FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



年末最終商いは市場参加者少なく閑散商い…ダウは資源株高で小幅反発
明けまして、おめでとうございます。本年も一歩先を読む投資情報をお届けできるよう頑張って参ります。

 31日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万1577ドル51セント +7ドル80セント(0.07%)

 NASDAQ総合指数  2652.64ポイント  -10.24ポイント(0.38%)

 S&P500  1257.64ポイント -0.24ポイント (0.02%)

 CME日経平均先物(ドル建て) 1万230円 +20円

          (円建て)  1万210円 変わらず

 米国10年もの国債金利  3.288%  -0.09%

 WTI原油  91.38ドル  +1.54ドル

 GOLD  1421.40ドル  +15.50ドル (年間上昇率約30%)

 ドルインデックス  78.99  -0.53


 昨日の米国株は、欧州主要市場が全面安となるなか、軟調にスタート。市場参加者が少ない中、年末最終商いでポジション調整の動きが交錯し、振れの大きい相場展開になりました。一時は、欧州株安を嫌気して下落幅を拡大。一時、ニューヨークダウは40ドル近く下落する局面もありました。ただ、債券市場でもポジション調整から債券を買い戻す動きが強まり、ほぼ、終日金利が低下。これをみてドルを売り、高金利の新興国通貨や金、原油を買う動きが増加。資源・エネルギー株が買われ、ダウは急速に値を戻しプラス圏に浮上。小高いまま取引を終えました。ただ、WEB2.0関連で株価が急伸したF5ネットワークシステムやアップルなど主要企業の動きが冴えなかったNASDAQ総合指数、S&P500は小幅続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は前日比8510万株増の5億9169万株。騰落状況は値上がり1583、値下がり1388。
 
 業種別の上昇上位は、業績の好調が伝えられたラスベガスサンズなどのギャンブル株がトップ。貴金属、アルミ、非鉄など資源株が続きました。移動体通信、金融、エネルギー、医薬、証券などもしっかり。一方、値下がり上位には、家具、玩具、装飾品、レジャー用品など年末商戦を終えたグループが売られたほか、ネット関連、ハイテクハード製造などが冴えない動きでした。個別では、この日もM&A関連が人気になり、薬局チェーンによるメディケア処方箋業務買収が伝えられた保険会社ユニバーサルアメリカンファイナンシャルや、ソニーやウォルトディズニーによる買収思惑が報じられた大型映画館向け映写システム設計のアイマックス、不動産・損保のフレモントミシガンインシェアコープなどが上昇。新年相場でもM&A人気が続きそうな動きを示しました。

 ニューヨークダウはこの日も5日線に支えられ堅調な動きを続けましたが、すでに5日線は下降に転じており、年明けに発表される景気指標の状況によっては25日線へのかい離修正の可能性も残しています。ただ、債券市場が方向感を見失うなか、ニューヨーク市場の大型株指数の堅調さが目立っており、債券市場から株式市場への資金移動がゆっくり始まっている可能性が強まっています。このところの資源価格の上昇(インフレ要因)や大型株への資金移動を嫌気してか、中小型株中心のラッセル2000の動きが冴えないことも注意したいところです。年末のポジション調整による、一時的な動きとみたいのですが、新年の債券市場、商品市場の動きイカンでは、相場観の組み立てを考え直す必要が出てくるかもしれません。まあ、直近レポートでも、米国の投資家動向で最近にないくらい強気が増加しており、一旦は「ひんやり」する局面もあるかもしれない…としておきましたが、当初、予想通り1月に良い買い場を提供してくれるかどうか…。新年も頭と勘をクリアーにして、人の先をいけるよう頑張りましょう。
今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ