FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米国貿易収支の中身を調べよう
 やっと今週の相場が終わった。米国の景気指標とサブプライムローン問題に振り回された一週間だったが、終わってみれば日経平均は12という小幅ながら陽線で終わった。2月最終週の長大陰線の寄付きが1万8219円だから、とりあえず上回ったことになるが、まだ微妙なところ。まだ、この長大陰線のなかに囚われているとの見方ができなくもない。まあ、今晩と週明けからのニューヨーク株次第というところか。米国では投資家の反応は極端から極端へと移り変わっており、大幅高したからといって安心してはおられない。兎に角、日本株も下値支持線をキープできて良かった。

 順番が逆になったが、本日の日経平均は254円81銭高の1万8238円95銭、TOPIXは20.14ポイント高の1783.20と、ともに反発して終わった。日経平均サイコロは8勝4敗、騰落レシオは97、RSIは55になった。今日は、米国株さまさまというところ。超大型M&Aがあったほか、一昨日の下げの原因になった小売業の売上で7月以降の回復が期待できる、と明るいニュースが伝わった。また、S&P社がサブプライムローン関連商品の格下げを実施するとしたことも、下げの原因になったが、格下げの対象は半分にとどまると変更したことなどから、株価が回復。それがさらにショート筋の買戻しを誘ったことも上げ足を大きくしたようだ。

★最近チャンボが目立つ米国のメジャー調査会社
 余りにお粗末すぎるよ、S&Pさん。昨日の今日じゃないか…。S&Pが121億ドル。ムーディーズが70億ドル(?)で余りに金額が違いすぎるとおもっていたら、早速S&Pが訂正してきた。この間から、市場予測のメジャーのチョンボが目立っている。投資家は何を信じて行動したら良いの?10日のS&Pの大弱気の予想でショートポジションを取った投資家も多かったはずだ。今日のニューヨークがこれだけ大きな相場になったのも、このときの予測をもとに売った人の買戻しの影響が大きい。また、株が上がったとたん、サブプライムローン問題は大した影響は無い、なんていう解説が載ったりしている。マスコミもいい加減だ。もう少し、信念と慎重さをもった予測を立てるべきではないのか。今日は、あまりのいい加減さに腹が立って仕方が無い。
 
★来週の相場を暗示する米国貿易収支
 兎に角、米国は決算発表がすべて。来週から続々と大手が発表してくる。特に、輸出企業の業績数字がポイントになる。今日米国の5月の貿易収支が発表になっていたが、原油輸入の増加から貿易赤字は拡大していた。ただ、輸出も対前年比で2.2%伸びていた。輸出額としては過去最高の数字だった。以前から、日本も米国も欧州もOECD先進国の景気のリード役は輸出と設備投資としてきた。米国の数字をみればわかるように高水準の輸出の伸びはいまでも続いている。そうなると、これから発表される輸出企業の数字は結構良いものがでてくるのでは無いだろうか。米国については、景気後退を予測するアナリストが多かったので、来週発表されると、予想数値を上回るものが増えてくるのではないか。 これが株価を刺激する。今日の日本株でも、分けのわからない値幅取り狙いだけの株が動いている一方で、ミツミ電機や三益半導体などIT企業が買われていた。米国のSOXXの上伸。2001年のITバブル当時を上回るIT関連企業の売上好調など、米国の動きの影響を受けたものだ。来週は「仕手がらみ」みたいな株ではなく、まともな割安株を攻めていくのが良いだろう。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ