FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週明けの日本株は、世界的な経済再開の動きに加え、日銀の追加緩和期待から、買い戻しが進み、日経平均、TOPIXとも反発して終了。
 世界各国、米国内で経済正常化へ向けての動きが本格化してきました。感染者数の頭打ちが鮮明になったニューヨーク州のクオモ知事が、正常化へ向けての3段階のステップを発表。やや無謀な国もありますが、世界が経済の正常化へ向けて動き始めたことを素直に好感。米株先物高に引っ張られる格好で買い戻しが入り、日本株も急反発して終わりました。WHOが薬効に関し否定的な話をリークした抗ウィルス薬「レムデシベル」に関し、近々、臨床結果が発表されるようですが、今日、日本でも承認可能と報じられており、良い治験結果が出ているのかもしれません。経済正常化に関しては、治療薬とワクチンが最大のカギになりますが、必要条件が整いそうなことが市場の期待につながったようです。日銀も無制限の緩和に踏み切りましたが、内容は予想通り。検討中なんて項目もありますから、今日の上げの要因になったとは思われませんね。 

 週明けの日本株は、週末の米国株がレムデシベルの治験結果が近々公表される…との報道を受け反発。CME日経平均先物が大証先物終値比240円高の1万9430円で帰ってきていたことから、朝方は、これにさや寄せする先物買いが入り日経平均は148円高の19410円と反発してスタートしました。世界各国で始まった経済再開の動きや日銀の追加緩和への期待感から寄り後も買い進まれ、次第に上げ幅を拡大。前週末決算を発表したアドバンテストやファナックが買われ指数を押し上げたほか、世界で始まった経済再開への取り組みを好感して外需株が買われたことも指数を押し上げ。先物に買い戻しが入ったことから、裁定買いや裁定売りの買い戻しなどが入ったことからユニクロやソフトバンクなど指数寄与度の高い銘柄が買われたこともあり、終日上げる展開に…。引け近くにはこの日の高値1万9819円(前週末比557円高)をつけていました。

 日経平均終値は、521円22銭高(2.71%)の1万9783円22銭、TOPIXは、25.96ポイント(1.83%)の1447.25ポイントと、ともに反発。NT倍率は前週末の13.55倍から13.67倍に上昇。昨日配信のレポートで、今週はNTロング(日経平均先物買い・TOPIX先物売り)のアルゴ売買が入り日経平均型優位の展開になりそう…としましたが、予想通りの動きに…。出来高は7979万株減の12億4740万株、売買代金は620億円減の2兆0113億円と、ともに減少。買い戻しが上げの原動力だったような…。騰落状況は、値上り1752、値下がり369と、買いが優勢。
 日経平均サイコロは5勝7敗、TOPIXは6勝6敗と、ともに上昇。日経平均RSIは58%→59%(TOPIXは60%→60%)と、ともに、強含み。日経平均25日線かい離率は+1.54%→+3.66%に拡大。騰落レシオは115%→116%に上昇。指数は中立ゾーンにあり、明確な方向感を示すには至らず。今日は、これまで頭を押さえていた日経平均日足一目均衡表の雲(下降中)の中に入り、状況は変化。予想通り上げピッチを速めてきた25日線に支えられて上げてきた格好。ただ、下落中の50日線を意識して終わっており、次はこの節目突破が課題になりそうです。米株先物がもう少し勢い良く上げていたら、50日線突破が成ったかも。

 昨日のレポートでは、日経平均は2万円付近の大きな需給の壁に押さえ込まれて伸び悩んでいるものの、これから始まる決算の下方修正懸念を考えると、壁を突破するには弱気ポジションの買い戻しによる踏み上げしかない…と書きました。先物売りが先行した結果、裁定売り残は過去最高の約2兆3600億円に積み上がっていますが、前回ピークは昨年9月の2兆円台。この時は約1兆4000億円が買い戻され、4000円近く上昇しています。今日も裁定売りの解消が上げに寄与しているはずです。また、逆張り個人が弱気のETF買いに走っており、日経ダブルインバースの取り組み倍率は、3.08倍から27.63倍に急上昇。買い(先行き弱気)が急増。今日は、このETFの売りとともに組成証券会社が先物を買い戻したことも上げに拍車をかけたようです。いずれも指数売買に絡むものですがNT倍率が13.8倍に近づくまでは今の流れになるかもしれません。

 今日は、レポートで注目してきたモノタローと三浦工業が年初来高値を更新。新型コロナでリモートワーク需要が増加。データセンターやサーバーが増加したことを受け半導体が増加するとして関連株を注目しましたが、ローツェ、東京応化工業、イビデンなども値幅を稼いでいました。まあ、これも新型コロナのロックダウンがあってからのこと。治療薬が完成し経済が正常化に向かうと、流れが変わる可能性も…。まあ、ここからは深追いはしないで、次の流れを模索したほうがよさそう。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ