大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



雇用統計の発表待ちで見送り気分が強いなか、まだら模様の景気指標に反応し神経質な動きを繰り返した後、高安まちまちで終了
 おはようございます。 今日は立春から数えて「八十八夜」。農業では、種まきに適する季節とされます。田んぼでは、田起こしや水張りの準備をする動きも始まっています。季節はだんだん活動的になってきました。安倍首相は、ロンドンのシティで日本経済について強気のビジョンを語っています。「経済のことを忘れてはいないよ…」と、市場にメッセージを送っているのでしょう。5日の「立夏」から、暦の上では夏に入ります。夏のエネルギーは株式市場にとって上げを促します。株式市場にとっても、文字通り種まきの季節となるか…?

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万6558ドル87セント -21ドル97セント(0.13%)

 NASDAQ総合指数 4127.45ポイント +12.90%(0.31%)

 S&P500 1883.68ポイント -0.27ポイント(0.01%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4455円 -35円

 米国10年物国債金利 2.61% -0.04%

 ニューヨーク原油 99.43ドル -0.32ドル

 GOLD 1283.4ドル -12.5ドル

 ドルインデックス 79.52 +0.01


 昨日の米国株は、週末に雇用統計の発表を控え、模様眺め気分が強く、この日発表された景気指標に個別に反応する神経質な展開になりました。朝方は、新規失業保険申請件数が予想を上回る増加になったことが嫌気されたほか、前日、引け値ベースで最高値を更新していたことから利食い売りが先行。反落スタートになりました。その後発表された個人消費支出が4年半ぶりの伸びになると、押し目買いが増加。寄り後まもなく、ニューヨークダウはこの日の高値1万6604ドル(前日比24ドル高)を付けていました。その後、建設支出が予想を下回ると、再び利食い売りに押され、この日の安値1万6525ドル(同55ドル安)をつけるという、短時間に荒い値動きをしています。その後、4月のISM製造業景況指数が、予想、前月水準をともに上回ると、これを好感した買いが増加。

 昼近くには、再度、この日の高値付近まで値を戻したものの、引けにかけ再び利食いに押されこの日の安値圏に沈むなど、神経質な動きを繰り返した後、ニューヨークダウとS&P500は小反落、一部モメンタム系ハイテク株が買い戻されたことからNASDAQ総合指数は3日続伸して終わりました。荒い値動きになったものの、NYダウの終日値幅は79ドルと小幅なレンジの動きにとどまりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比2億154万株減の7億709万株。騰落状況は、値上がり1793、値下がり1346(NASDAQは値上がり1260、値下がり1361)。VIX指数は前日から1.2%下げ、13.25に低下。

 ダウ30種は、値上り7、値下がり23。大衆薬部門売却が思惑されるメルクが1.81%上昇、VISA、3M、ベライゾンが各1%超えの上げ。一方、IBMが1.5%下落したほか、ユナイテッドテクノロジー1.29%、マイクロソフト0.99%、インテル0.9%などハイテク系企業の弱さが目立ちました。業種別は、海運、不動産投資サービス、携帯電話、職業訓練、住宅建設などが上昇。金鉱山、貴金属、家電、紙パルプ、鉄道、個人用品などが下落。
 NYダウは4日ぶりに小反落。前日引け値ベースの高値を更新したことから、セオリー通りの利食い売りの動き。ただ、終日値幅は80ドル弱と小幅なレンジにとどまっており、引き続き強気の動きが続いています。NASDAQ総合指数は、懸念された25日線上にでてきたものの、52週安値銘柄数が70と多く、まだ、方向感はつかめていないようです。

 米国株は高安まちまち。円は、強い米経済指標を受けドルが強含んだことから対ドルは102円30銭台、対ユーロも141円80銭台に小幅に軟化。CME日経平均先物は、国内先物終値(1万4490円)を35円下回る1万4455円で帰ってきました。レンジは1万4295円~1万4495円。日本市場が4連休を控えており出来高は1万8211枚に急減していました。本日の日本株は、今晩、米雇用統計の発表を控えているほか、明日から4連休になることから、頭の重い展開になりそうです。今日は注目されるような主力企業の決算発表もなく、手掛かり材料難となり、後場からは、ヘッジ売りなどから軟調な展開も予想されますが、一方で、連休明けの強気相場を期待したポジション作りも予想されます。今日は、夏相場の方向性を占う大事な日になるかもしれません。引き続き、前期増額修正、今季連続増益銘柄の待ち伏せ買い方針。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ