FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ギリシャ格下げ、円高、デッドロックに乗り上げた米国債務上限引き上げ交渉…悪材料山積で反落
 7月の「気」の乱れは、まだ続いたままです。ギリシャ問題が片付いたと思ったら、早速、格付け会社ムーディーズが、ギリシャ国債の3段階格下げを実施。デフォルト一歩手前まで落としました。ECBは、格下げしても融資の担保として認めるといっていますから、実質的な影響は無いのでしょうが、ギリシャ国債を多く保有する銀行の信用度が毀損されたことは確実でしょう。それを見て、次はこちらの番だ…と、GLOBEX夜間取引市場でニューヨークダウは190ドル近く急落。これを見てビビッタアジア株は軒並み下落しています。ムーディーズとしては、債務上限引き上げ問題でもたつく米国に対し、プレッシャーをかける意味合いもあるんでしょうが、格下げなんかどこ吹く風…という感じで意地の張り合いが続いています。

 日本の政治家さんたちは、政局にらみで、被災者救済や経済の建て直しなど忘れて、互いに相手の足の引っ張り合いをしていますが、日本の政治家のバカさ加減は世界でも有名で。「また、馬鹿なことやってる…」で済みます。しかし、米国の場合は、世界中に国債をばら撒いていますから、もし格下げにあうと、国債保有者の資金調達力にも影響が及んでくるだけに、「バカやってるは…」で染まされる問題ではありません。政権側、共和党とも、来年の中間選挙にらみになっていますから、お互いに相手が有利になるようなことは飲めないということでしょう。特に、共和党の場合は、前回の中間選挙で、共和党躍進の原動力になった保守強硬派の「茶会党」が、「デフォルトになっても構わないから徹底的にやれ」とたきつけつけているといいます。共和党の良識派の議員には、最悪の事態を避けるため、そろそろ妥結を…と考える人も増えているといいますが、次の選挙で「茶会党」の支持を得たい議員にとっては、「ヤバイ」と思っても、選挙のためには仕方がない…という人も多いはず。日米とも、「ウンコ頭(議員の蔑称)」には泣かされます。市場は「大丈夫」から「多分、大丈夫」にトーンダウンしてきているようですが、今、一番怖いのは「ハズミ」で最悪の事態が起きてしまうこと…。「気」の流れは、7月が悪いだけに、ハズミが怖い…。

 25日月曜日の日本株動向

 日経平均株価終値:1万0050円51銭 -82円10銭    日経平均先物終値:1万0050円

 TOPIX終値:861.91ポイント  -6.90ポイント    騰落状況:値上がり467、値下がり1037

 出来高概算:14億1401万株      売買代金:9596億円

 日経平均サイコロ:6勝6敗    騰落レシオ:137   RSI:54

 25日線かい離:      日経平均25日移動平均線:     


 本日の日経平均は、米国債務上限引き上げ交渉が暗礁に乗り上げていることを手がかりに、海外市場で円買い仕掛けが入り、78円10銭台に急騰したことを嫌気。朝方から売り先行で始まりました。ギリシャ国債の格下げの話が伝わったことやGLOBEX市場での米国株急落を受け、先物売りが増加。CME日経平均先物終値1万135円を下回る1万80円と安寄りしてきたことから、裁定解消売りも増加。日経平均は、前週末終値を52円下回って始まってきました。円が対ドル、対ユーロ双方に対して買われたことから、精密や電気製品、輸送用機器など輸出株が売られ、日経平均は、一時、1万0039円安値まで売りこまれています。ただ、円相場が77円台に接近する場面では、介入警戒感が根強くあり、一段と売り込む動きはなく、全体は膠着感を強め終日値幅は今日も52円の小幅にとどまっています。業種別出値上がりしたのは、鉱業と陸運の2業種のみ。全33業種中、31業種が下落しました。

 ただでさえ、週明けで手がかり材料が少ない中、ギリシャの格下げ、GLOBEX夜間取引市場のニューヨークダウ19ドル安、これを受けて始まった中国・上海市場は3%近い下落…。これではいくら強気筋といっても動きようがありませんね。ただ、日経平均は先週末、7月8日高値からの下落で、1万126円から空けた窓を埋めていますから、当面の目標達成感がでていたことや、出遅れていたTOPIXが200日移動平均線に届いたことも当面の目標達成感に繋がっています。直近のレポートでも書いているように、いくら業績の増額修正が期待できると言っても、ここから日本の景気がどんどん上向くというわけでもありませんから、当面は、震災後に形成したレンジ相場に次ぐ、新たなレンジを模索する段階に入っています。2003年後半から2004年にかけてと同様な相場展開を想定しています。震災時に1万254円からあけた窓を埋めても達成感はでるし、震災前の水準1万400円台に戻っても達成感がでてくる…結局、そのあたりがレンジの上限になるでしょうから、やはり心配になるのは、レンジの加減…。200日線なのか、前のレンジの9750円付近なのか…。今は、それが気になっているように思われます。

 ただ、すでに業績相場に入っていますから、予想を上回るものは素直に買われる相場になっています。地デジ実施前のテレビの駆け込み需要、節電のための扇風機の需要増(30%増)などを映し、家電量販店の業績が好調に推移しているほか、LEDランプ販売も絶好調。メーカーにも特需的な動きが始まっています。このような動きは、指数とは関係なく個別に出てきますから、ここからはあまり、指数を気にしない方が良いかもしれません。スsなおに、テーマに沿った銘柄を追っていくことが大事になります。レポート注目のクラウドコンピューターサービス関連のネットワンは本日も高値更新してきました。ネットワンのミニバンとして注目している株(直近レポート参照)も一旦下押したものの、切り替えし小幅安で終わっています。今期予想EPSは前期比倍増予想ですが、クラウド受注が増加すれば増額修正も夢ではありません。500円の壁を突破してからが正念場…。レアアース関連で6月19日号から注目した銘柄も本日動意づいてきました。他の注目株も堅調な終わり…。流れに流されていないですね~。

 まあ、今週いっぱいは、米国に振り回されそうですが、もしかしたら、ギリシャ格下げはスペインやイタリア、ポーランドに飛び火しないとも限りません。そうなると、円だけが押し上げられることになる。そろそろ口先介入も聞き飽きた…。日銀さんもデフレ対策や円高対策でサボタージュしないで、本気で仕事しようよ。今の、日本は本来自分のしなければならない仕事をしない人が多すぎる。もちろん、本来、人格、識見を政治家として選ぶ仕事をしなければならない国民が、マスゴミに煽られて、気分で投票した結果が今の政治を生んでいることも忘れてはいけない。国民のレベルと政治のレベルはイコールということ。米国民の頭も「ウンコ頭」かどうか…。理性が試されるときが来た。
※新規会員募集中。関心のある方は、レポート案内を読むか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ