FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米株高を受け上伸するも、(欧州景況感の悪化を意識した)円高の進行を嫌気し、3日続落
 フランス大統領選は、現役のサルコジ大統領がオランド候補の得票率を下回り、6日の決選投票に結論が持ち越されました。欧州危機をサポートしてきた「メルコジ体制」の一角が崩れる可能性が出てきました。同日にはギリシャ総選挙も控えており、政治面から欧州リスクが高まっています。また、今日は、欧州主要国の景気指標が発表されていますが、ユーロ圏の4月総合PMI指数は47.4と、前月水準(49.1)、予想(49.3)をともに下回りました。また、ドイツの製造魚PMI指数は46.3と、前月水準(48.4)、予想(49.0)を大幅にしたまわる数字になりました。サービス業の検討で総合指数は前月水準を上回りましたが、市場は製造業の落ち込みを嫌気。週明けのドイツDAX指数は2%を超える下落でスタート。GLOBEX市場でも米国株は三桁を超える下落になっており、欧州の景況感の悪化に対し、ミニパニック的な反応が起きています。日経平均先物も9430円台まで下落するなど、今晩の米国株や明日の日本株への影響が気になります。

 週明けの日本株は、先週末の米国株が高く終わっていたことや、円安、CME日経平均先物高を受け、買い先行せスタートしました。CME先物レンジ上限9650円を意識した先物買いがリード。裁定買いも入り主力株が上昇。日経平均は、寄り後、9643円(前週末比88円高)する場面もありました。ただ、その後はこの日発表が予定されていた中国PMI指数待ちで、手控え気分強まったところに、円がじりじりと上昇。これにともない、先物に売りが増加。急速に上げ幅を縮めマイナス圏に入りました。発表された中国のPMI指数は、予想、前月水準とも上回ったものの、上昇は、金融緩和期待を退けるものとなるなど消化難となりましたが、欧州市場のスタート時間になると円買い圧力が強まり、株価は下落。結局、日経平均は前週末比19円19銭安の9542円、TOPIXは2.40ポイント安の809.54ポイントと、ともに3日続落して終わりました。出来高、売買代金とも低調な商いになりました。騰落状況は値上がり540、値下がり984。

 欧州市場がオープンするころに、円買いや先物売りが増加したようですが。ドイツの製造業PMI指数の悪化を見越した(インサイダー?)ところが、売り攻勢をかけたんでしょう。おかげで、寄り付きに買われた輸出主導の主力は総崩れになりました。まあ、週末に日銀の金融政策決定会合を控えていますから、大崩にはなりませんでしたが、今晩の欧米市場の動向や、対米ドル相場が81円を割れて帰ってくると、ちょっと、まずいですね。とりあえずの、リハビリ相場は一巡したんでしょうか。まあ、欧州問題を除いても、今週は重要イベントが山積み、週があけたら2日立会いがあったあとは、大型連休に突入。その間に何が起こるかわからないでは、連休をまたぐポジションが取れないのは当然。無理をするところではありませんね。

 今日も主力株が値を消す一方で、仕手系株や経済産業省が再生可能エネルギーの買い取り価格が事前価格を大幅に上回る価格に設定されそうなことを好感、太陽電池関連がかわれていました。また、決算発表を控え、事前に増額修正されたものが個別に買われています。今週中に、約500社が決算を発表する予定で、この内容を見ながら、個別に物色されるでしょうが、欧州の政治リスクと同様に、日本も26日の小沢判決によっては、政治リスクが急浮上するだけでなく、海外投資家が日本株買いの基礎にすえた消費税増税による財政再建の前提が崩れることにもなりかねません。まあ、見送り気分が強まるなか、先物と裁定取引に振り回される展開になりそうです。指数は、大崩氏無ければよし…。今期も大幅な業績の伸びがも見込める企業を愚直に買う…。これで良いのではないでしょうか。今晩の米国株が落ち着いて帰ってくることを願うばかりです。直近レポートで、ニューヨークダウに起きた変化を書いていますので参考にしてください。「待つも相場…」という言葉もあります。

 レポート案内文で書きました、相場の変化日までの辛抱です。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ