FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



幻のSQ値で解消売りの懸念…週末控えでまともな株は利食い先行
 一週間お疲れ様でした。投機筋の方はFBIの呼び出しを喰らっているのか、欧州をいじめ倒して十分儲けて、もうクリスマス休暇に入ってしまったのか、大した仕掛けもなく平穏な一週間でした。日本の金融庁も、フロントランニングなどやりたい放題の海外投資家の取締りをしっかりとやり、もう少し性質のいい投資家を集めるようにした方が良いと思いますが…。グローバル化とは、海外でも相手にされない性質の悪い投機家を集めてインチキなバクチ場を作ることでは無い…と思うのですが。取引所はどう考えているんでしょうね。

 10日の日本株
 日経平均株価:1万211円95銭 -73円93銭   日経平均先物終値:1万210円

 TOPIX: 888.22ポイント   騰落状況:値上がり653、値下がり849 

 出来高概算:31億1859万株(内、SQ分9億7107万株) 売買代金:2兆5479億円(同9000億円)

 日経平均サイコロ:7勝5敗  騰落レシオ:151   RSI:59

 25日線かい離:2.3%   日経平均25日線:9985円(前日比24円上昇)


 今日の日本株は、オプション、先物の決済に関するメジャーSQでしたが、どこかが売り物をだすのが遅れたらしく、SQ値は1万420円74銭ととんでもなく高いところに決まり、いわゆる「幻のSQ値」になってしまいました。引け値ベースでも、結局、日経平均週足一目均衡表の雲の中にも入れずに終わっており、ちょっと、来週以降の動きが気になるところです。まあ、指数的には、先物筋や裁定筋のお思惑次第で動いているだけでなく、11月のヘッジファンド決算対策用の反対売買も終わり、今は、次をどうしようとかと考えている段階…。どうせまたユーロを攻めるのでしょうが、米国で債券の金利が上昇を始めており、今までのように、円を支点にして、ドルとユーロをバタバタ売り買いできづらくなっているのも確か…。新しい、攻め方が必要になっています。いっそのこと、財政状況は悪いは、政治家はろくなやつはいないは、守旧主義の日銀は、現状維持で何もしてこないは…ということを考えると、日本が希望する円安を、徹底的に実現させてやるという手も無いではないんですが。何しろ、売り崩すための国債を国内の投資家が大量に持っていため、やりたくてもやれないというところ…。

 結局、今年のうちに何もかも先行きの悪いところを織り込んでしまったので、来年は、悪材料が出ずラクなって、結構、すんなりと株が上がることになるのかもしれませんね。まあ、今日は、SQのことから入りましたので、言わずもがなのことまで書いてしまいましたが、今日の欧州で、アイルランドの格付けを3段階も引き下げた格付け会社(フィッチ)があったほか、アイルランドの野党は、EUやIMFの支援策を飲めるか…として反対を表明。ユーロは目一パイ急落しましたが、米国に移ると、新規失業保険申請件数が予想以上に減少。これを受けてやや円安に傾いたものの、民主党がオバマ大統領のブッシュ減税延長に反対といってドルが下落。欧米市場で、為替は結構乱高下。そのまま、日本に来たものですから、今日は電機、精密、自動車など外需がらみが売られたほか、後場からは、先物売もでて、裁定解消売りが指数を圧迫するという流れも出ていました。まあ、来週になって個人や海外長期資本に頑張ってもらわなければなりませんが、米国では来週くらいから、損だしして来年お税還付を受ける準備を始めなければなりませんから、一時的に需給バランスが悪化することもあるかも知れません。

 今日あたりの、物色動向を見ても、サッポロなどの材料株は別にして、低位株や売買単価の低いものを短期値幅取りで買う一方、ファンダメンタル面の割安感で買われたものは週末控えで、利食いを優先にするなど、どちらかといえば投機的な動きが目立ったカッコウで終わっています。まあ、場味はあまり良くありませんね。朝も書きましたように、今の相場は、レポートでも解説しましたように、11月相場で日本株は海外と逆行して動き、テクニカル面では、日本が加熱、海外は冷却という動きになっていました。まあ、来週の動きについてはしづらいのですが、指数と相場の実態がかい離する動きは来週も続くのかも知れません。以前から西ではなく東を向いたらどうか…として、米国のWEB2.0関連の動きを進めてきましたが、レポートでもクラウド関連で注目した、新日鉄ソリューション、ネットワンは今日もいい引け方をしていました。

 とにかく、まだ今答えは出せませんが、全ての嗅ぎは米国債券市場の金利が握っている…。債券市場にカネが眠っている間は「死に金」だが、株式市場に追いやられれば経済を活性化する「生き金」に変身する。せめて白川総裁が半分でもいいいkらこの考え方をわかってくれたら日本経済は救われるのに…。やはり平成の「桜田門外の変」は必要なのか…。

※ 現在、新年相場以降へ向けての新規の会員様を募集しております。詳しくは右のコメント欄をみるか、メールフォームでお問い合わせください。日ごろから、変化の到来を予想しておりましたが、やはり始まったようです。12月後半のレポートからは、来年の活躍業種を大胆に予想してみたいと思っています。   
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ