FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



国際協調体制アピールの失敗…?
 13日の日経平均は395円74銭安の1万5536円52銭、TOPIXは40.83ポイント安の1516.10と、ともに大幅安して終わりました。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは90、RSIは64、25日線とのかい離は0.5%に接近してきました。なんだかわからないままに下げてしまいましたが、おかげで三本新値は今日、陰転してしまいましたね。昨日までの短期指標の過熱感はほぼ取れてきました。

 まずテクニカルから…。日経平均は400円近い下げになりました。これだけ下げなければならない理由は無いんですが、明日の寄り付きにメジャーSQを控え、最低解消売りを急ぐ筋があったことや、立会時間中、GLOBEXの株式先物取引市場で、NASDAQ100、S&P500の先物が安くなっていることから、ヘッジの先物売りなども見られ、終日最低解消売りなどに押される展開になりました。先週までの裁定買い残のつみあがりを見ても、安値からの戻しが裁定取引に引っ張られたものであることは明らか。結局、絵に描いた餅が剥げ落ちているだけのことです。

 今日の下げで、25日線とのかい離修正がほぼ終わってきた他、今月5日から6日の立会いにかけて1万5621円から空けた窓を埋めました。また、私的な計算法(GR)の未整理ポイント1万5580円も今日の下げで押さえました。加えて、11月15日の戻り高値1万5587円の頭も叩きましたので、外部環境を無視すれば、急所に届いた、と言うところです。

 今日下げたので、25日線の上向き転換は来週に持ち越された感じですが、やはり当初の予想通り年末近くが買い場になるのかもしれません。テクニカルな指標を見ながら、買い場を判断してください。

 さて、昨日は、欧米中央銀行が強調して年末の資金需要に備え市場への資金供給を増やす、と大々的に打ち上げてきました。年末だけの大盤振る舞いと言うことは誰でも理解できることですが、政策当局は「国際協調体制」を市場にアピールすることが狙いだったようです。しかし、市場は、住宅金融大手ワコビアとバンクオブアメリカ(BOA)のサブプライムローン関連損失の積み増しという現実悪の方に反応、下げ幅を縮小、続く先物市場でもマイナス圏で推移しています。明日は、SQも控えていますし、米国では銀行の決算発表を控えて何が出てくるかわかりませんから、機関投資家が先物でヘッジ売りを出し、これが裁定解消売りを誘発して下げ幅を拡大した、というのが本当のところでしょう。しばらく、鳴りを潜めていた「小鬼」どもが、また動き出した、というところでしょうか。

 また、今日の下げには、このところ買われてきた銀行の下げが影響していた、ということです。昨日の米国でも証券化商品の損失拡大を懸念し銀行株が売られていますが、そのつながりで売られたものだと想われます。それに加え、日本のメガバンクにも欧米のSIB買取ファンドの「奉加帳」が回ってきたことがあります。下手をすると大きな損失をかぶる恐れがあるだけに、慎重にならざるを得ませんが、無視すると、後で国際金融の場でしっぺ返しを食らう可能性があり頭が痛いところです。

 今回のサブプライムローン危機の発端はベアスターンズのファンドでしたが、メリルリンチが普通では考えられない段階で担保権を行使したことから経営危機に追い込まれました。これには複線があり、以前のLTCM危機の時、同じように救済のため「奉加帳」をまわしましたが、ベアスターンズはこれに応じず、業界から批判を受けことがありました。今回のベアスターンズのトラブルは、この報復だ、という話が市場ではまことしやかに伝わっていました。

 日本のメガバンクもこのことは知っているでしょうから、結局応じざるを得ないんでしょうが、正直、何で俺達が尻拭いに加わらなければならないんだ、という気持ちでしょう。

 とにかく、来月、半ばまで続く欧米金融機関の決算発表が終わるまでは、こんな方向感の定まらない展開が続きそうです。当面は、各論勝負しかありませんよ。しつこいようですが、「進捗率」が最良の道案内人です。
 
  

 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ