FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



連休前の海外相場の波乱を織り込み、大幅続落…EU関係者のKYな発言も足を引っ張る
 もういい加減にしてほしいですね。 EU脱退もダメ、債務削減もダメ、為替調整もできない…だったら、金持ち国が融資し続けるしか危機回避の手段がないのに、いまだにもたもたしています。今日は、ドイツのアスムセン財務次官が「10月3日のユーロ圏財務相会合までに、3者連合調査委員会の調査が終わらないので、ギリシャ向けの融資が決まると思わない…」と発言。相変わらずのKYぶりを発揮しています。自分の発言が市場にどう伝わるかの認識は全く無いようですね。おかげで、ユーロの対円相場は101円88銭まで上昇。これをきっかけに、先物の売り仕掛けが入りだし、年初来安値を更新してしまいました。

 G20財務相・中央銀行総裁会議でも、早期の解決を催促され、先週末のIMF金融委員会でも異例の声明が出され、何とかしろ…と言われているのに、全く、急ぐ気が無いようです。俺たちは、俺たちのルールでやっているんだから、お前らに干渉されたくないとでも言いたげな雰囲気です。以前から、ジャンプや柔道などスポーツでは、欧州選手が勝てなくなったら、自分たちの有利なようにルールを変える…というのが、欧州の本性。自分たちが、他の国に迷惑をかけても、自らのルールを変える気はない…。まあ、自分たちさえよければ良いという、欧州至上主義の考え方でしょうか。まだ昔の植民地時代の栄光が忘れられないんでしょうね。でも、どうやって、米国やIMFなどから、提言されても、全く受けつける気は無いようですが、一体、どうやって今回の危機を収めるつもりなんでしょうか。

 「債務国は、ただただ、耐えて財政を切り詰め、縮小均衡で財政の建て直しをやれば良い…」的な発言もあったようです。これでは、問題の解決にはなりません。また、今回の危機は4月に無理やり利上げしたことから、端を発し、7月の利上げで決定的なダメージを与えたことは、株式市場の動きを見れば明らかで、早急に利下げをすべきなのに、ルクセンブルグ中銀総裁は「インフレ対策を優先すべきで、今、利下げしたらインフレが昂進する…」と、相変わらずのインフレ恐怖症振りを発揮。国際商品が急落を始めているに、ここでもKYな発言。これに対し、オーストリア中銀総裁は「利下げの選択肢もある…」と発言。相変わらず、域内の考え方はバラバラ…。とにかく、ギリシャへの融資を急がないと、イタリアやスペイン、域内銀行の経営不安と拡大する可能性があるだけに、危機は拡大している。市場から、催促される怖さが、EUの政治家や金融関係者に分かっていないようです。

 とにかく、ドイツ議会の欧州金融安定化基金の増額と権限強化合意の批准が、当面の焦点。ギリシャ向け融資絶対反対で危機を拡大させた与党が地方選挙で惨敗する事態が続いており、融資や欧州共同債券の発行に前向きな野党が勝利していることだけは、批准への期待感を持たせてくれています。まあ、答えを見るまではわかりませんが…。今週は、覚悟していましたので、怖いものはありません。それにしても、先日。ナポレオン没落後に旧体制に戻そうとして開催された「ウィーン会議」が「会議は踊る…されど進まず」と揶揄されたときと同じ状態になりつつあります。歴史的にみても、もともと、まとまるのが無理だったんではないでしょうか。どの国が「一抜けた…」になるか楽しみですが、そういえば、組を抜ける規約がないとか…。首相が指を詰めてかんべんしてもらうのでしょうか。ちょっと、冗談が過ぎました。

 とにかく、早く問題を解決しないと、欧州の銀行が、苦し紛れに、含み損のまま抱えている、米国の住宅関金融商品を処分してくる可能性があります。そうなると、米国の住宅が無事ではすまなくなりますので、危機はさらに深刻化することにもなりかねません。自分で解決するならするで、さっさとやればいいのに、いまだにEUの首脳会談も開かれてい無い状態では…。

 本日の日本株は、連休中の海外の波乱を織り込む格好で、大幅続落して終わりました。朝方は、IMF金融委員会の前面バックアップ声明や、中国人民銀行副総裁の投資継続発言、欧州安定化メカニズムの前倒し実施機運など、連休中にあった危機対策を先取りし、小幅安でスタートしました。ただ、ドイツ財務次官のギリシャ向け融資の先延ばし発言から、ユーロが急落。101円台に入ると相場つきが一変。先物に売り仕掛けが入りだし相場は急落。あっさり8300円台に下落しています。先週木曜日、金曜日と続けてCME日経平均先物が8270をつけており、この安値が売り目標にされた格好で下落幅を拡大。ほぼ全面安となり、株主優待サービスを思惑した空運会社が買われた以外は、食品や医薬品、一部高利回り銘柄などが配当取りで買われた程度で、主力株や最近にぎわった小型好業績株も売られています。今日は、マザーズ指数が3.9%近く下落。主力株の下落を上回ってきました。すべての株が売られだした、ということは、底入れ時期が近いということかもしれません。

 今日の日経平均終値は、186円13銭安の8374円13銭、TOPIX終値は、15.69ポイント安の728.85ポイント。出来高は21億2772万株、売買代金は1兆4280億円と、週明けの商いにしては多いようです。また、日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは91、RSIは34ですが、値幅調整進んでいる割には、モメンタム指標の低下が進んでいませんね。今回は、大底を探る形になりますから、日足ベースよりも週間ベースを重視したほうがよさそうです。さて、株式レポートでは、8月21日号で、6月安値9318円から、7月8日の戻り高値までの上げ幅の倍返しポイント。8427円を下値めどとしてあげておきましたが、本日達成しています。また、この上げ相場で蓄えられた下落エネルギーの解消点が8300~8400円ゾーンにあり、これもほぼ、届いた…という感じになっています。テクニカルな指標が底値を暗示していませんので、不安が残りますが、まあ、いいところにきたといえるのではないでしょうか。また、海外投資家の売りは仕方ないにしても、BIS規制やソルベンシーマージンの評価法の変更から持ち株の売却を進めていた生保や銀行の売りも、明日が最後…。やや、需給関係も好転私的そうです。

 欧州株式市場は、ドイツIFO景況感指数が予想を上回ったことを好感(実際は、3ヶ月連続下落)し、2%を超える上昇で始まっているほか、一時、160ドル近く下げていたGLOBEX米国株先物も今は70ドル近く上げに転じています。日経平均先物も8400円をつけていますから、このままいけば、明日の相場は期待できる…ということになりますが。ただし、EUの関係者が余計なことを言わなければの話ですが…。
※新規会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ