寄せする売りからニューヨークダウは654ドル安の2万1898ドルと反落してスタートしました。財務長官が景気対策法案に関し、「航空業界の救済ではない」と述べたことや、ボーイングが「政府の支援を要請していない」としたことから同社か売られたほか、サウジとロシアの対立を受け原油価格が下落したことを嫌気。エネルギー株が売られたことから、寄り後まもなくこの日の安値2万1469ドル(前日比1083ドル安)をつける場面もありました。ただ、上院に続き下院も景気対策法案を可決承認し、トランプ大統領に送付されたことを受け、景気下支えへの期待感が高まり買いが増加。次第に下げ幅を縮め、引け近くには25ドル安まで戻していました。しかし、大統領の署名を待って法案が成立することで材料出尽くしを懸念した売りに加え、週末控えで新型肺炎感の感染が拡大することへの懸念から手じまい売りが増加。引けにかけ下落幅を拡大。主力3指数とも反落して週の取引を終えました。VIX指数は4.54ポイント高の65.54ポイントに上昇。指数は高止まりしたままです。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り655、値下がり2355(NASDAQ市場は、847-2484)と、ともに売りが優勢。NYダウ採用30種は、値上り2(P6G +2.6%、トラベラーズ +1.3%)、値下がり28。ボーイングが10.27%下げ、単独で指数を126ドル分押し下げ。原油価格の下げを嫌気したシェブロンが9.95%下落して続きました。パンデミックによる来園客減懸念からディズニーが8.5%、金利低下を嫌気したJPモルガンが7.12%、それぞれ下落するなど7銘柄が5%超え下落。指数の足を引っ張っています。

 主力3指数とも揃って反落。材料出尽くしを懸念しましたが、上下両院を通過したことで、出尽くし売りが出たようです。ただ週間では、ニューヨークダウが12.8%、NASDAQ総合指数が9%、S6P500が10%、それぞれ上昇。底入れ感を強めた終わりになっています。ただ、以前から当面の戻りの目標とした一昨年のクリスマス底付近で急速に伸び悩んでいました。NASDAQ総合指数はこのポイントを下回っておらず長期の上昇トレンドを維持。全体の出直りは米国内景気を映す同市場がリードする可能性が高そうです。週明けは下落しながら接近する25日線を上回れるかがポイントになりそう。

 米国株は反落。円は、ドルが主要通貨に対し売られたことを受け、対ドルは107円90銭台、対ユーロは120円20銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は大証先物終値を520円下回る1万8560円で帰ってきました。レンジは1万8500円~1万9205円。週明けの日本株は、安定感を欠いた展開になりそう。配当再投資分の買いや期末の評価額引き上げを狙ったドレッシング買いが期待されるものの、新型肺炎感染者数が急増していることから、米株先物の動きを見ながらの神経質な展開が続くことになるか…。今後の見通しなど詳しいことは明日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ