FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米国株は休場。週末の日本株は、米株高や米景気改善期待から先物リードで、続伸して終了。
 おはようございます。このところ、中国関連の本を読んでいます。娘の大学時代の教科書や対談集、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」(全3巻)と読み漁っていますが、次は「孫氏の兵法」を読む予定です。古代からの王朝の変遷を見ていると、民を食べさせられなくなると、各所で略奪が発生。奪った食料を公平に配分するために親分的な存在が現れ、より食糧の強奪能力や配分能力を持った親分のところに統合され、次の王朝が誕生するという流れがあるようです。勝海舟が「氷川清話」の中で、「中国という国は指導者の動きを見てもわからない。民の動きをみることが大事。腹さえ満たしてくれれば、支配者が誰でも構わないのが中国という国だ…」と話していましたが、確かに、漢民族以外の支配者も抵抗なく受け入れていました。この発想で見ると、新型コロナの影響で、働き先を失った農村の出稼ぎ労働者や大学を出ても就職先がない若者が増加。いわゆる、飯が食えない民が増えてきたことに、中国共産党王朝が存立の危機感を感じ始めてきたのかもしれません。対外拡張主義が鮮明になってきたのが、「食えなくなったら、周辺から奪えば良い」という国に根付く本能的なものでなければいいのですが…。

 昨日の米国市場は独立記念日まえの代替え休日で休場。欧州市場は新型コロナの感染拡大懸念で総じて下落。米国の主要な動きを電子取引を見ると次の通り。
 ニューヨークダウ      2万5623ドル     -136ドル(0.52%)
 NASDAQ100         10326ポイント    -29.79ポイント(0.28%)
 S&P500            3115.50ポイント    -13.50ポイント(0.43%)
 CME日経平均先物     2万2190円       -80円(3日大証終値比)
 ニューヨーク原油      40.32ドル        -0.33ドル
 GOLD             1787.30ドル      -2.70ドル 
 ドルインデックス       97.14          -0.18  


 米国市場は休場。円は、対ユーロでドルが売られたものの、対ドルは107円50銭台と横ばい。対ユーロは、120円90銭台で小幅安。CME日経平均先物は、大証先物終値を80円下回る2万2190円。レンジは2万2115円~2万2355円。週末の日本株は米雇用統計のポジティブサプライズな結果を受け米株が上昇したことを好感。先物買いリードで続伸して終了。引け間際にソフトバンク孫社長の銀座に所有する個人資産の売却報道を受け同社株が買われたことを受け、上げ幅を拡大。米国で半導体関連が買われた流れを受け日経平均指数採用の東京エレクトロンが上昇。2社で日経平均を60円分押し上げており先物の影響が大きかったようです。
 日経平均終値は160円52銭高(0.72%)の22306円48銭、TOPIX終値は9.57ポイント高(0.62%)の1552.33ポイント。NT倍率は、14.35倍→14.37倍に上昇。一時14.40倍に上昇。日経ロング(日経平均先物買い・TOPIX先物売り)のロング&ショートポジションを作る投資家があるようです。出来高は、約3.75億株減の9億8246万株、売買代金は5411億円減の1兆6954億円にともに減少。独立記念日の連休入りで海外勢の売買が減少したことが響いたようです。騰落状況は、値上り1333、値下がり759と、買いが優勢。

 日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは5勝7敗に、それぞれ上昇。日経平均RSIは47%→61%(TOPIXは、43%→55%)に、それぞれ上昇。日経平均25日線かい離率は、-1.28%→-0.646%に縮小。騰落レシオは79%→83%に上昇。指数は上向いたものの方向感を示すには至りません。勢いを無くしつつある25日線と200日線に挟まれた狭いレンジの動きが続いています。

 先週の日本株は、日経平均が反落。TOPIXは続落。週間の下落率は日経平均が0.91%、TOPIXは同1.58%と、TOPIXの下落率が大きくなっています。このところのNT倍率の急激な上昇に見られるように、NTロングのポジションを作り日経平均先物を買い上げる投資家がいるようです。26日までの1週間の海外投資家の先物売買は、日経平均が1327億円に対しTOPIXは599億円となっており、日経平均先物の買い越しが目立っています。NT倍率は14.40倍と、暴落前の最高水準14.28倍を上回っており、今後の為替動向によってはNTロングポジションの解消から流れが逆転する可能性も考えておく必要がありそう。日経平均の週足サイコロは前週の75%から66%に、RSIは75%→65%に低下しており、過熱感は後退。しばらくは、日経平均週足一目均衡表の「雲」内の動き、TOPIXは雲入り前の足踏みの動きが続くか…。
 詳しくは、明日発信の「レポート7月5日号」で解説します。今週は、継続注目してきたピックルスコーポレーションが好業績を背景に急伸。直近号の東京応化工業が週足陽線で終わってきました。しばらくは、各論優位の展開に…。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ