大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



為替の安定的な動きや売られ過ぎ感から押し目買いが入り、5日ぶりに反発して終了…引け後に、演習中のロシア軍に帰還命令がでたことを好感し先物は上昇中
 オバマ大統領、今回はなんだか強硬ですね。ロシアへの経済制裁やG8からの放逐などいろいろ言ってます。生物化学兵器の使用問題で、プーチン大統領に助け舟を出してもらい、窮地を脱しましたが、中間選挙を控え弱腰外交のレッテルをはがす必要がありますからね。朝も書きましたように、ロシアだってウクライナ問題が起きる前から新興市場売りの一環としてルーブルが売られていましたから、これ以上経済にダメージを与えたくない…というのが本音。その結果が、現在、ロシア西部などで実施されている軍事演習(ウクライナへの侵攻を想定?)終了後、それそれの基地へ帰還する命令になったのでしょう。まだ、クリミア半島に展開しているロシア軍の問題がありますが、とりあえず、ウクライナへの侵攻については避けられそうな情勢になってきました。後は、強面のプーチン大統領とチキンの烙印を押されそうなオバマ大統領が変な意地の張り合いになって事態をこじれさせないようにお願いしたいものです。とりあえず、市場はこれを好感。GLOBEX夜間取引市場でニューヨークダウは140ドルほど上げています。

 また、ウクライナ情勢の緩和を受け、欧州市場も急伸して始まっていますが、地政学要因の後退に加え、6日開催のECB理事会で追加緩和が行われるとの観測が強まっていることも上げに拍車をかけているようです。また、中国「全人代」では、経済の不効率の原因になってきた国有企業再構築の問題を討議するようになったといいます。利権の巣窟のようになっており、習近平主席も。なかなか手を突っ込めなかったようですが、国有企業の改革に成功すれば中国経済が効率化するだけにどこまで成功するかが注目されます。まあ、年が変わって以来、株式市場には逆風が吹き続けてきましたが、ようやく「春風駘蕩」というところでしょうか…。まあ、今年の運気を見る限り、武器を持ってドツキ合わなければ
おさまりが着かないというところもあり、まだまだ、安心はできないでしょうが…。

 さて、本日の日本株は、朝方はウクライナ情勢を嫌気した欧米株安を嫌気して、売りが先行。日経平均は、CME終値にさや寄せする先物売りから、前日比99円安の1万4553円とCMEの終値(1万4510円)を上回って始まってきました。ただ、リスク回避の動きが強いにも関わらず円相場が落ち着いていることや、前日まで4日続落していたことから、押し目外気運が強まったほか、ファーストリテーリングの月次売り上げが前月比増加したことから同社株が上昇。これを機に指数採用銘柄のバスケット買いが入り、指数は上昇。先物の買い戻しも入り前引けにかけプラス圏に浮上しています。後場に入っても、先物買いや裁定買いが継続。2時近くにはこの日の高値1万4750円(同98円高)をつける場面もありました。指数が反発するとともに、このところ売られていた新興市場株や中小型株を買い直す動きも広がり、引けにかけ堅調を持続。結局、日経平均は、前日比69円25銭高の1万4721円48銭、TOPIXは7.35ポイント高の1204.11ポイントと、ともに5日ぶりに反発して終わりました。ただ、指数は反発したものの、ウクライナ情勢を見たいというムードは強く、出来高は19億3199万株、売買代金は1兆7706億円と薄商いでした。騰落状況は、値上り1310、値下がり377。
 
 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIX同じ)に上昇。RSIは前日から横ばい。25日線かい離は+0.2%と線上を回復。騰落レシオは、前日の87%から98%に大幅上昇。引け後に、ロシア軍への演習後の基地帰還命令が伝わり、日経平均先物は、1万4840円と、現物の終わり値を120円近く上回って終わっており、明日に期待をつなぐ展開になっています。やはり、直近レポートで予想したような展開になってきました。売り方もなんとか52週線を割らせようと攻めましたが、結局、失敗。裁定業者の買いが功を奏したような格好になりました。まだ、ウクライナ情勢は流動的な部分がありますので、どうなるかわかりませんが、52週線や、レポートで示した抵抗線、月足の下値支持線の強さが確認されれば、全般に決算を意識した押し目買いが広がってきそうです。

 朝も書きましたように、決算発表後のさえない動きのなかで、コンセンサスが引き上げられた銘柄が多く出でており、上方修正分の織り込みも始まりそうです。日本の投資家は、もっと日本企業やアベノミクスを評価したほうがいいと思いますが…。マスコミは政治家を評価するようなことは書きませんが、医療、農業、建設など多くの分野で結構、岩盤規制を崩して頑張っているんですがね。
 マスコミさんは、どうでもいいことや、読んで胸くそが悪くなることは幾らでも書きますが、肝心なことは書きません。ですから、今の日本がどうなっているかは、各自で調べるしかありません。困ったものですね。まあ、今年の相場は、上がったり下がったりしながら上昇するパターン。劇薬の気付け薬を飲んだ昨年と同じようになると思うのは間違いですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ