FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



主な投資家は休暇中、取引は大雪に阻まれて、これも低調…全て動きを止めた
おはようございます。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  1万1555ドル03セント -18ドル46セント(0.16%)

 NASDAQ総合指数  2667.27ポイント +1.67ポイント(0.06%)

 S&P500  1257.27ポイント +0.27ポイント (0.06%)

 CME日経平均先物(ドル建て) 1万355円 +5円

           (円建て)  1万315円  -35円

 米国10年もの国債金利   3.3273%  -0.0627%

 WTI原油  91.0ドル  -0.51ドル

 GOLD  1382.9ドル  +2.4ドル

 ドルインデックス  80.27  -0.33  


 昨日の米国株は、先週末に発表された中国人民銀行の利上げによる中国経済への影響を懸念。原油が下落したことからエネルギー株が軟調となり、反落してのスタートになりました。また、この日行われる2年国債350億ドルの入札を懸念し、金利が上昇したことも嫌気されていました。ただ、大半の投資家がまだ休暇中であることや、大雪による影響で市場参加者も少なく、終日、見送り気分の強い展開になりました。ただ、注目の国債入札が市場予想を下回る金利で落札されたことや、応札倍率が前回並の3.71倍を確保したことによる安心感から、金利が低下。それとともに、全般も戻り歩調に入り、下落幅を圧縮しています。結局、エネルギー株が戻りきれなかったことからニューヨークダウは反落したものの、主力ハイテク株が堅調だったNASDAQ総合指数、金融株が好調だったS&P500は反発して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は前週末比1億4907万株減の4億6677万株。騰落状況は、値上がり1636、値下がり1306と値上がり数が上回っています。

 この日は、主要な経済指標の発表もない上、クリスマス休暇や大雪による市場参加者の減少で、中国の利上げに対する反応も消化不足で終わりました。業種別では、AIGが36の金融機関から43億ドルの融資枠を取りつけたことを好感して買われたことに刺激され、生保、消費者金融、銀行など金融関係が値上がり上位にランクされたほか、タイヤや住宅建設、不動産などが堅調でした。一方、旅行代理店、貴金属、飲料などが上位にきたほか、ヘルスケア、医薬品、ネット関連が冴えませんでした。ニューヨークダウの終日値幅は55ドルにとどまっています。

 ニューヨークダウは、5日移動平均線に支えられて上昇傾向にあるものの、振幅は少なく持ち合い商状を強めています。主力投資家が休暇中であるほか、重要な経済指標は週後半までないことから、敢て仕掛ける動きは無いようです。債券、為替なども方向感を欠いた展開になっており、動きが出てくるとしたら、投資家が市場に戻り始める週後半からか…。

 米国株は高安まちまち…。中国の利上げに関しても大きな問題とは捉えずに終わっています。CME日経平均先物は、一時、上昇する場面があったものの、金利低下とともに円がやや上昇したことを嫌気。大証先物を35円下回る1万315円で帰ってきています。円相場は、国内に帰り、対ドルが82円70銭台、対ユーロが108円90銭台と、ほぼニューヨーク外為市場と同水準で始まっており、今日は指数的にはやや下方圧力が強まるのかも知れません。ただ、海外で金や銅などの市況が堅調に推移しており非鉄金属(特に銅がらみ)が堅調に推移するか…。当社レポートやこのブログでも注目してきたハイディ日高とウェザーニュースが業績発表をしていますが、ハイディ日高の経常利益進捗率は84%と、期末の増額修正余地を残しています。押し目は買いたいですね。ウェザーニュースの中間決算はほぼ予想通りでしたが進捗率は49%とややダウン。1500円の大台を達成しましたが、これはチャート的な急所になります。業績面での割安感が残りますので、1400円を割り込んできたら、次の押し目買いのポイントになります。まだ、この相場は終わりません。近いうちに、レポートでも解説してみます。クラウド関連、医療費削減関連の銘柄群も順調に値を伸ばしています。まあ、新しいものに手を出さなくてもいいのではないでしょうか
※ただいま来年度へ向けての新規会員の募集を行っております。詳しくは、右のお知らせ欄をお読みになるかメールフォームで直接お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ