FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



新聞紙面をにぎわせ始めた「日立製作所」
 本日の日経平均は38円39銭高の1万8002円03銭、TOPIXは8.7ポイント高の1765円99銭と、ともに反発して終わった。日経平均サイコロは5勝7敗、騰落レシオは81、RSIは44だった。参院選投票日まで残すところ後5日。新聞紙上では当落の予想数字が踊りはじめた。なかには、自民党の30台を予想。はやくも衆院解散→総選挙を示唆。選挙関連銘柄を買おう、なんて気の早い予想をする関係者も出てくる始末だ。どうやら、マスコミは安部退陣に向けて世論作りに動いているような気がする。毎度のことだが、体制を批判することがマスコミの価値だぐらいに思っているようだ。本質は「袴(はかま)ごろ(ごろつきの「ごろ」)」なんだから、格好なんかつけなくても良い。
 世界が激変しているなかで、新しい世界潮流に乗るべきグランドデザインも描けないで、「絆創膏を張った原因は何か…」としつこく聞く記者。6カ国会議から日本をはずし、4カ国で極東の安全保障に関わる問題(米国と北朝鮮の戦争終結?)が話し合われようとしているときに、ちまちまと後援会事務所費をごまかす政治家…。世界情勢なんかはどうでも良く、自分達の利権さえ守れれば良い官僚…。激変する世界の中で日本の舵取りをあなた達に任せておいて本当に大丈夫なの…?
 世界がどんどん門戸を開き、景気の拡大を取り込もうとしているときに、日本はますます閉鎖性を強めている(体制派が自らの権益を守るため門戸開放に抵抗しているため?)。このままなら、日本は体制派といわれる連中に「確実」にだめにされる。国民も含め、皆がもう少し世界観をもって物事を見ていかねば国を誤る…。

★為替が120円割れに接近 
 「憂国の士」を気取っても仕方が無い…。せめて、自分の金儲けのほうに一生懸命になろう。さて、予想通り海外でも、円高が進み始めた。今日の高値は120円38銭。もう一声で120円割れが実現する。米国の長期金利も5%を割り込み、金利低下基調を強めた。ここで、福井日銀総裁なり、タカ派の理事辺りが8月利上げを匂わせるような発言をしたら、一発で120円を割り込む。そうなったら、個人のFX投資家や海外投信の購入者はちょっと慌てることになる。そこで狼狽して円を買い戻したら、そこ(119円~118円後半か?)が次の円安のスタートになる。
 基本的な相場の物色の基調は輸出関連株。円高でびびって輸出株を売るような動きも出ているが、今や米国への輸出比率は10%台の後半。EUや中国、アジア、中東、ロシアなどに多極化している。それらの通貨に対しては円はまだ弱い。結局、今期末には為替差益とともに増額修正が発表される。それを期待し、輸出株の買い場を虎視眈々と狙うところ。
 ただ、注意したいのは、韓国、ニュージーランドなどに続き、タイが通貨高の防止策を発動するようだ。また、インドもルピー高抑制のため介入を始めている。為替市場には確実に波乱の芽が生まれようとしている。参院選の結果なんか問題じゃない…。

★鉄に変わり、重電に好材料発表が相次ぐ…
 このブログでは今年の出世株候補に「日立」を上げてきた。このところ、急に新聞紙上に日立の材料が増えてきた。GEとの原発がらみの材料に加え、先日は画期的な静脈生体認識装置。今日は、石炭火力発電で窒素酸化物(NOX)を半減できる画期的な発電ボイラーを開発した。また、今日、電力事業の売上高を前期末の5667億円から2010年3末までに54%増の8700億円規模まで拡大させる、と発表した。以前から、日立はどの分野に「選択」と「集中」をはかり、業態転換を図るかが課題になるとしたが、世界的な電力安全保障の流れに的を絞ったことがはっきりしてきた。次は、新しい方向性にそぐわない会社の整理統合だ。新日鉄に続き、巨大戦艦がようやく舵を切り始めた。株価的におもしろいのはここからが本番だ。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ