FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



今日は、ちょっと趣向を変えて見た
 25日の日経平均は215円61銭安の1万7236円16銭と続落、TOPIXは18.82ポイント安の1687.34と反落して終わった。日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは85、RSIは42。RSIと騰落レシオの下落ピッチが早まってきた。
 
★「無茶が通って道理が引っ込む」不条理相場…
 市場は決算発表以外には関心が無い、という感じだ。良ければ飛びつき買い、悪ければ叩き売り。そんなやり方が厭だという人は見送り姿勢を続けている。市場に厚みがないために相変わらず先物業者がやりたい放題をやっている。来月に決算を控えたヘッジファンドの仕業だろうが、日本の株式市場は彼らの私設市場に成り下がった感じさえする。また、市場そのものにしても、数字ばかりを追っかけて、株式市場に一番大切な「夢とロマン」がなくなっている気がする。最近、新興市場の株を何分の1かの値段で投げて、市場から去る人がふえているという。一部の裁定業者や先物業者だけがやりたい放題をやって市場を荒らされ、PBRが半分以下になっても下げ止まらない…。無茶が通って道理が引っ込んだんでは、それは逃げていきたくなるよね!
 昨日も書いたが日本の投資家がもっと国内の企業に自信を持たなくてはいけない。株価というのは、利益と金利で決まるもの。世界一金利が低い超優良国の日本の株価を4%や6%などという金利の国と比較し、PERが20倍台で高すぎるという論法は通用しない。この議論がアナリストの間から全く出てこないのは不思議でしょうがない…。どうせ、株価が上がりだしたら、自分達が割高と言ってきた説明を正当化するために持ち出してくるんだろうがね。とにかく、日本の投資家は自信を取り戻して、自国の市場に望むべきだと思うが…。いかが…。

★日経平均チャートってどんなになってるの?
chart

 上は、株式レポートで使った日経平均チャートだ。少し前の分で申し訳ないが、2003年の底値以来の動きをみたものだ。これまでにも何度か説明したが、目に訴えたほうが良いと思い掲載した。
 図をみれば分かるように、日経平均は大底以後の高値と高値を結んだAラインと大底から引き上げた平行トレンド内を動いている。このなかで、特に、Aラインに対する株価の動きに注目して欲しい。バンド内にあるときはAラインが上値抵抗ラインに、抜けたときは下値支持線に変化している様子が読み取れるはずだ。現在は、2月のミニ世界同時株安で折角抜けていたAラインを下回ってしまっている。そのごは、Aラインが上値抵抗ラインに変化し、ずっと株価の頭を押さえ続けている。
 このブログでもAラインを上回ることが最大課題になると書いてきたが、この図をみれば何故頭が重たいか良く分かるはずだ。当面は、このライン抜けと、続いて下値支持線に変化したことを確認することが本格出直りのポイントになる。目先は、D,Eラインで形成されるバンド内を動いており、このバンドから下に抜けないことが課題。また、Bラインの存在は意外と気づいていない人が多いが、図に見るように強力なラインとして存在している。もし、D,Eで形成されるバンドを下回れば次の下値目処になる重要な線だ。
 毎日同じことを書いても仕方がないので今日はちょっと趣向を変えてみた。参考になれば幸いだ…。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ