大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



好調な機械受注を受け、プラス圏を推移するも、予想を下回る中国景気統計を受けた先物筋の売りから小幅続落して終了
 今日は、2時半に発表予定の中国経済指標に関心が集まっていました。発表は20分近く遅れましたが、1~2月の鉱工業生産は+8.6%(予想+9.5%)、小売り売上高は+11.8%(同+12.5%)、固定資産投資+17.9%(同+19.4%)といずれも予想を下回りました。数字自体はうらやましいくらいの数字ですが、予想を下回ったことから、日本株は先を争うような先物売りから、引け間際に売られ、日経平均は短時間にプラスからマイナスに沈んでいます。昨日も書きましたが、相変わらずの短期筋のばかげた反応です。この数字を受けたアジア株は、震源の中国株は上昇して終わっていますし、日本以上に影響が大きいはずの台湾も韓国も高く終わっています。この動きをみていると、日本だけがダメージを受けるような印象を持ってしまいます。なんだか、焼けた鉄板の上に放り投げられた猫が、熱さに耐えかねて「ピョン、ピョン」はねているような感じですね。もっとも、今の日本市場には先物筋とデイトレーダーなど短期筋しかいない状態ですから、こんなわけのわからない相場になってしまうんでしょう。困ったものです。

 先週、日経平均は、大きく反発しましたが、今日発表された投資家別売買動向を見ると、東証一部現物は3553億円と大きく買い越してきました。また、先物をみると、TOPIX、日経平均、ミニ日経平均を合わせ、4665億円の買い越し。同期間の裁定買い残は2282億円の増加でしたから、上げの要因は先物買いと、それによる裁定買いだったことがわかります。今週は、メジャーSQで明日の寄りが決済になりますが、6月限りの残高が思ったほど増えておらず、どうやらSQ前に処分しているのでは…との観測が強まっています。昨日指数が大きく下押したのも、ロールオーバーせずに、週内に処分したことが下落幅を拡大したという見方もあります。これだけ業績が良く、割安感もあるのに、一向に実需の買いが入ってこない…。そのことが先物筋の跋扈を許し、市場を波乱させているのでしょう。

 なんとか、先高観を持たせ、実需資金を還流させなければなりませんが、これだけ変動率が高いと、まともな投資家は市場に戻ってこれません。海外長期投資家が注目しているのは、日本の公的年金の運用方針見直しや日銀の追加緩和時期、さらに6月に予定されている成長戦略の発表など…。これらに関するニュースが、ちょっと出ただけで、市場は敏感に反応しています。先日の日銀会合後の黒田総裁の記者会見でも、もともと市場の緩和期待があったわけですから、もう少し、期待をつなぐような発言があれば、違った相場になっていたはずです。日銀関係者は、市場との対話の仕方を学び直した方がいいかもしれませんね。とにかく、今の日本株にとって、中長期資金の市場への還流策を検討し、先物の影響を軽減するようにした方がいいと思います。もっとも、為替市場では、円の先安観(少なくとも、上昇への硬直性)が強まっていますから、ヘッジファンドなどが「日経平均先物買い・円売り」の商品間裁定を組みにくくなってきました。さすがに。裸で先物売買をするのはリスクが大きいですから、先物を使った仕掛け的な動きは低下してくるかもしれませんね。まあ、日本株自体も下方硬直性を強めてきましたので、流れが代わる時期は案外早く来るのかもしれませ
ん。もっとも、また違う商品との組み合わせを考えてくるかもしれませんが…。

 結局、今日の日経平均は、14円41銭安の1万4815円98銭、TOPIXは3.48ポイント安の1203.46ポイントと続落して終了。出来高は16億9804万株、売買代金は1兆6317億円と今年最低の商いになりました。騰落状況は、値上り733、値下がり896。
 今日の引け値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIX同じ)と前日から低下。RSIも前日の60%から52%に低下。25日線かい離は+0.5%と前日と同水準。騰落レシオは前日の123%から115%に低下しています。25日線とのかい離修正は採取段階に来ているようですが、すでに上向きに転じており、下値支持力が増しています。明日の動きにもよりますが、26週線を上回って終われば、これまでの、52週線~26週線のレンジから、26週線~13週線のレンジにステップアップできるのですが…。とにかく、日経平均の週足サイコロは一昨年11月以来の4勝8敗に低下、RSIも45%台と底値圏に近づいています。まあ、下押ししたくてもこの数字では、下値はしれていますね。

 まあ相場のほうは波乱していますが、継続注目銘柄は、高値圏で踏ん張っています。今日は、株式分割を発表した日本M&Aセンターやエムスリーが権利取りの買いに上昇していました。日本M&Aセンターは一目均衡表の「雲」のところまで下落していましたが、結局、中には入らず大きく反発していきました。まあ、今の相場は強いものはどこまでも強く、業績面の材料が弱いものはかさ上げ相場待ちという格好ですね。明日の四季報・会社情報の発売を受け、個別で大きく変化してくるものも出てきそうです。いつまでも指数ばかり気にしていても仕方がない…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ