FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



日銀さん、どうするの?
 本日の日経平均は70銭安の1万5900円64銭、TOPIXは4.99ポイント安の1544.89と、ともに小反落して終わりました。日経平均サイコロは7勝5敗、騰落レシオは65、RSIは32でした。
 
 米国では、またサブプライムローンがらみで破綻したローン会社が出てきました。ヨーロッパの方でも連日ファンドの経営危機の噂が絶えません。おまけに、今日、明日は日銀の政策決定会議。いつもなら、金利変更について断定的な書き方をするマスコミも、今回ばかりは「利上げは見送る見通しだ」と断定的な表現を避けています。
 
 いつもなら、「円高だ」、「破綻企業が出た」と、日本株を売りたたき、一方で円を買いまくる投機筋も、何が起きるか分からない状態ではポジションを一方に傾けることは出来ません。結果、今日のような膠着状態になってしまいます。月曜日にあれだけ元気良く買われた主力株も全く精彩がありません。出来高は昨日の20億から今日は16.6億台に減少。売買代金も2兆7000億円から2兆3000億円へと急減しています。これでは、動きようがありませんね。

 8月10日記事のチャートを見れば分かるように、支持ラインCが通る1万6000円越えのところは強い抵抗帯を構成しています。本来強い相場なら、一気に、このライン上に復帰してくるはずですが、これが出来ないところが、今の相場の弱点。昨日は先週の週足長大陰線について書きましたが、今日の動きをみていると、むしろ先週金曜日の長大陰線のなかでもたもたしている感じさえします。早いところ、寄付きを上回っていかないと、長大陰線の下方圧力に負けて、安値を更新しに行くかもしれません。

 為替筋によると、まだ円ショート(売り)ポジションを採っている投資家が多いといい、何かあれば一気に買戻しが入り円高が進むリスクがあるといいます。これでは、ちょっと買いに入ることは出来ませんね。
 ただ、円ドル相場の週足チャートをみると、先日の111円台は、下値抵抗ラインの上で止まっています。ここ3~4年の状況をみてもかなり支持線としては信頼性が高いようですから、当面は、このラインと115円台なかばを通る抵抗ラインとの間の往来相場になるかもしれません。

 そうなると、ちょっと物色の方向性がつかみづらくなります。日本の輸出企業の場合、競争力の大きい商品が多いので、少々円高になっても値上げで十分対抗できると思いますので、輸出株中心の流れは変わらないはずです。ただ、円キャリートレードの巻き戻しが予想以上に進めば、金融機関の手元には余剰資金が発生するため、再び、「土地」という問題が「再開発」という形に姿を変えて浮上してくるかもしれません。

 株価が下がったことで、今、いろんな可能性が生まれ始めています。古いテーマを追うのもいいですが、ここからはもっと新鮮な「ぴちぴちギャル」を追っかけてみるのも面白いのではないでしょうか。そのためには、いつでも買いの出れる状態を作っておくのが大事ですよ…。

スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ