FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



勢い翌上げたものの、明確な買いサインを発するにはいたらず…
 週末11日の日経平均は162円60銭高の9705円25銭、TOPIXは9.65ポイント高の866.44と、ともに続伸して終わりました。出来高概算は28億2352万株(うち、SQ分9億800万株)、売買代金は2兆2754億円(同9211億円)でした。SQ分をのぞいたボリュームは、やや増加したものの、薄商いが続いています。また、日経平均サイコロは7勝5敗、騰落レシオは81、RSIは48、25日線かい離はマイナス2%でした。今日の引け値での25日線は9907円。今日の日経平均終わり値と移動平均線との差はわずかに200円。来週の相場で、25日線の下落圧力をしのいで上昇相場に転換できるかどうか…。いよいよ正念場を迎えることになりそうです。

 さて、今日は欧州で久しぶりで前向きな材料が続いたことに加えて、懸念されていた中国の輸出(5月)が対前年比で48%の増加、日本の1-3月期のGDP改定値が増額修正されたことから、世界景気の拡大傾向が続いているとして、米国株が急伸。これを受け日本株も先物が買い先行でスタート。注目のSQ値も9747と高いところに決まりました。一時は「幻のSQ値」になるのでは…との懸念がもたれましたが、今日は9764円高値まで買われ、SQ値をクリヤー。引けはこれを下回って終わりましたが、先高感を強める終わり方になりました。ただ、昨晩から、明確な買いサインを出すかどうかが、当面のカギ…としてきましたが、結局、三本新値の陽転値9758円を上回れずに終わってしまいました。チャート的には、底値も見合いの両端に窓を開ける「逆離れ小島」のパターンをつけましたので、底入れの可能性が強まりましたが、問題は、25日線を上回って1万円大台を回復するだけのエネルギーを残しているかどうか…。外部環境次第の相場になっているだけに、今晩以降の米国株が焦点になってきそうです。

 また、中国の輸出が増加したのはいいのですが、今日発表されたCPI(消費者物価指数)はついに、政策目標とする3%の壁を突破。3,1%に上昇してきました。個人消費も二桁の伸びを示しているほか、最近の給与水準の引き上げ、食料品への投機的な資金の介入など、物価上昇が一段と加速する兆候がでてきました。一方、預金金利は2.6%という低い水準に据え置かれており、このままでは預金を取り崩して物を買う流れが加速する可能性もあり、金利の引き上げが焦眉の急になってきました。また、固定資産投資も相変わらず高い水準を持続しており、不動産バブルの抑制のためにも一段の金融引き締めが課題になってきます。このところ、金融当局が銀行への自己資本の増強を促していることを見ても、徹底した不動産価格の抑制に乗り出してくる可能性があります。欧州危機の山場は過ぎたものの、来週は中国の利上げが、目の上のたんこぶになって市場を圧迫するかもしれません。詳しい、分析はレポートに譲ります。レポート最新号で注目した日本調剤(3371)が3700円台に入ってきました。まだ、大きく株価が伸びるところが無いだけに息の長い相場が期待できそうです。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ