FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ここからは指数重視。一番信用できないのは「自分自身」
19日の日経平均終値は295円36銭安の1万7371円97銭、Topixは23.78ポイント安の1706.93と、ともに急反落して終わった。日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは96、RSIは51。とにかく今はテクニカル指数の好転待ちというところだ。

★針小棒大の噂に惑わされるな!
 しかし、よくこれだけ悪材料を引っ張りだしてきたもんだ。朝方は、海外年金の売り玉と思われるものが大型株中心に出て、地合を悪くしたところに、円が117円台に突入。そうこうしているうちに、イランのウラン濃縮活動が確認され、その次は、中国が第一四半期のGDP発表時間を変更したといって、「利上げだ。元切り上げだ」とくる。またまた、日銀の利上げまで言われ始めるという始末だ。極め付けが、上海市場の5%を超える下げ…この程度の下げで済んだのは奇跡?としか言い様が無い(実際は今の相場が強い証でもある)。大げさに書きすぎたが、折角、裁定業者が相場を下げようと一生懸命に流している話だから、ちょっとは乗ってあげないと気の毒…。好きにやってろ…。
 中国国家統計局は引け後に第一四半期のGDPを発表していたが、11.1%という二桁の伸びだった。インフレ率は2.7%。利上げが実施されても不思議じゃない数字だ。ただ、国民皆投資家になっている現在、裁定業者が流しているような市場をぶち壊すような利上げはできようが無い。下手すると暴動が起こる。また、「元切り上げ」にしたって、まだ国内の構造改革が終わっていないのでやれるわけが無い。困るのはウォルマートなど低価格品を中国で生産している米国企業でもある。日銀の利上げにしたって、景気の腰折れ懸念があるのにできるわけは無いし、今のように金融市場が波乱状態になっているときにやればどういうことになるかは日銀自身が知っている。昨年4月、今年2月の世界同時株安はいずれも日銀の金融政策の変更のあとに起きている。3回目の引き金を引くだけの度胸は今の日銀には無い。裁定業者は自分らが儲けるために、針小棒大で悪材料を作り上げる。まあ、あまり右往左往しないで、どっしり構えて相場を見ておくことだ。

★波乱局面で一番信用できないのは自分自身。ここからはテクニカル重視で!
 今日、日経平均は安値1万7219円まで下げて、やや戻して終わっている。このブログをずっと読んでいる人なら、この数字が以前書いた屈折ポイント1万7254円に対応していることが分かるはずだ。また、上げの道中で空けた窓も閉めた。外部要因に大きな変化が無ければ、あとは指数の買いゾーン入りを待つところだ。
 今日のように急落すると、ドンドン下にいってしまうような気がして鳥肌が立ってしまう御仁もおられるようだが、あまり相場を見ずにテクニカル指標を注目。自分の気持ちではなく数字に従って動くようにしたほうが良い。上海が下げ、他のアジア市場も下げているので、多分、米国もビビッてさげるのだろうが、新値を更新したあとだけに、ここでの下げは当然…と思うぐらいの余裕が欲しい。とにかく、日本株が本格出直りにはいるには、2003年10月高値と04年4月高値を結んだラインを上回ることが最大条件。

 無茶苦茶な相場だが、一貫注目中の三井造船と佐世保重工がともに新高値(ともにレポート注目株)。含みの片倉工業が2200円引け。どこかで、含みが再浮上する。テーマ株の突っ込み買い。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ