FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



新年の景気拡大期待から上伸して始まるも、長期金利の3%大台乗せへの警戒や週末要因から小幅反落して終了
 おはようございます。 押し詰まってきました。まだ、掃除も何もしていません。賀状もまだ…。今日は出かける用事もあるし…。孫が来るたびに文房具やCDをぶちまけた作業部屋が「何とかして…」と叫んでいる。

 さて、昨日の欧米市場は重要な経済指標の発表もなく、淡々と年の瀬へ向っている感じです。あえて言うなら、原油価格が100ドルの大台を回復したことと、米国10年債金利が終値で3%の大台に乗せてきたこと…。ただ、長期国債利回りが上昇する一方、短期国債との利回り格差が拡大。景気拡大期の特徴で、取り立てて問題視する必要はなさそうです。大台乗せという心理的な圧迫感は残りますが…。株式市場は久しぶりにお辞儀をしましたが、以前から3%台乗せは、ターニングポイントになるかも…としてきましたので意外感はありません。ここにきて、素材など景気敏感株が上昇。一方で、公共事業株や医薬品などディフェンシブ系の動きが鈍っていることを見ても、市場が変質しつつあることがわかります。新年は、政府からバトンを預けられた民間が前向きな経営を続けていけるかどうかが、株価成長のカギになってきます。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万6478ドル41セント -1ドル47セント(0.01%)

 NASDAQ総合指数 4156.59ポイント -10.59ポイント(0.25%)

 S&P500 1841.40ポイント -0.62ポイント(0.03%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万6290円 +90円

 米国10年物国債金利 3.01% +0.02%

 ニューヨーク原油 100.32ドル +0.77ドル

 GOLD 1214.00ドル +1.7ドル

 ドルインデックス 80.34 -0.18 


 昨日の米国株は、年末にかけて同時株高が進行していることを好感。新年相場への期待感から続伸してスタートしました。最近の堅調な景気指標を受け、石炭やアルミ、鉄鋼など景気敏感セクターに買いが入り、寄り後まもなくニューヨークダウは、この日の高値1万6529ドル(前日比50ドル高)と史上最高値を更新していました。ただ、前日まで6連騰していたことや、長期債金利が3%大台に乗せたことへの警戒感から、利食い急ぎの動きとなり、昼近くには、この日の安値1万6461ドル(同18ドル安)を付けています。その後は、週末控えであることから売り買いとも手控えられ、引けにかけ前日終値付近でもみ合ったままこの日の取引を終えています。ニューヨークダウの終日値幅は60ドルと小動きでした。ニューヨーク市場の出来高は、前日比336万株増の4億2246万株。騰落状況は、値上がり1602、値下がり1482。VIX指数は1.05%上げ12.46に小幅上昇。

 ダウ30種は、値上がり14、値下がり14、変わらず2(デュポン、GE)。上げ下げとも小動きで、シスコシステムズが1.0%上げた以外は、1%以下の変動率でした。業種別は、石炭、鉄鋼、アルミ、鉱山、金属など素材が上位で景気敏感セクターの上げが目立ちました。一方、原油価格の100ドル台乗せを嫌気した空運、金利上昇を懸念したモーゲージリートのほか、旅行代理店、人材派遣、家電などが下落しました。
 NYダウは7日ぶりに小幅反落。25日線とのかい離が2.8%に拡大したほか、RSIが過去相場が転換した70%超えの水準に達するなど短期テクニカル指標の過熱を懸念する動きも出ています。ただ、週のサイコロは10勝2敗と過熱感はあるものの、RSIは69%と、週足ベースでの変化点には遠く、大きな調整を気にする必要はなさそうです。

 米国株は小反落。円は、米金利上昇やドイツ連銀総裁の低金利けん制発言などから、対ドルは105円10銭台、対ユーロは144円50銭台とそれぞれ大台を変える円安水準。CME日経平均先物は、国内終値比90円高の1万6290円で帰ってきました。レンジは、1万6060円~1万6315円。週明けの大納会は、円安やCME高を受け、先高期待から堅調な締めくくりを迎えることになりそうです。当初から、想定していた上げの7ポイントが接近してきましたので、指数の動きへの警戒かが必要になりそうです。また、NYダウについても、直近レポートで示したレンジ上限ラインとの位置関係に注意する水準に近づいています。一度確認しておいては…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ