FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



今週の焦点は為替(円高)!
昨日は急用ができて外出したので書き込みが出来ず失礼した。ただ、地震復興関連株以外は大した動きもなしだったので、書いても書かなくっても一緒だったかな…。ただ、今日はショックを受けた人も多かったのではないだろうか。ニューヨークダウは史上初めて1万4000ドルの大台を達成したのに、ふたを開けて見れば日経平均は大幅安で始まっている。
 まあ予想通りといえば予想通りの展開だった…。

 18日の日経平均は201円69銭安の1万8015円58銭、TOPIXは19.46ポイント安の1758.65 と、ともに続落して終わった。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは94、RSIは56だった。指数は相変わらず中途半端のままだ。
 
★注目するものが多すぎる?
 ニューヨーク株が新値を更新したと思って安心して、相場に臨んだ人も多かったはずだ。先週末、半導体関連が動き出したので、その辺りに焦点を絞った投資家もいただろう。しかし、インテルの決算が市場予想に届かなかったことや、半導体BBレシオが1を割り込んだことなどから、インテルが立会い外時間取引で売られ、さらにニューヨーク株は高く終わったはずなのに、24時間取引のGLOBEX(シカゴ金融先物市場)では、S&P500とナスダック100の先物が安くなったため、最低業者を勢いづかせてしまった。大量の先物売りから、全体を売り崩し、裁定解消売りもでて日経平均を安く終わらせた…というのが、今日の下げの種明かしみたいなものだろう。地震関連も「行って来い」で終わるものが多かったようだ。注意したいのは、米国株の強さは、日本の株高要因とは大きく異なっている。ニューヨークダウを押し上げたのは、石油・資源関連株とアルコアに代表されるM&A関連株。S&P500やナスダックの上昇率はダウに追いついていない。つまり片肺飛行で上がってきたというのが本当のところだろう。
 米国株の本当の勝負はこれからだ。4-6期の決算発表で企業業績の好調さが分かれば、全体が底上げする動きになるはずだ。インテルの決算はこれから本格化する決算発表を前にして、若干腰砕けの感じがしないでもない。しかし、同じく半導体大手のAMDと熾烈なシェア争いをやっている現状では多くを期待するのは無理だ。とにかく、焦点は輸出企業の決算。

★問題は円相場の動向
 直近のレポートでも、今週の焦点は為替と、書いた。基本は輸出企業を中心に強気だが、為替がちょっとおかしくなってきた。図は円ードル相場の週足チャートだが、先々週まで円安の抵抗ラインになっていたAラインを先週切り込んでいる。今週の動きは、明らかにAラインを上値の抵抗ラインとして意識する方向に変化しており、目先的に円高が進行する懸念が出ている。当面、図にしめした、B,Cラインが円の高値として意識されてくるが、中期の円安トレンドを形成している、E、F両ラインで形成されるバンドが壊れることは無いと思われるので、Dラインまで円高が進むことは無いだろう。当面。あってもCラインとFラインがクロスするところまでか…。
 analytic.gif

 米国の場合、サブプライムローン問題の評価は両極端に分かれつつあるが、日本でもヘッジファンドへの投資を通じて金融機関の業績に影響を及ぼし始めた。為替市場はこの影響がよみきれないことから、米国景気への影響などから利下げもありうる、としてドルの独歩安が進みだした。円の場合、8月後半には日銀の利上げの可能性も強まっている。投機筋が円買い・ドル売りを仕掛けるのは絶好のタイミングになっている。チャートがそれを読み始めた。Aライン上に復帰できなければ、輸出株にとっても厳しい相場になる…。
 だから、今週は「為替が焦点」と書いてきた。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ