FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



先物市場での買い支えの動きと、円安を好感し、日経平均は4立会日ぶりに反発
 17日火曜日の日本株動向

 日経平均株価終値:9567円02銭 +8円72銭  日経平均先物終値:9580円

 TOPIX終値:828.95ポイント -0.70ポイント   騰落状況:値上がり613 、値下がり910

 出来高概算:18億8282万株     売買代金:1兆2741億円

 日経平均サイコロ:6勝6敗   騰落レシオ:86    RSI:44

 25日銭線かい離:-1.2%     日経平均25日移動平均線:9683円(前日比1円下落)


 本日の日本株は、冴えない景気指標や欧州での金融不安から米国株が続落したことを嫌気し、先物売りが先行。裁定解消売りなど現物市場への売りもかさみ、日経平均は9513円と4月中旬以来の安値で寄り付いたあと、9502円と大台割れ寸前まで売りこまれました。ただ、このところ9500円がレンジ相場の下限になっていたことから、先物市場で9500円の買い指値がまとまって這わされたことや、毎週火曜日が日銀のETF購入日にあたってることから、一段と売り込む動きはなかったものの、米国株への下値不安も強く、上にも下にもいけない重苦しいムードの展開にんりました。個別では、福島原発事故の実態が予想より悪かったことや、保証の支払い額の拡大で東電が引き続き売られ、再び400円の大台を割り込んだほか、他の電力株も連帯して補償に当たることを嫌気して売られ、安値を更新するなどしたことから市場のムードを重いものにしいました。

 ただ、今晩開催されるEU財務相理事会で、ギリシャ問題が棚上げにされるのではないか…という観測やがでたことや、この日実施されたスペイン国債の入札が、予想金利を下回ったほか、入札倍率も前回を上回る好調なものになったことから、ユーロが買い戻されるとともに、対円でのドル相場も上昇。円が81円台に乗せたことを好感。引けにかけ先物の買戻しが増加し、輸出株も買われ、結局、日経平均株価は、4日ぶりに小反発。TOPIXは、電力株や銀行株の下落を受け、4日続落して終わっています。指数銘柄の買いで日経平均は反発しましたが、値下り数のほうが多く、相場の先行きを懸念する動きは依然として強いようです。このところ注目している、欧州投機筋の機関店の先物手口ですが、本日は4000枚を上回る売りを実施。先週金曜日からの累計は7000枚を超えてきたようです。久しぶりに、売り仕掛けが活発になりはじめたようですが、欧州絡みの何か悪材料でもつかんでいるのでしょうか。

 それとも、このところ、書いてきたように、ヘッジファンドのQE2バージョンでは、「日本株は買い」になっていただけに、ポジション解消の売りが出てきて下げるとみているのでしょうか。直近のレポートでも書いているように現在の水準付近には09年3月の底入りの下値支持線が通っていますので、この辺で下値抵抗の動きが出るのは想定どおりの動き。ただ、ニューヨークダウも、下値支持線をに絡んで微妙な位置に来ていますので、投機筋は「切る」方に賭けたのでしょうか。海外では、今晩、EU財務相理事会があるほか、米国では住宅着工・許可件数や4月の鉱工業生産指数の発表もあります。

 今のところ、GLOBEX市場で、ニューヨークダウは40ドルくらい上昇。日経平均先物も9600円台を回復しており、無難な動きになっていますが、欧州情勢や経済指標を受けて、米国株がどう反応してくるか。米国も今週末にオプションSQを控えており、デリバティブの影響が強まっていることも懸念されます。日米とも、船底を踏み割るか、割れずに無事に航行できるかの正念場…。米国株は、意外と粘り腰の強い展開になっていますが、3月の調整がQE2バージョン相場の終了を織り込む相場だったのかどうかで底の強さが決まってきます。まあ、あまり予断を持たずに、今晩の米国株の結果を待つことにしましょう。

 今日はどうも朝から調子が良くありませんので、この辺で終わりたいとおもいます。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ