FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



予想を上回る景気指標やバーナンキ議長の議会証言から安心感が戻り、反発
 おはようございます。

 昨日の、ロイターの見出しを見ると、「バーナンキFRB議長が、上院をやっつけた…」という見出しがありました。FRBの国債買取で含み損が発生していることや資産買い取りで、資産バブルが発生しているのではないか…として、同議長をやり込めようと手ぐすね引く議員の前で、堂々の論陣を張り、彼らを論破しています。含み損の発生については、雇用増や景気刺激、住宅の復調などで、含み損を上回る成果が上がっている…とし、損失をかかえている資産にしても、途中で売却する方方針はなく、期限まで持ち切るので、損失は発生しない、と議員の懸念を一蹴しています。また、政策の転換にかんしても、以前から、雇用や物価水準が既定の目標値に達するまでは、現在の資産買い取り策を継続する…とし、変更する場合には、事前に告知する…と証言。市場が懸念する、資産買い取りの縮小や停止を否定しています。さらに、歳出強制カットに関して、このまま時間切れになり強制カットが発動した場合、GDPを0.6%押し下げる影響があると、懸念を表明。返す刀で、最近の財政赤字の削減へ向けた動きには、短期的な予算の修正に集中し過ぎ…と景気回復への障害になっていると警告。財政改革は、短期的には緩やかに、長期的には大幅なカットをすべき…と、現在の政治の取り組みに警鐘を鳴らしていました。
 さすが、リーマンショックを克服した同議長ですね。やはり、市場に配慮した証言をしてきました。ただ、果たして、この警告を「SHIT HEAD(〇〇こ頭)」の議員さんたちが、どれだけ真剣に受け止めたか…。お互いのメンツにこだわり、同議長が懸念するように、崖から落ちなければいいのですが…。 

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万3900ドル66セント +115ドル96セント(0.84%)

 NASDAQ総合指数 3129.65ポイント +13.40ポイント(0.43%)

 S&P500 1495.92ポイント +9.09ポイント (0.61%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万1375円 -35円

 米国10年物国債金利 1.879% -0.016%

 ニューヨーク原油 92.63ドル -0.48ドル

 GOLD 1615.50ドル +29.40ドル

 ドルインデックス 81.85 -0.04

  
 昨日の米国株は、イタリア総選挙結果を受けた欧州株が大幅に下落したものの、朝方発表されたコンファレンスボード消費者信頼感指数や新築戸建住宅販売が、前月水準、予想をともに上回ったことから、反発してスタートしました。一時、欧州情勢を懸念した売りから上げ幅を縮める場面もありましたが、S&Pケースシラー住宅価格指数が予想を上回る上昇になったことや、この日行われたバーナンキFRB議長の上院議会証言で、資産買い取りの継続や株価などに資産バブルが発生していないことなどが述べられたことを好感。引けにかけ次第に上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、引け近くにこの日の高値1万3918ドル(前日比137ドル高)をつけていました。堅調な住宅関連指標を受け、トールブラザーズなど大手住宅建設株が買われたほか、好決算を発表したホームデポや高級百貨店のメーシーズなどが買われていました。また、明日株主総会を控えるアップルも株主還元を期待して上昇しています。結局、終日前日の終値を上回る状態で推移し、主力3指数とも反発して終了しました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比4680万株減の7億7145万株。騰落状況は値上がり2030、値下がり1003。VIX指数は前日比11.2%下げ、16.87に低下しています。

 ダウ30種は、値上がり23、値下がり6、変わらず1(マイクロソフト)。住宅リフォームの需要増加が決算を押し上げたホームデポが5.7%上昇。韓国企業に携帯のOSを売却することが決まったヒューレッドパッカードが3.8%上昇したのが目立ちました。業種別は、住宅リフォーム、住宅建設、自動車・同部品、小売りなどが上昇。ビール、タイヤ、宅配サービスなどが下落。
 NYダウは反発。バーナンキFRB議長の議会証言で、金融政策の転換懸念は薄らいだものの、3月1日に迫った歳出強制カットの影響を懸念。上値を買いあがる動きはなく、前日下落分の半分くらいしか埋められませんでした。前日25日線を下回りましたが、この日の高値は25日線に抑え込まれた格好になっているほか、25日線が上げの勢いをなくし、横ばいに転じようとしていることは、頭押さえの要因になりそうです。そろそろ、歳出強制カットへの対応など、ポジティブな支援材料が必要になりそうです。

 米国株は反発。CME日経平均先物は、大証先物終値比35円安の1万1375円で帰ってきました。レンジは1万1255円~1万1520円。円は、欧州債務危機再燃を懸念した安全通貨買いが継続。対ドルは91円90銭台、対ユーロは120円付近…と、高止まりして帰ってきました。本日の、日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せし、軟調に始まったあと、為替の動きを見ながらの神経質な動きになりそうです。昨日は、先物売り筋の買戻しから下げ渋る動きになりましたが、今日も引き続き、売り方の買戻しが焦点になりそうです。ただ、為替水準によっては、CMEのレンジ下限が1万1255円であることから、売り仕掛けに会いやすい可能性も残します。指数的にはさえない動きになりそうですが、昨日、僅差ながら補正予算が参議院を通過したことから、個別に関連株を物色するなど、政策をテーマにした個別物色が続きそうです。当面は、各論重視の展開…。いろんな分野に絡む鉄…?
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ