大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



欧州株高、失業保険申請の減少などを好感して続伸するも、モメンタム株の下落やウクライナ懸念から、高安まちまちで終了
 おはようございます。 一昨日は法隆寺界隈のサイクリング、昨日は町内の古墳や長屋王陵などを見て回りましたが、さすがに疲れ、早々に寝てしまいました。まあ、想定通り反発した安堵感もあったのでしょうが…。ということで、昨日は書き込みができませんでした。冒頭に簡単にまとめておきます。

 昨日の日経平均は、130円78銭高の1万4163円78銭、TOPIXは8.0ポイント高の1160.01ポイントと、ともに反発。レンジ下限割れを懸念し、出来高は17億8572万株、売買代金は1兆8294億円と、前日から減少。騰落状況は、値上り1103、値下がり559。日経平均は、米株高を受け反発スタートも、寄りは1万4136円(前日比103円高)とCME日経平均先物終値(1万4210円)を下回っています。前日の先物売りの買戻しなどから前場中は寄り値付近で小動きに推移。中国の輸出入がともに増加したことを受け、後場から急伸し、前日比221円高する場面がありましたが、オプションSQの清算値を意識した思惑的な先物売りから引けにかけ上げ幅を圧縮。結局、寄り値から見たら、小幅な陽線で終わりました。前日に続き、先物リードの展開になっています。

 この日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗と上昇、TOPIXは7勝5敗で変わらず。RSIは前日の53%から54%に小幅上昇。25日線かい離は-2.0%に縮小。騰落レシオは86%から84%に低下。数値は方向感のない動き。内外の為替、先物の動きから小規模の日銀トレードがあった可能性を示唆しましたが、急落後の動きは、過去の日銀トレード後の動きと酷似しており、同様に反発に迎えるかどうかが注目されます。このところ、CME日経平均先物の出来高が増加しているのが気になります。(今期予想の伸び悩み、タイ情勢、尖閣懸念…)

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ 1万6550ドル97セント +32ドル43セント(0.20%)

 NASDAQ総合指数 4051.50ポイント -16.16ポイント(0.40%)

 S&P500 1875.63ポイント -2.53ポイント(0.14%)

 CME日経平均先物(円建て) 1万4095円 -45円

 米国10年物国債金利 2.6020% +0.0120%

 ニューヨーク原油 100.26ドル -0.50ドル

 GOLD 1287.70ドル -1.2ドル

 ドルインデックス 79.44 +0.21


 昨日の米国株は、ECB(欧州中央銀行)の追加緩和が6月にも実施されるとの思惑から欧州株が上昇した流れを受け、買いが先行。続伸してスタートしました。この日発表された新規失業保険申請件数が予想を下回ったことも好感され、次第に上げ幅を拡大。昼前に、ニューヨークダウはこの日の高値1万6622ドル(前日比104ドル高)をつける場面もありました。しかし、史上最高値に近くづくと次第に売り物が増加。前日、決算を発表した電気自動車ベンチャーのテスラモーターが、利益が予想に届かなかったとして売られると、NASDAQ市場のモメンタム株が売られ始め、また、ウクライナ東部の自治国が、予定通り11日に独立を問う住民投票を実施する、としたこともイヤケされ、急速に値を崩し、一時、前日比16ドル安まで下落する場面もありました。引けにかけては、やや、買い戻されたものの結局、NYダウは軸心したものの、S&P500は反落。NASDAQ総合指数は3日続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比7116万株減の6億9437万株。騰落状況は、値上り1324、値下がり1809。VIX指数は0.225上げ13.43に小幅上昇。

 ダウ30種は、値上り18、値下がり12。ATTが1.79%、ディズニーが1.635GSが1.21%上げるなど5銘柄が1%超えの上げとなり、指数の上げに寄与。指数寄与度の大きいVISAが1%超え上げたことが効いたようです。一方、メルクが1.81%下落、ユナイテッドヘルスが1.31%それぞれ下落していました。業種別は、ビール、生保、アパレル小売、固定電話サービス、通信などが上昇。ギャンブル、石油探査、旅行代理業、タイヤ、家電などが下落。
 NYダウは、ここ半年近く1万6600ドル付近を頭にするペナント型の持合いパターンを形成しています。上値の重さが目立ちますが、1月第3週に付けた週足長大陰線の呪縛から抜けられない格好です。決算発表は当初から見ると上方修正されていますが、モメンタム株の下落に歯止めがかからないことが、嫌気されているようです。ただ、下値は切りあがっており、買い圧力は強まっているようです。きっかけ待ち…?
 NASDAQ総合指数は、下落する25日線の下落圧力を受けたまま。この日も52週安値を切る銘柄は132と高水準を維持しており、割高感の修正が続いています。目先は、底値模索の動き…。

 米国株は高安まちまち。円は、ECBの追加緩和が6月にも行われそうなことから、ユーロが対ドルで売られた影響で、対ドルは101円60銭台に上昇。対ユーロは140円60銭台に1円以上の円高になっています。CME日経平均先物は、円高を嫌気し、国内先物終値(1万4140円)を45円下回る1万4095円で帰ってきました。レンジは、1万4060円~1万4250円。海外投機筋の中に、S&P500と為替、CME日経平均先物で商品間裁定を組んでいるところがあるといわれ、このところの出来高の増加は、S&P500が軟調になるとみた投機筋が、売り仕掛けを行っている可能性も…。本日の、日本株は、オプション決済にともなう現物株の売りが、どのくらいあるかでスタートが決まりそうです。週末控えであるほか、休日中にウクライナ都市での儒民投票があることから、見送り気分が強まるなか頭の重い展開になりそうです。投機筋も、ポジションを持ったまま、越週できず、引けでは落ち着いた動きになるのかもしれません。引き続き、好業績株の待ち伏せ作戦で…。このところ、トプコン、ハピネット、ゼリア新薬、小松ウォール工業、名村造船、メイテックと先回り買いが成果を上げています。昨日は、このところ、毎週、取り上げてきた東洋シャッターが前期業績の増額修正を発表。前期経常利益は、7億円から11億4700万円に、EPSは65円45銭から99円11銭に大幅に修正されてきました。薄商い銘柄なので、時間をかけて仕込めるようにしましたが、果たして、どんな動きになるか…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ