FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



海外株高を受け続伸も、SQ控えで頭の重い展開が続く…
 関西テレビの「アンカー」を見ていましたので書き込みが遅れました。青山繁晴氏の辛口コメントを聞くのが楽しみですが、今日は、浜岡原発停止の裏話をされていました。第7艦隊の横須賀基地を守るため、米国から圧力がかかったとか、原発停止による中部地区経済への影響について経済産業省が資料をまとめていたにもかかわらず、官邸から何の打診もなしに、唐突に菅首相の会見が行われたことなどが、話されていましたが、話半分で聞いたとしても、今の政権のひどさが伝わってきます。また、瞬時の切れ目も許されないのに、第二次補正を先延ばししようとしていることなど、株式市場にも影響を及ぼしそうなことも解説していました。復興関連株が出そうで出れないのも、この先延ばしと関係があるのかも知れませんね。福島原発への突撃取材以来、アンカーが見れない地域でもネット配信を通じて見る人が増えているそうですね。

 さて、11日の日本株動向ですが、
 
 日経平均終値:9864円26銭  +45円50銭   日経平均先物終値:9860円

 TOPIX終値:857.62ポイント  +1.16ポイント  騰落状況:値上がり645、値下がり845

 出来高概算:20億6899万株     売買代金:1兆4025億円

 日経平均サイコロ:7勝5敗   騰落レシオ:83   RSI:60

 25日線かい離:+1.8%    日経平均25日移動平均線:9689円(前日比5円上昇)


 本日の日経平均は、米国株が続伸、CME日経平均先物が9905円と、大証先物終値を85円上回って帰ってきたことを好感。先物の買戻しなどから、高寄りしてスタートしました。前日の地合を受けて、自動車や好調な決算が相次いだ自動車部品株などが買われたほか、前日の海外市場で国際商品が反発した流れを受け、非鉄株や石油関連などが買われていました。ただ、寄り付き直後、日経平均が高値9912円をつけると、下落を続ける13週移動平均線(9940円付近)を意識。急速に伸び悩み、引けにかけ上げ幅を縮めています。
 朝方からの動きを見ると、為替が円安気味に推移し、米国で債券が売られていたにもかかわらず、債券先物が上昇。ロング・ショートポジション作りから株先物が売られたことが、日経平均の頭を押さえたようです。今週末にオプションSQを控えていますが、4月のオプション清算値は9612円。現在の水準は約250円上回っていますから、指数を下げてSQ値を抑えようという動きがあるようです。先物売りが強まったことから、裁定解消売りがでて上値を重くした…という、テクニカルな事情も絡んでいるようです。またまた、柳の下の悪霊が姿を表してきましたね。

 指数は高く終わったものの、騰落状況をみると、値下がり数が値上がりを上回っており、決して強い相場だった、とはいえないようです。決算発表の真っ最中ですが、とりあえず、増額修正を出したものは日計り感覚で買って、思惑通り上がったら、さっさと利食い。次の日には違う銘柄に乗り換えて日計りする…という波乗り相場が続いています。予想外に良い数字がでても、割安感が是正されるまで買い上がるという動きにはなっていません。っまあ、後に買い余地を残してくれると言う意味では、良いことかも知れませんが、あまり、あちこち食い散らかしていると、シコリ感だけが残ってしまいます。とりあえず、今期増益決算を出してきたものの押し目を丹念に拾っておいて、また、四半期ごとの進捗率を見ながら、売買する、ということになるのでしょうか。震災の影響で先行きの事業環境は結構厳しいものだと思いますが、ここで強気の見通しを出してきたのは、かなり地震を持っている証拠で、期を追うに連れ進捗率が高まる可能性もあります。こういうのを、10銘柄から20銘柄くらいピックアップして、売り買いしていれば、相場環境が悪くても、そこそこの成果は上げられるはずです。

 さて、米国株高に支えられたところもありますが、日経平均は続伸して終わってきました。25日線は依然上昇基調にありますし、日経平均も上昇中の200日線を回復。200日線の上げ圧力により、上値指向を強めています。ただ、週足を見ると、状況はだいぶ変わってきます。13週線は下落しながら近づいていますし、26週線は現在は上向いているものの、数週間以内に下落に転じ、上値抵抗線に転換してきます。中期トレンドラインである52週線は現在も下向きで、トレンドが下落方向にあることをしめしています。本日、52週線を上回っては来たものの、依然、下方圧力は強く、指数が引き釣り込まれるリスクは残っています。ただ、レポートでも書いたように、数週間で状況が変わってきますので、現在は、状況が変わるまでの日柄待ちというところでしょうか。

 毎日示している短期のテクニカル指標ですが、なかなか、明確な買いサインを出せないまま、株価だけは値戻しが進んでいます。RSIや移動平均線かい離、サイコロなどは、まだ余裕含み…。騰落レシオも83と、安全圏の80%割れに近づいています。騰落レシオは4月20日の110から、低下傾向をたどっていますが、この意味では、物色銘柄が絞られる動きが始まっているとみることもできます。前段でも、「好決算銘柄の日計り波乗り相場」と書きましたが、数字の上でも照明されているような感じがします。当面は、サーフィン相場が続くんでしょう。でも、どんな波が来るかわかりませんので、まともな人は、海岸でじっと波の様子を見ているはず…。やはり、トレンドインデックスである52週線の方向転換が買い参入のタイミングになるのではないでしょうか。

 今日は、4月24日号で取り上げた堀場製作所(6856)が、一時149円高。サンワテクノス(8137)も一時、年初来高値を更新。近鉄エクスプレス(9375)が本日、前期の増額修正と今期の増益決算を発表。明日の上げが期待されるなど、順調に値幅を重ねています。まあ、今週末はSQだけでなく、ヘッジファンドの45日前ルールの締切日でもあり、まだまだ、気は抜けない。彼らのポジション解消があれば、日本株には売り要因になるだけに、商品価格の落ち着きが待たれます。
※新規会員を募集中。関心をお持ちの方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて直接お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ