FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



QE3見送りに失望して下落するも、追加緩和期待は消えず高安まちまちの動きに
 おはようございます。 2日間続けて10時前に床に就きました市場に安心感が戻りましたから、今は体力温存に注力です。なんだか、体調がいいみたいです。しばらくは早寝させてもらえるんじゃないでしょうか。

 さて、FOMCですが、予想通りQE3は見送り。長期金利の低下を促すツイストオペを年末まで延長することを決めました。ただ、景気見通しを下方修正したほか、QE3実施の前提になる雇用について、回復が遅れると予想しています。また、欧州の危機に対し、措置を講じる用意がある…など、将来的にQE3を実施する可能性に含みを残しています。市場もこのサインを評価。堅調に終わりました。
 また、欧州に関しては、相変わらずドイツの水を差す動きが続いていいます。イタリアのモンテイ首相が、EFSFやESMによる国債買い取り実施の可能性に触れましたが、メルケル首相は、規定はあるが検討はしていない…と暗に否定しています。ただ、以前のようにバケツで頭から水をかけるようなやり方ではなく、婉曲的な表現に変わってきた点は注目されます。

 ただ、Eの危機対応の根治策は、短時間にできるものではなく、短期的にはECBの追加緩和策が焦点になります。これに対し、昨日、英紙フィナンシャルタイムズとのインタビューで、ECBのレーン理事は「6月開催の理事会で利下げが検討された…」ことを認め、「7月の理事会では、具体的に利下げが検討されることになるだろう」と、追加利下げの可能性を示唆しています。さらに、英国も失業率の悪化などから、追加的な金融緩和を行うことを示唆。主要国は夏場にかけ、一斉に金融緩和に動く可能性が出ています。

 欧州市場では、まだスペインの銀行救済スキームの詳細もわからないのに、スペイン10年国債の金利は0.27%低下し、6.77%と、一気に危機ラインの7%を割り込んできました。一方、リスクオフで資金逃避の対象になったドイツ国債金利は上昇しています。マスコミなどは、危機の処理でドイツの負担が増える…と解説していますが、もっと、簡単にリスクオフの巻き戻しが始まった…と簡単にみることはできないのでしょうか。米国でも、10年債金利は、徐々に上昇を始めています。一方、米国のVIX指数(恐怖指数)は、6月初旬の26.68から、昨日は17.24まで急激に低下。市場にリスクオンのゴーサインを出しています。
 今日は24節句の「夏至」。季節的には夏の盛り。夏の暑さと、月命「丙」の火が重なって相場的には活況が期待されるはず…。

 20日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万2824ドル39セント -12ドル94セント(0.10%)

 NASDAQ総合指数 2930.45ポイント +0.49ポイント(0.02%)

 S&P500 2930.45ポイント -2.29ポイント(0.17%)

 CME日経平均先物(円建て) 8785円 +45円

 米国10年物国債金利 1.663% +0.041%

 ニューヨーク原油 81.80ドル -2.23ドル

 GOLD 1615.80ドル -7.4ドル

 ドルインデックス 81.41 +0.02


 昨日の米国株は、追加金融緩和期待から欧州株が堅調となるなか、この日開催のFOMCの結果待ちから見送り気分の強い始まりになりました。会議終了まで、ほぼ前日終値水準を挟んだ展開を続けたものの、会議後の声明文でQE3が見送られたことがわかると、一時的に失望売りが増加。ニューヨークダウは1万2744ドル(前日比93ドル安)安値まで売り込まれました。ただ、会議後の記者会見で、バーナンキFRB議長が、QE3実施に含みを持たせた発言をしたことを好感。押し目買いの動きが強まり、一時プラス圏に浮上する場面もありました。引けかけてはやや売られたものの、結局、ニューヨークダウとS&P500は小反落。NSADAQ総合指数は、小幅続伸して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は、前日比2077万株減の7億4919万株。VIX指数は、前日比6.25下げ、17.24に低下しています。

 NYダウは小反落。ダウ30種は、値上がり16、値下がり14。ダイモンCEOが議会証言を無難に乗りきったJPモルガンが3%強上げたほか、ヒューレッドパッカード、マイクロソフト、インテルなどハイテク系が堅調。一方、中国や米国の景気減速を意識し業績見通しを減額修正したプロクターギャンブルが2.9%下落したのが目立ちました。業種別では、空運、タイヤ、石炭、レジャーサービス、通信などが上昇。家庭用品、非耐久消費財、トラック、商用車などが下落していました。このところ、フィラデルフィア半導体株指数(SOXX)の堅調ぶりが目立ちます。
 昨日も、目先的に下落中の100日線、75日線に到達していることから上値圧迫が懸念されるとしましたが、やはり、抑え込まれたようです。NADAQ総合指数、S&P500とも同様のパターンになっており、ここから正念場に差し掛かってきます。昨日も、QE3が見送られた場合に市場の反応が注目されるとしましたが、一時的に100ドル近く下げたものの、レンジ下限の1万27850ドル付近から切り返しており、投資家が、再びr展示相場を意識し始めたことは、明るい材料です。やはり、相場の基調はかなり強くなってきたようです。

 米国株は高安まちまち。CME日経平均先物は、大証終値比45円高の8785円で帰ってきました。レンジは8695円~8815円。円は、欧州の落ち着きから対ユーロは100円90銭台、対ドルはQE3が見送られたことから79円40銭台にそれそれ軟化して帰ってきました。本日の日本株は、CME高や円安にささえられて堅調に推移しそうです。米国で債券が引き続き売られていることから、昨日に続き「債券先物売り・株先物買い」のプログラム売買が予想されるほか、昨日のCMEレンジ上限が8815円をつけており8800円大台回復も予想されます。企業の再構築に取り組むハイテク株や市況回復から」、野村証券をはじめとする証券株の見直しも…。

  
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ