大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



週末要因に加え、今晩の米雇用統計結果への警戒感から、売り買いとも見送られ、小幅に反落して終了
 「日本株は米国株次第…」なんて書きました。昨日のニューヨークダウの終日値幅は77ドルでしたが、今日の日経平均のレンジは98円…。こんなところまで真似することはないと思いますが、まだ、主導権を握っているのが海外投資家ですから仕方がないのかもしれません。日本の個人金融資産の1%が株式市場に向かうだけで16兆円の国内資金が入ってくることになるんですから、海外投資家の勝手にはできなくなると思うのですが…。まあ、あれこれ心配ごとが多い日本人としては、銀行に預けておくのがベストと思っているんでしょうね。

 それにしても、東証1部全銘柄のPERは15.77倍で益回りは6.3%…で、債券利回りを上回っています。また、配当利回りは1.66%で、ただみたいな銀行預金の利回りも大きく上回っています。米国民から見たら、なぜ株式に資金を移さないのか不思議なんじゃないでしょうか。おまけに、実質金利はマイナスに転じていますから、デフレ時代と異なり、現金や預金で持つと資金が目減りしていく時代に入っています。いまだに、株は博打みたいな感覚の人が多いんでしょうね。まあ、今の日本株は、海外先物筋やデイトレ投資家が跋扈して、ばくち場みたいになっているところはありますが…。そろそろ、金利裁定などを考え、有利なところに資金を移し替える成熟した資金運用法に変えるやり方を学んだ方がいいと思うのですが。

 このような資金が市場に入り、個人投資家の持ち株比率が高まってくると、海外先物筋に株価操作みたいなことをされなくても済むようになると思います。まあ、個人金融資産の大半を握っている高齢者がリスクを冒したがりませんから、仕方がないのでしょうか。井原西鶴が、死ぬまで家族に大事にしてもらいたかったら、死に金を残せ…なんて言っていましたが、リスクマネーが増えないのも、この辺りと関係しているんでしょうか。金融の常識から考えると、実質金利がマイナスになれば、設備投資や株式投資などに資金が循環し始めるはずなのですが、何が邪魔をしているのでしょうかね。
まあ、そのうち、物価が本格上昇を始めたら、嫌でも、お金があぶりだされ、資産インフレ的な動きがつよまってくるはずです。

 さて、本日の日本株は、米国の動きを映し、小動きに推移しました。朝方は、中国の冴えない景気指標やECBの追加緩和思惑により円が強含みで推移したことを嫌気。さらに、今晩、米国で雇用統計の発表を控えていることから警戒的な気分を強め、朝方から売りが先行。日経平均は、前日比66円安の1万5005円と、CME終値を下回って始まってきました。週末控えであることや、雇用統計結果次第では、相場環境が大きく変化する可能性があることから、新規のポジションを作る動きはなく、前場中は前日比マイナス圏でのさえない動きになりました。昼休み中に、先物に買い仕掛け的な動きがあったことから、一時、小幅にプラス圏に浮上する場面がありましたが、先行きへの警戒感は解けず、引けにかけたは、再びマイナス圏の推移となり、結局、日経平均は8円11銭安の1万5063円77銭と3日ぶりに反落、TOPIXは0.88ポイント安の1215.89ポイントと、実に10立会日ぶりに反落して終わりました。出来高は、17億443万株と今年2番目の薄商い。売買代金は、1兆5663億円と今年最低になりました。騰落状況は、値上り769、値下がり890。

 今日の引け値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは9勝3敗と警戒ゾーン。RSIは前日の56%から74%に急伸。警戒ゾーンの80%に近づいてきました。25日線かい離は+2.1%。騰落レシオは107%に上昇しています。昨日、指数的には目標達成感が出ているとしましたが、やはり、今日は伸び悩みました。また、テクニカルな指数の方も追いつき、警戒ゾーンに接近してきました。まあ、今晩の米国株次第ですが、米株が上げれば、警戒感を引きずっても指数は上昇するんでしょうね。ただ、この2~3日の動きを見ると、TOPIXの上げを受けてかさ上げしていた小型株の下落がきつくなっています。米国では、金融引き締め観測が強まって以来、リスク許容度が低下。思惑で買い上げられ割高になっていたハイテク株の下落がきつくなっています。今日の日本株でも同様な動きがでており、最近高値を取った銘柄の下げがきつくなっています。今晩の雇用統計結果で、引き締めの前倒し観測が出るようだと、日本株も影響を受けるかもしれませんので、今晩の米国株の動きには注意が必要かもしれません。まあ、昨日も流れは主力内需へ…としましたが、今日の動きは、想定通りの動きでした。来週見通しや注目株は日曜日発信のレポートで解説します。
 予想通り三井造船が年初来高値に近づいてきましたね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ