FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



みーんな、切れてしまった…!
 ひどい一日でしたが、お互いにお疲れ様でした。
 本日の日経平均は369円安の1万6475円61銭、TOPIXは43.31ポイント安の1594.15と、ともに急反落して終わった。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは60、RSIは20と、サイコロ以外は「陰の極」に近づいている。

 今日の下げの原因は、一に、ニューヨーク株安、二に円高、三に新興国の株安、四に投資家の気崩れ…というところか。
 ニューヨーク株安の引き金を引いたのは今日もサブプライム問題。カナダの資産担保証券発行会社が借り換え資金を調達しようとしたが、CP(コマーシャルペーパー)の発行が出来なかった。そこで、メーンバンクに融資を申し込んだが事前の融資契約があったのに融資を断られた、という。これで、サブプライム問題が蒸し返したところに、今度は、ウォールマートとホームデポの決算悪がでてきた。ただでさえ、住宅の落ち込みで景気がきになるのに、個人消費まで落ち込んだんでは米国経済は持たない…と、市場は読んだのだろう。次から次と悪材料が続く。
 
 米国で開発された債務担保証券でえらい目に合わされている欧州だが、ECBがユーロ資金を潤沢に供給してくれたものの、本当に必要なのはドル資金。そこで、米系銀行に融資を申し込んでも自分もいるし、リスクの大きい欧州系銀行には貸せないと、きた。しかたが無いから市場で調達しに行ったら今度は強烈なユーロ安・ドル高になった。当然、円キャリートレードの巻き戻しも始まるから、円はそれ以上に上昇する。とうとう、116円台の半ばに入ってきた。
 危ないからドルを貸さないというのは分かるが、誰が債務担保証券などというあぶなっかしい商品を作り、自分はリスクをかぶらないで他人に押し付けたのかわかっているのだろうか。
 つくづく、アメリカという国は自分勝手な国だと思う。

 また、ヘッジファンドなどはわが身を守るのにせい一杯だから、リスクの高い新興国の債券や株式を売って資金を引き上げる。だから強烈な通貨安に見舞われる。今日、アジアの新興国の中央銀行は一斉に通貨の防衛買いに動いた。まさに、1997年のアジア通貨危機と同じ構図が起きようとしている。今日、香港は2.83%、台湾は3.6%、オーストラリアも約3%下落。インドネシアに至っては5.33%の暴落にあっている。
 
 これでは、日本も持つわけは無い。海外の情勢や為替の動き、GLOBEXの米国株安を見ながら、ずるずると下げ、今年2月の安値を下回ると完全に気崩れを起こしてズルーと行ってしまった。「THELOB STOCK REPORT」で、相場環境をチェックし、日経平均の1万6200円近辺、ニューヨークダウの1万2800ドル、円の115円後半~116円を打ち出したのは、つい先週のこと。このブログでも10日の書き込みで、チャートをつけて解説したが、事態の進展が余りに早すぎる。

 これまで、米国FRBは事態の深刻さに対する認識はいまいち薄かったが、これだけ、市場が波乱してくると、何の手もうたないというわけには行くまい。収入の無い人や破産者まで貸し出し、所得証明もつけないとんでもない融資を見過ごしてきた責任は大きい。
 
 とにかく、為替、日経平均、ニューヨークダウとも、当初の目標に近づいてきた。投資方針を再検討するポイントだ。さらに、下にターゲットを移すか、ここから買いにでるか、米国の姿勢次第だ。米国だってこんなことで、世界中を敵に回したくないはずだ…。

 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ