FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



どうせどこかのたちの悪い記者に言わされたものだろう?
 こどもの入院が長引き、昨日は書き込みを失礼した。一ヶ月前に手術したのと同じ病気でまた手術。前は術後2~3日で退院できたのでたかをくくっていたら、突然の発熱。いまだにベッドの上だ。42度を越える熱がでたのに大学病院は原因が分からない、ときた。全くいい加減にしろ。久しぶりに取材意欲がたかまってきた。医療ミスで原因追求してみようか…。
 
 愚痴はこれまで。24日の日経平均は8円15銭安の1万7696円97銭、TOPIXは1.97ポイント安の1738.11と、ともに小反落して終わった。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは85、RSIは61。やはり相場の基調は強くなってる。今日は、グリーンスパン元FRB議長の「中国株は劇的な収縮が懸念される」という発言を受け、ハンディキャップを持ってスタートしたが、上海市場が堅調に推移したことで、日本株もしっかりで終わった。それと、期末が接近し、ヘッジファンドなどの裁定業者が悪さをしなかったのも原因だろう。この2~3日、現物と先物のサヤが詰まって解消売りがでても市場の方が吸収していた。また先物のほうも先高感が強まっており簡単に売り崩せなくなっていた。
 さてグリーンスパン氏の発言だが、ことし2月にも株安の引き金を引いたが、このときは、同氏が積極的に米国景気の後退発言をしたわけではなく、記者の質問に答えて発言したものが大きく伝えられたものだった。日本でも米国でも記者は自分の名前を売りたいから、こんな発言は大げさな見出しをつけて、センセーショナルに掲載される。今回にしても、今が相場的にも微妙な時期にあることは同氏だって十分承知している。どうせ、「記者が記事にしませんから」とかなんとかいって、発言させたものを大げさに報道したものだろう。皆さんも、記事の見出しに驚かされないようにしたほうが良い。とんでもない見出しがついているのに中身を読んだら「な~にも無い」というのはよくある。
 このところ、新聞記事に、何で日本株だけが上がらないのかについて、一生懸命解説する記事が出ている。あれもだめ、これもだめと自虐的な活字が躍っているが、簡単にいえば、上げる状況にも無いのに日銀の福井総裁が「利上げしたい、利上げしたい」とお経のように唱えているからだろう。そうなると、長期では買えても短期では上値を買いあがりづらい。ひとこと、「まだ上げる環境に内容にない」といえば、すっと上がっていくだろう。(景気先行一致指数が三ヶ月連続で50%割れ=景気の山を形成のサイン、4月の輸出が減少したなど景気にマイナスの指標もでているのに、上げるというのはいかがなものか。あなたはサドか…)。
 とにかく、今日の相場を云々しても値下がりが1000をこえていては仕方が無い。そろそろ、決算内容の検討から、銘柄の選別と新しいポートフォリオ作りが始まってくる。テーマでは、最近の日経を読み返して、いくつも繰り返しでている記事を探してみてはいかが…。
 そろそろ、病院へ行く時間だ。それではまた明日。
 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ