FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週末の欧米株の下落を織り込み下落スタートするも、欧州市場を意識し、引けにかけ下落幅を拡大
 4月第三週の相場が始まりました。今週はレポートでも書きましたように、重要なイベントが山積しています。明日17日は、スペイン、ギリシャが短期国債の入札を行います。19日には、スペインが長期国債の入札です。欧州ソブリンリスク問題が再燃するなか、同日には、ECB理事会も開催されます。どうするんでしょうね。スペインに火がついたら、ギリシャの騒動どころではなくなります。スペインの場合、GDPに対する政府債務の比率は30%を切っていて、EUの中では優等生。ところが、民間債務に目を転じると対GDP比は192%とEUトップ。EUの通貨統合時に、ものすごい資金が流れこみ不動産バブルが起こりましたが、この192%という数字は、バブル時に民間銀行が国外から借り入れたもの。すでにバブルは崩壊していますが、これまでは、帳簿上のゴマ貸しで、不良債権の計上を免れてきましたが、制度が変わり、損失を計上しなくてはならなくなってきました。最近、不動産価格の下落ピッチが早まったといわれますが、不良債権処理にともなう担保の処理がはじまったためといわれます。
 
 売るから下がる、下がるからさらに売る…という、日本でもあった悪循環が始まり、銀行の損失が拡大。いずれ、財政資金の投入で政府が救済しなければならなくなる…財政赤字が急増して危機に陥る、という流れを読んでいるのでししょう。まあ、大変です。早めに、EUも処置しないと大事に至りますが、フランスの選挙を控えているのか、動きがにぶいようです。まさか、IMFの資金増強が遅々として進まないために、危機を演出しているということは無いですよね。さっさと、国債の買い支えをするなり、手を打ってほしいものです。そういえば、今日の朝から、スペイン国際は売られ、とうとう6%台に突入。朝方は6.1%台の取引で始まったそうです。そのIMFの総会も今週20日から22日までの日程でスタート。同日に、G20財務相・中央銀行総裁会議もあります。22日日曜日にはフランスの大統領選も行われます。どのイベントも、何か話がでれば相場に与えるインパクトが大きく、投資家としては動きが取れませんね。

 また、来週になると、24日、25日が米国FOMC、27日には日銀金融政策決定会合、同日にはイタリア国債の入札…。よく見てみると、どれもこれもインパクトの大きな材料ばかり。迂闊にポジションを取って、逆目に出てしまうと大きな傷を受けてしまいます。まあ、この二週間は様子を見なければ仕方がないというところでしょうか。

 今日の相場が、まさにそんな感じの相場。朝方は、先週末の欧米株の下落と、ユーロの下落を改めて織り込む相場で、急落して始まりました。CME日経平均先物も、9530円で帰ってきましたので、今日は先物売りが先行。これに伴い裁定解消売りが指数採用銘柄に広範に出て、日経平均は、週末の終値を110円以上下回ってスタートしています。ただ、売り一巡後は模様眺め気分が強く、膠着した展開が続きました。ただ、欧州市場が始まる2時過ぎになると、スペイン問題を気にして、対ユーロ、対ドルで円が上昇。これを嫌気した先物売が増加。再び、裁定解消売りが入り、指数採用の値嵩株が売られ下落幅を拡大。この日の安値圏で取引を終えています。結局、日経平均は、167円35銭安の9470円64銭、TOPIXは11.65ポイント安の803.83ポイントと3日ぶりに反落して終わりました。週明けで手がかり材料が少ないことや、重要イベントが相次ぐことから、見送り気分が強く、出来高は15億2000万株台に急減しています。

 日経平均サイコロは3勝9敗、25日線かい離は-4.6%といずれも底値ゾーンを暗示。RSIは17%に低下し、昨年10月ごろの水準に、騰落レシオは、75%台に低下。昨年8月22日の63%以来の数字。今回相場のスタート時点の76%を下回っています。まあ、底値ゾーンに入ったということで良いと思います。ただ、先ほど列挙したイベントが、プラスやマイナスに作用するものが複数あり、単純に丁半勝負ができないところが悩ましいところです。見送り気分が強まるとともに、裁定解消売りの影響が強まってきますので、ここからは、仕掛け的な商いが増えそうなことは覚悟しておいたほうが良いのかもしれません。しばらくは、欧州のCTA業者に悩まされそうです。それにしても、欧州の輸出は、この危機でまた伸びるんでしょうね。身内に弱みを抱えていると、EUの場合は良いこともあるんですね。為替操作がしやすいし…。とりあえずは、米国企業の業績に期待…というところ。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ