FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



EU首脳会議が予想以上の進展をみせたことや、好調な景気指標など好材料が後押しし急反発。年初来高値に接近…
 おはようございます。

 21日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  1万2724ドル41セント +152ドル50セント(1.21%)

 NASDAQ総合指数   2834.43ポイント  +20.20ポイント(0.72%)

 S&P500  1343.30ポイント  17.86ポイント(1.36%)

 CME日経平均先物 (円建て)  1万0105円  +95円

 米国10年もの国債金利  3.017% +0.088%

 ニューヨーク原油  99.13ドル +0.73ドル 

 GOLD  1587.0ドル -9.9ドル

 ドルインデックス  73.98  -0.74
 

 昨日の米国株は、朝方発表された新規失業保険申請件数が予想を上回ったものの、EU首脳会議への期待感から、小幅高のスタートになりました。その後、ギリシャへの1090億ユーロの追加融資や民間参加分が370億ドルになるほか、欧州記入安定化基金の拡充強化を計ることなどが伝えられると、金融株を中心に買われ急伸。ニューヨークダウは一気に1万2700ドル台に駆け上がっています。その後は、高値で持ち合う動きになりましたが、フィラデルフィア地区連銀製造業景況指数(7月)やコンファレンスボード景気先行指数(6月)が、いずれも予想を上回ったことから、景気の先行きへの期待感も高まり、買いが増加。昼過ぎにニューヨークダウは、この日の高値1万2751ドルをつけています。この日は、医療サービス関連で大型のM&Aがあったことや、ドル下落による原油価格の上げがエネルギー関連株の上昇につながるなど、主力株優位の展開が続き、引けにかけても高値圏の動きが続き、結局、主力3指数とも急反発して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は前日比1億2724万株増の9億6616万株。騰落状況は、値上がり2439、値下がり610。

 業種別で値上がりしたのは、職業訓練、投資サービス、タバコ、家電、鉄道などが上位。金融、証券、エネルギーなどの上げも目立ちました。一方、食品小売り、貴金属、ドラックストア、耐久消費財製造などが下落。ネット関連、バイオテクノロジー関連もさえない動きでした。個別では、欧州金融情勢の進展やモルガンスタンレーの決算で赤字が予想を下回ったことなどから、銀行、証券が人気化。バンクオブアメリカが3.9%、JPモルガンが3.3%、モルガンスタンレーが11%、それぞれ上昇しています。また、原油価格が一時バレル100ドルの大台を回復したことから、エクソンが2%、シェブロンが2.2%、各上昇するなどエネルギー関連の上げも目立ち、指数の押し上げに寄与しています。また、この日は、鉄道大手ユニオンパシフィックが、好調な決算を背景に5%近く上昇。鉄道や運輸など他の輸送関連株の上げにもつながりました。

 ニューヨークダウは、寄り付き段階では、1万2600ドルをはさんで神経質な動きをしていました。前日、前々日と1万2600ドル台が頭押さえになってきたことが買いの手を鈍らせたようです。ただ、EU首脳会議で、ギリシャ支援や債務国対策がより踏み込んだ内容になったことを好感し、一気にふし値を取っ払い、上げにハズミをつけています。7月の戻り高値(1万2780ドル)に接近した場面では、流石に伸び悩んだものの、昨日上値抵抗線として指摘した2月高値、4月初旬高値をわずかに上回ってきたことは、明るい材料。ここで、このラインを下値支持線として固められたら、いよいよ、今年4月末につけた年初来高値への挑戦がありそうです。ただ、直近のレポートでも示しましたが、景気敏感株が多い、NASDAQ総合指数の動きの鈍さが気になります。

 米国株は急反発。CME日経平均先物は、大証先物終値を95円上回る1万105円で帰ってきました。レンジは9970円~1万120円。為替は、EU首脳会議の合意を受けてユーロが買い戻され、円は対ユーロで113円10銭台jに下落しています。ドルも対ユーロで1.442台に急落しているものの、ドル・円は78円40銭台と以前円高基調が定着しています。ドル・ユーロ間でドルが下落したことから、ドル・円でもドルが下落。一時78円20銭台まで円が上昇していました。本日の日本株は、不透明材料の一角が解消したことや、CME日経平均先物高を受け、買いが先行してはjまりそうです。週末、対ドルでの円高というハンディはあるものの、対ユーロでの円安を受け、精密や機械などが買われそうです。一段高には米国株高の援護が必要ですが、昨日引け後にマイクロソフトが市場予想を上回る決算を発表しており、今日のGLOBEX夜間取引市場の米国株動向を見ながらの神経質な展開になりそうです。国内に帰ってからの円相場は対ドルで78円50銭台とやや円安気味に推移していることはプラス材料…。円の動向が相場の方向を作用しそうですが、環境が不透明なら昨日に続き、低位材料株が賑う展開へ…。来週から本格化する」企業業績発表を意識した個別株物色もつよまりそう。
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ