FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米国株は、市場参加者が一段と減少。方向感のないなか小反落して終了
 おはようございます。日本市場は「大納会」で今年の取引を終えましたが、海外はまだやっています。

 30日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万1569ドル71セント -15ドル67セント (0.14%)

 NASDAQ総合指数  2662.78ポイント  -3.95ポイント(0.15%)

 S&P500  1257.88ポイント  -1.90ポイント(0.15%)

 CME日経平均先物(ドル建て) 1万235円  +25円

           (円建て) 1万195円  -15円

 米国10年もの国債金利  3.3705%  +0.138%

 WTI原油  89.84ドル -1.28ドル

 GOLD  1405.90ドル  -7.60ドル

 ドルインデックス  79.53  -0.27


 昨日の米国株は欧州主要市場が中国の景気減速を懸念し、全面安となった流れを受け、軟調にスタートしました。新規失業保険申請件数が市場予想を大幅に下回り、08年7月以来の低水準になったことや、シカゴ購買部協会のシカゴ地域景況指数(12月)が1988年7月以来の高水準に達するなど、好調な景気指標を受けて、前日比プラス圏に浮上する局面もありましたが、昨日、高値を更新したばかりで、利食い売りが増加。これに、市場予想を下回る在庫になったことを嫌気して原油が下落。1バレル90ドルの大台を割り込んだことからエネルギー株が売られ下落幅を拡大する…など、神経質な動きを続けました。ただ、引けにかけては来年への期待感もあり押し目買いが増加し下落幅を圧縮したものの、市場参加者が少なく、全体的には開店休業状態。ニューヨークダウの終日値幅は43ドルにとどまりました。結局、年末を控えた手仕舞い売りが増加。主力3指数とも小幅反落して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は、前日比1207万株減の5億659万株の薄商い。騰落状況は、値上がり1492、値下がり1447でした。

 業種別の値上がり上位は、石炭、鉱山など資源関連のほか、装飾品、食品小売、アパレル販売などが上昇。天然ガス会社への買収観測があったエネルギー関連も堅調に推移しました。一方、貴金属、事務用機器、家具、生保などが下落上位にきたほか、金融、食品、ヘルスケア、証券などの動きが冴えませんでした。個別では、複数のアナリストの投資評価上げがあったGMがこの日も上昇するなど、堅調振りが目立ちました。ただ、全般的には、同業種内で上昇するものと下落するものがあるなど方向感の無い展開でした。

 ニューヨークダウは、昨日も書きましたように、年末接近に加え、当面の節値と見られる06年5月高値1万1642ドルに接近したことから高値警戒感が強まっています。このところ、5日線を支えに上昇傾向にあるものの、債券市場の方向性が定まらず、ドル相場が膠着。輸出関連とドル安代替資産関連の綱引きが続いています。また、資源価格の上昇はインフレ傾向を増幅しますが、ハイテク株全般はインフレ上昇(金利上昇)に弱く、このところ足踏みの動きを続けています。全てのカギを握るのは、米国債券市場の動き…。海外投資家が米国債取得に消極的になってきており、国債消化難と景況感の好転が重なれば、新年は再度金利上昇期に入るかも…。ドルリンクの新興国には米国の金利上昇が波及しますから、外貨準備の少ない新興国は投機筋にのターゲットになるかもしれません。まあ、来年は今年さえなかったところが注目されることになるんでしょう。今晩が年内最後の商いですが、なんとかハッピーエンドで終わってほしいものです。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ