FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



景気の二番底懸念で小幅に調整…高値挑戦は、仕切りなおし?
 おはようございます。

 昨日の欧州情勢は、ストレステスト効果が剥げるなか、ドイツの消費者物価指数(7月)が前月の0.9%から1.1%へと上昇が加速したことを嫌気。引き締め強化を懸念し株価が5日ぶりに反落。他の欧州主要市場の株価も軟調に推移していました。また、米国の耐久財受注やベージュブックが冴えない内容になったことから、リスク回避の動きが強まり、ニューヨーク外為市場で、ドルは主要通貨に対し売られて終わっています。対ユーロは1.29990ドル台、対円は87円40銭台、ユーロ・円は113円62銭~72銭と、円の上昇が目立っていました。

 昨日の米国株は、6月の耐久財受注が市場予想を下回るなど景況感の悪化を示す指標が発表されたことや、航空機大手ボーイングが発表した業績が冴えなかったことから、売り先行でスタートしました。ただ、耐久財受注の内容には評価できるものもあり、一段と売り込む動きはなく、前日に続き運輸株などが物色され底堅い動きをしていました。しかし、午後になり地区連銀経済報告(ベージュブック、7月19日現在)が発表され、景況感が横ばいや下降に転じた地区が4地区になった、と伝えられると、景気の2番底懸念が増幅し下落幅を拡大。結局、ニューヨークダウは反落、NASDAQ総合指数、S&P500は続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1億1022万株減の10億427万株。騰落状況は、値上がり994、値下がり2013でした。

 この日発表の6月耐久財受注は、前月比1.0%の減少。市場予想の1.0%増を下回り、前月の0.8%減に続き2ヶ月連続の減少になりました。非国防航空機・部品が前月比25.6%減と前月の30%減に続き、大幅に減少したことが響きました。また、コンピューター・電子機器が同1.9%減、一次金属が同2%減など冴えないものが多かったほか、変動が大きい輸送機器を除いたコアの受注も0.6%減と市場予想の0.3%増を下回っています。ただ、設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財は0.6%の増加と前月の4.6%増に続き、増勢を維持。市場予想(前月比変わらず)も上回っています。また、ベージュブックでは、全の案に景況感の改善が続いているものの、クリーブランド、カンザスシティで景況感が横ばいに、アトランタ、シカゴで下落に転じるなど、景況感が悪化する地域が出てきた、としています。ただ、歩みは遅いながら製造業を中心に着実な景気回復がつづいているほか、サービスセクターの回復が顕著になってきた、と明るい面を指摘しています。ただ、商業用不動産や住宅の不振、融資の逼迫が続いていることを懸念。ほとんどの地区で自動車販売が減少しているなど不安材料も指摘しています。

 ニューヨークダウは高値挑戦を前に、冴えない経済指標とボーイング決算への失望から、調整含みの動きになってしまいました。ただ、ベージュブックが景気の2番底懸念を示す内容になったにもかかわらず、ニューヨークダウは5日移動平均線を底に下げ止まっており、底堅い動きを示しています。とりあえず引け値ベースでは6月高値を更新していますので、一旦調整しても不思議ではありませんが、昨日も書きましたように、下値は今月中旬の戻り高値までで限定的となっており、好材料の出現を待ち、6月ザラ場高値更新へのチャレンジがありそうです。当面、ユーロ・ドル相場が焦点に…。

28日の米国市場
ニューヨークダウ  1万0497ドル88セント -39ドル81セント(0.38%)

NASDAQ総合指数  2264.56ポイント -23.69ポイント (1.04%)

S&P500   1106.13ポイント  -7.71ポイント (0.69%)

CME日経平均先物(ドル建て) 9695円 -35円

         (円建て)  9680円 -50円

米国10年もの国債金利  2.9958%  -0.0527%

WTI原油  76.99ドル  -0.51ドル

GOLD  1162.4ドル  +0.6ドル


 米国株は反落、CME日経平均先物も円高を嫌気し、9700円を割り込んで帰ってきています。昨日のCME市場では安値9590円まで売り込まれており、今日の先物市場でサヤ寄せする動きが出れば、波乱の種になりそうです。円相場は国内に帰り、対ドルが87円40銭台、対ユーロが113円60銭台とニューヨーク外為市場と同水準で動いていますが、今日は円安の一服から利食い急ぎの動きになりそうです。また、米国債金利が再び3%を割り込んだことで、債券先物市場に買い圧力が増加。株先物には売り圧力がかかりますので、今日は裁定解消売りも懸念されます。立会時間中のGLOBEXの動きが焦点に。ただ、指数自体は売り崩しがあっても底堅く推移しそうですから、好業績物を個別に買うなど、決算発表を見ながらの個別物色の展開になりそうです。昨晩も書きましたように、昨日の日経平均の終値付近には下落中の13週移動平均線があり、どうしても下落圧力を受けやすいポイントに来ていたことも、投機筋にとっては売り仕掛けのタイミングになるのかもしれません。投機筋がお迎え相場を演出して逃げるのか、それとも売り乗せしてくるのか、他人事ながら興味津々です。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ