FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



原油価格の上昇やマイクロソフトのCEOに絡む思惑からNYダウは反発。史上最高値を更新して終了
 おはようございます。 

 今日は24節気の「立冬」。暦の上では冬に入ります。以前から、書いてきたように、年の癸(みずのと)の水に加え、今日から始まる「癸亥(みずのとい)」も水と水が重なり、運気的にはあまり良い月ではないようです。海水のように大きなエネルギーを持つ壬(みずのえ)の水とことなり、癸の水は霧雨のようにじめじめしたもの。10干の中では一番陰の気が強いとされており、テロのような小競り合いが起きやすいとされています。気学の発祥地である中国で、テロや紛争が多発してきたのも、この気の変化によるものでしょうか。相場的にも、動きが気になるところですが、年の巳が相場上昇のエネルギーになる「火」の性質を持っており、暴落するようなことはないのかもしれません。鬱々とした霧雨のような相場になるのでしょうか。このところ、「寒露」、「霜降」と24節気が相場の転換点になってきましたが、今日はどうなるのでしょうか。 目先の相場の変化に鬱々としている状態ですが、来年の「甲午(きのえうま)」は政情は混乱が予想されるものの、経済は、木の下に「火」が入る理想的な状態で、近年にない活況が予想されるといいます。 まあ、占いがすべてではありませんが、すでに来年を展望する流れに入っていますから、ここは目先は捨てて、少し先を見て対処するところではないでしょうか。

 6日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万5746ドル88セント +128ドル66セント(0.82%)

 NASDAQ総合指数 3931.95ポイント -7.92ポイント(0.20%)

 S&P500 1770.49ポイント +7.52ポイント(0.43%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4405円 +55円

 米国10年物国債金利 2.64% -0,022%

 ニューヨーク原油 94.80ドル +1.40ドル

 GOLD 1317.80ドル +9.70ドル

 ドルインデックス 80.50 -0.20


 昨日の米国株は、欧州やドイツの経済指標が予想を上回ったことを好感し欧州主要市場が上昇した流れを受け継ぎ、買いが先行。高よりしてスタートしました。堅調な景気指標を受けECBの緩和観測が遠のいたことからユーロが強含み、ドルが下落。予想を上回る在庫の減少を受け原油価格が上昇したことから資源株が買われて指数を押し上げ。ニューヨークダウは、寄り後まもなくことの日の高値1万5750ドル(前日比132ドル高)をつけ10月30日以来の史上最高値を更新しています。その後、予想を上回る景気先行指標発表されると、QE縮小懸念が強まり売りが増加。一時上げ幅を縮める場面がありましたが、マイクロソフの経営トップ候補が具体的になってきたおとが好感され同社株が急伸すると、再び、買いの勢いが強まり、引けにかけ上げ幅を回復していきました。結局、主力株の上げに支えられ、ニューヨークダウとS&P500は反発。販売台数の頭打ちが嫌気されたテスラモータの急落やツイッターのIPOに備えた換金売りなどからNASDAQ総合指数は反落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比3814万株減の7億304万株。騰落状況は、値上がり1636、値下がり1426。VIX指数は、4.5%下げ、12.67に低下。ふたたび落ち着きを見せてきました。

 ダウ30種は、値上がり27、値下がり3。CEO選任が近いとして株価目標の引き上げがあったマイクロソフトが4.2%急伸。指数の上げを支えました。また、原油上昇を受けシェブロンが2.2%、エクソンが1.3%各上昇したほか、ユナイテッドヘルス、GEなどが上昇。11銘柄が1%超えの上げになりました。業種別は、ソフトウエア、ソフトドリンク、金鉱山、住宅建設、ビールなどが上昇。自動車、バイオテクノロジー、人材派遣、宅配サービスなどが下落。
 NYダウは反発。過去の高値を結ぶレンジ上限を目指す動きになっています。NASDAQ総合指数、S&P500はNYダウに先行しレンジ相場を抜け出していますが、現在は、レンジ相場の上限ラインが下値支持線に転換したかどうかを確かめる段階。しばらくは、高値圏での膠着した動きが続きそう。

 米国株はNYダウは最高値を更新したものの、NASDAQは下落…と高安まちまちの動き。円は、ECBの利下げ観測が遠のきユーロが買われた影響で対ドルは98円60銭台、対ユーロは133円30銭台にそれぞれ、小幅に軟化。CME日経平均先物は、国内先物終値を55円上回る1万4405円で帰ってきました。レンジは、1万4130円~1万4420円。本日の日本株は、円安やCME高を好感して買い先行で始まりそうですが、今晩のECB理事会、明日の雇用統計結果を控え、買い一巡後は再びこう着感を強めそうです。昨日、引け後に大幅な増額修正を発表したトヨタへの株価の反応が注目されます。全般は昨日に続き、決算内容に個別に反応する動きに…。明日のオプションSQに関連した強気筋と弱気筋の仕掛けから、日中は波乱する展開もあるか…。引き続き、売られ過ぎになっている高進捗率銘柄の押し目買い…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ