FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



欧州の安定、予想を上回る米企業決算、円安を好感し、続伸して終了
 先週は、週を通し下落し全敗。今週になって、週半ばまで、まだ下げ知らず…。この変化っていったいなんだったんでしょう。やはり、先週末のオプションSQが関係していたんでしょうか。でも、なんだか何かが変わったような…。先週から、IMFの姿勢が緊縮一辺倒から成長重視型に変わり、ギリシャに対して、財政目標達成の期限を延長してあげてもいいんじゃない…と、寛容な姿勢に変わりました。また、朝も書きましたように、ドイツのメルケル首相とショイブレ財務相という、タカ派の二人まで、スペイン、ギリシャに寛容になってきました。メルケル首相は、ドイツが域内からの輸入を増やすといい、具体的に減税による内需刺激策まで提案しています。成果があがるかどうかわかりませんが、緊縮財政しかないと頑なに言い続けてきた姿勢がへんかしたことは確か…なようです?あとは、EUサミットで、何らかの景気刺激策を打ちだしてくるかどうかが注目されます。

 また、ECB・ドラギ総裁の思い切った対策で、事態がそれほど改善されていなくても、高債務国の金利やCDS(クレジットデフォルトスワップ)は、順調に低下しています。もし、危機が再燃し、投機筋が問題国の債券を売っても、当該国の支援要請があれば、無制限に買われるわけですから、投機筋の負けが決まっています。最近の低下は、売り仕掛けをあきらめた投機筋が、ポジションの解消を進めているんでしょう。市場でのリスクが後退したことが原因かどうかわかりませんが、格付け会社のムーディーズは、スペイン国債の格付けをジャンク債一歩手前に据え置くと発表。これも市場の安心材料につながりました。これをうけ、ユーロは急速に買いもどされ、ドルは、1.28ユーロ台から、1.30台に下落。これを機に、ニューヨークダウの上昇が始まっています。レポートでも、ドルインデックスとニューヨークダウの関係を図示し、株価の立ち直りにはドル安への転換が必要…と書きましたが、想定通りの動きになっています。日本も基本的には同じ構造。欧州危機によるリスクオフの動きが、円高を誘発していましたから、危機が沈静化すれば、ポジション調整から円安になるのは当然。今は、その動きが始まっているのでしょう。

 問題は、明日から始まるEUサミット…。終了後に、選挙前の発言は、なんだったの…ということの無いようにしてもらいたいものです。何らかの刺激策をとってくれれば、市場のムードもがらりと変わるのですが…。今週に入っての市場の変化は、ひとえに、欧州タカ派の変身を反映したものではないでしょうか。また、もう一つの懸念材料だった米国の企業が結構、頑張っています。インテルが次期の見通しや設備投資を抑制したことから、時間外取引で売られていますが、その他の企業には予想を上回るものが多くあります。当初予想では、S%P500採用企業の利益見通しは2.1%減が予想されていましたが、中国や欧州の減速から、アナリストは3%減に下方修正するなど、ハードルを下げていましたから、予想を上回りやすいということもあるようです。この傾向が続いてくれれば、米国株は、もっと面白くなるんですが…。

 今日の日本株は、このような欧米の変化に加え、、対ユーロでの円安、中国株が上げたことなどを好感し、朝方から上昇して始まりました。スプリントネクステル買収の評価が上がったソフトバンクが上昇し、指数を押し上げたほか、週末のオプションSQ(8517円)と大きくかい離してきたことによるヘッジの先物買いなど、先物の買い要因が増加。裁定買いも巻き込み、寄り後まもなく日経平均は、8837円(前日比136円高)する場面もありました。ただ、対ドルで円が下げ渋ったことや、25日線に接近したことへの警戒感から、引けにかけては伸び悩んで終わっています。結局、日経平均は、105円24銭高の8806円55銭と3日続伸。TOPIXは7.39ポイント高の739.79ポイントと4日続伸して終わっています。出来高は、18億2904万株と前日から3億株近く増加しています。騰落状況は、値上がり1265,値下がり307でした。

 今日の引け値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIXは6勝6敗)、RSIは44%、25日線かい離は-0.8%、騰落レシオは102%でした。モメンタムは一気に上向いてきましたね。今日の引け値で、日経平均の三本新値は陽転。「赤3兵」も入り、強気サインを出しました。まあ、想定通り、今年6月安値を起点にする上昇バンドの下限で下げ止まっての反転になりました。ただ、下落基調にある25日線に接近したほか、先日も書いた7月25日安値と9月6日安値を結ぶラインが上値抵抗線としてあり、当面、この抵抗ゾーンを抜けることが必要になります。なかなか、日本独自の材料で動けませんので、海外頼みになりますが、EUのタカ派の変身が本物なら、持続性のある相場が期待できます。米10年債金利が再び1.7%台に乗せており、持続すれば、円安が進む公算も…。外部環境の変化は確定していないものの、株高つながりそうな材料は、確実に増えてきたといえそうです。ネットワンは、昨日、本日会社側が正式に減額修正し、先週の日経の報道を追認してきました。LTE関連機器の納入遅れが、原因のようですが、下期には売り上げに計上される可能性が残っており、当面、通期の増収増益見通しは変わらないようです。チャートは、壊れましたが、時間をかけて修復されます。2番底取りの動きを狙ってみたいところ。パラマウントベッド、東急リバブル、東京建物など、堅調持続。
※新規購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ