大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



米株高や円安など好外部環境にくわえ、予想を上回る主力企業決算、複数の大型M&Aの思惑が支えとなり、急反発して終了
 来週21日は5月度の日銀金融政策決定会合です。昨日の4月景気ウォッチャー調査は、現況が東日本大震災時に次ぐ、大幅な落ち込みになりましたが、先行きは過去最大の伸びになり、安心感から今日の上げにつながったようです。まあ、相対的に「先は心配ないよ…」という楽観的な意見が多いようですが、決算発表の経営者の見方とは、違う内容になっているようです。そこで、今日の上昇です。レポートでも今週から順風が吹いてくるのでは…としましたが、今日の値上り業種を見ると、不動産、証券、その他金融、銀行、生保など…。いつか見た風景ですね。

 レポートでは、シカゴIMM通貨先物市場の円売り越しポジションが、4月29日現在の7万352枚から、5月6日現在の6万728枚に、1週間で1万枚近く減少(円買戻しがあった…)したことから、やはり4月30日の日銀会合へ向け、「株先物買い・円売り」の日銀トレードがあった可能性があることを指摘しました。ただ、同時に円売り越し残高の6万枚は、これまで相場が転換するターニングポイントになってきたことから、再び、円売りが増加するのでは…とも予想しておきました。やはり、今週に入ってジワリと円安が始まってきました。その一方、先物の手口をみると、5月初めにかけて、日経平均型は売り越しになっていたのに、TOPIX型は637億円と大幅な買い越し。今日も、日経平均型と同時にTOPIX型を買い越す外資系証券が多く、もしかしたら、来週の日銀会合へ向け「日銀トレード」の積み増しが始まっているのかもしれません。6月にメジャーSQが待っていますので、これまでみたいに、会合が期待外れに終わってもポジション解消することはないと思いますが、シカゴIMMの動きやTOPIX型先物の手口には注意しておいた方がよさそうですね。

 さて、昨日の米国市場では、ニューヨークダウが史上最高値を更新。長期金利が上昇したことから、円も102円台に軟化。これを好感し本日の日本株は買い先行でスタート。CME日経平均先物が国内終値(1万4170円)を155円上回る1万4325円で帰ってきたことから、これにさや寄せする先物買いが入り、日経平均は前日比218円高の1万4367円と急反発。CME終値を上回って始まりました。前日、三井不動産が7期ぶりに最高益を更新したことから不動産株が買われたほか、TOPIX型先物との裁定から証券や生保、その他金融、自動車株などが幅広く買われました。また、三菱ケミカルによる太陽日酸の買収、三越伊勢丹による成城石井買収思惑など、大型M&A案件がでたことも、買い人気をあおり、上げ幅を拡大。一時、予想を下回る中国の景気指標を受け、前引けにあっけ、上げ幅を縮める場面もありました。

 しかし、先物への買い圧力が強く、後場にはいると、再度、上げ幅を拡大。日経平均は後場半ばに、この日の高値1万4464円(前日比315円高)をつけています。中国市場が上げから下落に転じたことから、引けにかけやや上げ幅を縮めたものの、結局、日経乎平均は275円92銭高の1万4425円44銭、TOPIXは20.44ポイント高の1178.35ポイントと、ともに急反発して終わりました。出来高は、前日から約1億5000万株増の19億9967万株、売買代金は1900億円増の1兆7990万株。上げ幅にボリュームが伴っていません。騰落状況は値上がり1367、値下がり337。日経平均VI指数は一時昨年10月以来の20ポイント割れ(19.80)をつけた後、20.24で終了。変動率の上昇を意識した先物筋の仕掛けが入ったようです。

 本日の引け値での日経平均サイコロは7勝5敗、TOPIXは8勝4敗にそれぞれ上昇。RSIは前日の41%から47%に上昇。25日線かい離は+0.4%となり、25日線の上に出てきました。騰落レシオは、前日の81%から84%に上昇。誌巣的には問題はありませんが、ここからは、胸突き八丁…。25日線の対応点から見て、下落が続きますので、この圧力をしのげるか…。また、4月中旬にかけての戻りの頭を押さえた13週移動平均線と52週線が、それぞれ1万4500円を抜けたところにあり、テクニカル的には、戻りいっぱいになるところ…。やはり、先物筋や6月SQへ向けた裁定筋の買い残積み上げの動きに期待したいところですが、昨日も書いたように、高速売買システムが邪魔をして買い残も十分に積み上げられない状態…。やはり、米国株が一段高するのが、一番いいい刺激剤になるようです。今日の主力株の決算も相変わらず、弱気が多いようですが、今後、アナリストがどのような見通しを出してくるかがカギになります。残るは、14日の387社、15日の325社…。そろそろ決算発表終了後のストーリーを考えるときに来ています。目先の指数の壁は、先物筋に頑張って突破してもらいましょう。

 今日は、やまびこが値上がりトップでした。また、メイテックとともに注目してきたテンプホールディングスが発表した今期最終利益は、コンセンサスを104億円を上回る120億円になったようです。また、いまのところGLOBEX市場の米国株は小幅高、日経平均は国内終値の1万4430円付近での動きになっています。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ