大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



冴えない景気指標やウクライナの緊張増幅から下落するも、ハイテク株反発や個別の予想を上回る業績が好感され、続伸して終了
 おはようございます。 昨日は急用で終日外出していましたので書き込みができませんでした。悪しからず。

 さて、昨日の日本株は、米株高を受けて反発してスタートしましたが、円相場がこう着感を強めるなか方向性を欠く展開となりました。昼にかけ、一時、先物買いが入り買い仕掛けするような動きがみられ、日経平均はこの日の高値1万4096円(前日比186円高)をつける場面もありましたが、通貨供給量の伸びの鈍化を嫌気し中国株が下落幅を拡大するにつれ引けにかけ上げ幅を縮小。結局、日経平均は86円65銭高の1万3996円81銭と反発したものの、寄り値を下回って終了。TOPIXは3.33ポイント高の1136.09ポイントと8日ぶりに反発して終わりました。企業決算発表や地政学要因から海外投資家の動きが停滞し、出来高は前日比横ばいの17億4982万株。売買代金は1兆5692億円とやや減少。ボリューム面からは、模様眺めの展開が続いています。

 この日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(TOPIX同じ)と変わらず。RSIは37%と強含み横ばい。25日線かい離は-4.0%と小幅に縮小。騰落レシオは80%と、前日から上昇。まだまだ、指数的には買いサインは出してくれませんね。今週は底値模索の動きとなるものの、短期テクニカル指標が出そろうまで待ちたい…としましたが、ほぼ沿い亭通りの展開になっています。物色業種を見ても、出遅れを買ってお茶を濁している程度で、腰を入れた買いは入っていないようです。まあ、年初来、イベントドリブン型のヘッジファンドが(見込みもない)日銀緩和を目当てに、勝手にポジションを積み上げ、予想通り見送られて、ポジションを解消。裁定解消売りから、1万4000円前後に追い込まれるという、馬鹿な動きを繰り返してきました。まともな投資家は、また、月末の日銀会合へ向け、同じことを繰り返してくるんではないか…と警戒感を強め、手が出せない…というのが本音のところでしょう。とにかく、海外先物筋やデイトレーダーなど目先張りの投資家が主導権を握るのではなく、中長期投資家が、じっくり日本経済のファンダメンタルを評価できるまともな市場に変えない限りは、証券市場の未来はないのではないでしょうか。どうも、取引所のやっていることは、世界のたちの悪い投資家を集めてきて、日本株で博打をやらせているようにしか思えないのですが。最近の動きを見ると、甘い汁が吸えなくなって、日本から「さよなら」を決め込む筋も増えてきたようですね。
 でも相場というのは「満つれば欠ける」ものの、いずれ「欠ければ満ちてくるもの」…。今は日柄待ち…の段階。

 15日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万6262ドル56セント +89ドル32セント(0.55%)

 NASDAQ総合指数 4034.16ポイント +11.47ポイント(0.20%)

 S&P500 1842.98ポイント +12.37ポイント(0.68%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4110円 +80円

 米国10年物国債金利 2.6280% -0.0110%

 ニューヨーク原油 103.75ドル -0.30ドル

 GOLD 1300.3ドル -27.20ドル

 ドルインデックス 79.8 +0.04


 昨日の米国株は、朝方発表されたコカコーラやジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J)の決算が予想を上回ったことを好感。小幅に続伸してスタートしました。寄り後にニューヨーク州製造業景況指数などさえない指標が発表されたものの、好決算銘柄を中心に買われプラス圏を維持していました。しかし、ウクライナ政府が親ロシア派勢力が占拠するドネツク議会に軍隊を派兵。強制排除に乗り出したことが伝えられると、急速に売りが拡大。この日発表されたさえない景気指標も改めてイヤケされ下落幅を拡大。昼過ぎに、ニューヨークダウは、この日の安値1万6063ドル(110ドル安)をつける場面もありました。ただ、朝方から売られていたNASDAQ市場のハイテク株に切り返すものが出てくると、次第に決算発表への期待が高まり、下落分を回復。引け近くには、この日の高値1万6272ドル(同99ドル高)をつける場面もありました。結局、主力3指数とも続伸して終わりましたが、一部割高銘柄への売りが続くNASDAQ市場の上値の重さが目立ちました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比9777万株増の7億8866万株。騰落状況は、値上り1906、値下がり1213。VIX指数は、3.1%下げ15.61に低下しています。

 ダウ30種は、値上り23、値下がり7。売り上げが予想を上回ったコカコーラが3.74%上昇。利益が予想を上回り、今期見通しを引き上げたことが好感されJ&Jが2.12%上昇。マイクロソフトが1.45%上げるなど、7銘柄が1%超えの上げになり、指数の上げに寄与しました。業種別は、家電、タイヤ、ソフトドリンク、人材派遣、ビールなどが上昇。金鉱山、ギャンブル、鉱山、非鉄、携帯電話などが下落。
 NYダウは、続伸。50日線、75日線を回復してきました。依然、上昇トレンドは維持しているものの、25日線が下落しながら迫っており、この方向を変えるような上げができるかがポイントに…。しばらく横ばいか。質への逃避から主力株への資金移動が続くNASDAQは200日線を意識して下げ止まる動きがあるものの、依然、弱弱しい動き。

 米国株は続伸。円は、ウクライナ情勢の緊張を受けてドル、円が買われたものの、米金利低下から対ドルは101円80仙台と横ばい、対ユーロは140円70銭台に上昇。CME日経平均先物は、国内先物終値比80円高の1万4110円で帰ってきました。レンジは、1万3900円~1万4175円。本日の日本株は、米国株の上げを受け、CME終値にさや寄せし強含みで推移しそうです。引け後に発表された、インテルの利益が予想を上回り、夜間取引の米株が続伸していることから、日本kも堅調な展開が予想されます。ただ、為替がこう着状態に入っていることから、引き続き方向感のない展開で、決算の増額修正など好材料が出た銘柄が個別に買われるか、出遅れ業種が日替わり的に買われるか、引き続き方向感のない展開に…。月末の日銀解会合に向けた先物筋の動き次第…か。日柄待ち。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ