FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



日銀の金融政策据え置きから、円、株への利食い売りが増加し、5日ぶりに小幅反落して終了
 今日は朝風呂に入ったあと、寒い中洗濯物干しをしたのが悪かったのか、頭が痛くなってきました。また、風邪がぶり返したのかもしれません。無茶をしたらいけませんね。 

 さて、今日の日銀金融政策決定会合は、政策の据え置きを決定して終わりました。相変わらず、景況感については厳しい見方をしています。中には、3か月連続の緩和を期待した向きもあるようです。しかし、週明けから本格化する米国「財政の崖」交渉の行方によっては、12月のFOMC(公開市場委員会)で、景気の落ち込みを防ぐ追加緩和の可能性があり、円高防止のためにも「弾薬」は残しておきたかった…ということでしょう。会談には、今回も前原財務相が出席したようですが、さぞかし、自民党・安倍総裁の、最近の過激発言が話題になったことでしょう。デフレを持続するためにも、「民主党さん、選挙頑張ってください…」なんて、励ましがあったかもしれませんね。

 今日の日本株は、米国株の大幅高やCME日経平均先物が9200円台に乗せて帰ってきたことから、9月中旬の戻り高値を更新する期待もたれました。ただ、最近急激に進んだ円安や株高により、日銀金融政策決定会合の結果次第では、利食い売りが出るのでは…との警戒感も強く、日経平均は前日比45円高の9198円とおとなしい始まりになりました。前日まで買われた電気や輸送用機器が伸び悩むなか、海運株など出遅れ株に買いの手が回りましたが、金融政策の決定後は、円がじりじりと上昇。中国本土株が下落したことも嫌気され、主力株に売り物が増加。先物売りが先行し、裁定解消売りが出たことから指数はマイナス圏に下落。引けにかけては前日引け値水準をはさんだ神経質な展開になり、結局、日経平均は、前日比10円56銭安の9142円64銭、TOPIXは0.12ポイント安の762.04ポイントと、ともに5日ぶりに反落して終わりました。出来高は、前日から約1億5000万株減少し、15億6971万株。騰落状況は、値上がり869、値下がり672と値上がり数が上回りました。

 今日の終値での、日経平均サイコロは4勝8敗(TOPIXも同じ)、25日線かい離は+2.4%、RSIHあ60%、騰落レシオは109と、前日より低下しています。まあ、株価はさえませんでしたが、状況は好転しています。TOPIXは今年6月安値以来、高値が切り下がる一方、安値が切りあがるという「三角持ち合い」のパターンを形成してきました。しかし、今週の上げで、この持合いを上放れしてきた感じがあります。まだ、今週末の動きを見ないとわかりませんが、これは心強いうごきです。ただ、今日の日経平均の動きは、期待外れ…。CME日経平均先物のレンジ上限が9220円をつけていましたので、9月19日の戻り高値挑戦への動きくらいはあるかな…と思ったんですが、結局、寄り高となり小幅な陰線で終わりました。直近レポートでも、チャートに図示しましたが、この付近には、過去三年間の高値、安値を形成してきた強力な機能線があるほか、3月高値時に形成した「三尊天井」の脇本尊の頭を結ぶライン、77月下旬安値、9月初旬安値を結ぶライン…と、3本の頭押さえのラインが控えています。今日のところは、なんとか抵抗しているようですが、抑え込まれるといやですね。

 昨日も、主力株の中には、戻りの節値にさしかかったものもあるので注意したほうがいい…と書きましたが、やはり警戒的な動きが出たようです。市場はヨーロッパに移りましたが、対ドルは81円台割れ寸前のところまでいき、GLOBEX市場の日経平均先物は9100円の大台を割り込んでいます。まあ、昨日の上げ相場は、先週末のオバマ大統領と議会重鎮の会談の成功を事前に織り込んだ…という側面もありますから、米国株の上昇は材料にならなかったのかもしれません。ただ、昨日も、これまで続けてきた中小型を中心とした投資方針は変える必要はない…としましたが、主力株の動きが止まると、さっそく中小型のほうに資金が回り、レポート注目の日本M&Aシステム、物語コーポレーション、新明和工業、東急リバブルが、年初来高値を更新していました。今の、主力株の上げは、あくまで円安頼みですから、下落が一服すると先物が売られ、どうしても裁定解消売りを浴びることになってしまいます。

 明日以降の動きは、米国株と為替次第になりそうですが、レポートでも示したように、81円50銭付近には結構、きつい壁があり、いったん値固めする必要があるのかもしれません。シカゴIMMの円売りポジションは4万枚近くはつみあがっていたはずですから、いったんはガス抜きしないと、次のポイントにはいけないものと思われます。当面は、主力どころが頭打ち感を強めるなか、中小型物の仕上げ的な動きが表に出てくるパターンになるのでしょうか…? しかし、日経平均は早いところ9月18日高値を抜いて、上昇トレンドの継続を確認しておいてほしいですね。
※レポート購読会員募集中。興味をお持ちの方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ