FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



3連休明けの相場は悪材料山積みで安寄り、その後は政策期待で下落幅圧縮へ
 おはようございます。 欧州情勢は相変わらずですが、昨晩はスイス中銀によるスイスフランのユーロリンクが市場の話題になりました。EU域内金融の混乱から、安全通貨として買われたスイスフランが急騰。国内輸出産業がダメージを受けたことから、通貨高を是正するため強行手段に訴えたものです。市場は、スイス中銀の強固な意志を察知し、慌てふためいてスイスフランを売却。ドルに資金を移し変えたことから、ドルインデックスが急伸しています。スイスフランと同様に安全通貨として買われた円にも影響はおよび、円は77円50銭台に軟化するなど、昨日の為替市場はポジション調整から大波乱になっていました。

 株式市場では、スイスフラン高修正を好感し、スイス市場が4%を超える上昇になりました。他の市場については、スイス市場の動きにつられ、高く始まったものの、ドイツの製造業新規受注(7月)が市場予想を下回り4ヶ月ぶりにマイナスになったことや、欧州安定化基金のドイツでの議会承認が、地方選挙での与党の大敗から不透明になるなど、を受け、ドイツやフランスなどは下落しておわっています。結局、英国とスイスを除く、他の欧州主要市場はすべて下落して終わっており、EUの債務問題になんら進展が見られないことを示しました。

 この状況を受け、IMFのラガルト専務理事が、ドイツの行き過ぎた財政赤字削減に警鐘を鳴らすなど、EUの金融・財政政策に批判を強める動きが出てきたことには注意が必要です。EUの状況は、サブプライムローン崩壊で米国金融界が資金不足に見舞われ、次々と破綻していったときの状況と似通ってきた感じがします。日本や米国では、政府による徹底した資本注入で危機を乗り切りましたが、欧州ではリーマンショック後の銀行への対応が不十分となっており、債務国国債だけでなく、サブプライムローン関連金融商品も残ったまま、といわれています。欧州の銀行が資本不足に見舞われるのはほぼ確実…。域内銀行間の相互不信感が高まり、銀行間貸し出し金利は上昇したまま…。米国から欧州への資金の流れも細っており、資本注入が焦眉の急になってきたようです。債務国支援問題と銀行の資本不足という大きな問題を前に、加盟国がそれぞれ勝手なことをし始めており、EUの存立基盤そのものが揺らぎ始めているようです。このお金、どのようにして調達するんでしょうか。

 6日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万1139ドル30セント -100ドル96セント(0.90%)

 NASDAQ総合指数  2472.83ポイント -6.50ポイント(0.26%)

 S&P500  1185.24ポイント -8.78ポイント(0.74%)

 CME日経平均先物(円建て) 8730円 +120円

 米国10年もの国債金利  1.977% -0.014%

 ニューヨーク原油  86.02ドル -0.43ドル

 GOLD 1873.3ドル -3.6ドル  ← 一時、1923.7ドルの最高値

 ドルインデックス 75.91 +0.65  


 三連休明けの米国株は、前週末の雇用統計ショックや、欧州金融情勢の混乱、連邦住宅金融局による損害賠償提訴などを一気に織り込む格好で、急落してスタートしました。朝方発表されたISM非製造業景況指数が予想を上回ったものの、特に材料視されず、損害賠償を受けた銀行株やスイスフランの下落によりドルが買われたことから資源価格が軟化。資源・エネルギー株が下落し、ニューヨークダウは、寄り付き後、まもなく1万932ドル(前週末比308ドル安)と、この日の安値をつけています。ただ、売りが一巡したあとは予想を上回ったISM指数を評価しなおす動きがでたことや、8日に予定されている景気雇用に関する大統領演説、バーナンキFRB議長の講演に期待した押し目買いも増加。引けにかけ下落幅を縮めています。結局、主力3指数とも続落して終わりましたが、この日はバイオテクノロジー関連など次の米国をリードする産業群への期待が強まり、NASDAQ市場の戻りの強さが目立ちました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比1億4820万株増の11億2179万株。騰落状況は、値上がり832、値下がり2224でした。

 業種別に値上がりしたのは、大型の買収案件があった紙パルプがトップ。コンテナ輸送、貴金属、バイオテクノロジーが上位にきました。小売り、医薬品も堅調。一方、下落上位は、タイヤ、人材派遣、生保、鉄鋼、蒸留酒・ワイン製造など。銀行、各種金融もさえない動き。ニューヨークダウ30種のうち、値上がりしたのはキャタピラー、ジョンソンアンドジョンソン、ファイザーの3社だけ。連邦住宅金融局の提訴を受けたバンクオブアメリカ、JPモルガンがそれぞれ3%を超える下落になったほか、金融事業をもつGEも3%を超える下落になるなど金融株の下落が目立ちました。

 ニューヨークダウは前週末から続落しましたが、欧州とことなり8月前半につけた安値をした回ることはありませんでした。8月9日安値を基点に高値、安値をそれぞれ切り上げる上昇バンドを形成していますが、昨日の安値もこのバンド下限から反転したものです。展墓が開けない欧州とことなり、財政出動や金融政策での支援期待が背景にあるようです。欧州情勢は米国とリンクしており、予断を許しませんが、当面、この上昇バンドを維持できるかどうかを見極める必要がありうそうです。
 
 米国株は続落したものの、CME日経平均先物はスイス中銀のユーロリンク策を受けた円の下落を好感。大証終値を120円上回る8730円で帰ってきました。レンジは、8590円~8840円。円の国内相場は対ドルが77円50銭台、対ユーロが108円60銭台と、ともに円安のスタート。本日の日本株は、CME先物終値にサヤ寄せする格好で先物の買いや買戻しが増加。先物先行で反発相場が予想されます。昨日までうられてきた輸出関連株や小型成長株などに買い戻す動きがよそうされますが、買戻し一巡後は、再び、GLOBEXや上海など海外市場にらみの展開へ。あさってのメジャーSQをにらみ、欧州系証券のもつ先物売り玉の処分が注目されます。スイスフランへの攻撃ができなくなった資金が、何時円買い姿勢を強めてくるか…これが市場の懸念材料となり、戻りの頭は押さえられそうです。まず、欧州情勢をみきわめてからでも動くのは遅くない…か。
※新規会員を募集しています。関心のあるかたはレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ