大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



米株高や円相場の安定、アジア株高を好感し、5日続伸して終了…かさ上げ相場が始まった?
 強い動きが続いています。わずか1週間前に1万4000円大台割れでビビッていたとは、とても思えないような相場つきです。
日本株がPERや配当利回りで断トツの割安感状態にありながら、ファンダメンタルは無視して、日銀の追加緩和やアベノミクス第3の矢など、市場外要因にうつつを抜かしていた結果がこれです。冷静に見れば、日本企業の経営の最大の障害になっていた為替(輸出企業の、毎期ごとのj為替差損の計上)とデフレ(同じく不動産や有価証券の評価損)から解放されただけでも、日本企業の評価が上がってもいいはずですが…。

 日本経済への海外投資家の評価が低く(ほかに、有利な投資対象国があるため)、世界の経済に占める日本のGDPの比率や株式市場の時価総額シェア分だけ買っておけば良いという考え方なんでしょう。そのため、米国株が上がれば、日本株買いが来るものの、米株が下がったり、日本株が上がりすぎると、ポートフォリオ内の日本株のシェアが上がり、自動的に売り物が出てくる、という状態で、結果的に狭いレンジの動きになってしまうということが続いています。 もっと、国内の投資家が自信をもって自国の株を買えば問題ないのですが、あれこれ買わない理由を探して、動かないのが実態のようですね。もっと、円高⇒円相場の安定、デフレ⇒インフレという、根本的な変化に注目すればいいのに…と思うのですが。

 さて、以前から日本株の立ちなお売りについて、まず指数の上げが条件とし、裁定買いの増加がカギになる…としてきましたが、先週の日経平均は週刊で366円(2.6%)上昇、TOPIXの1.84%上げを上回りました。今日発表された裁定取引(19日~23日売買分)の買い残は、前週から1500億円増加。指数の上げが裁定買いにリードされたことがわかります。6月13日(金曜日)のメジャーSQに向け裁定買い残を積み上げてくる可能性があると書いてきましたが、どうやら予想通りの展開になってきたようです。指数が、上げに転じたことから、買い安心感が生まれ、物色範囲が広がっている、とういうのが今の状態なのでしょう。相場が変化するときに、いつも動いてくる欧州系証券が、前週の裁定買いではトップになっており、他の短期筋が提灯をつけ始めるかもしれません。思惑通り買い残を積み上げてくれたら、早い時期に大台の声を聴くこともできるかも…。

 本日の日経平均は、朝方予想したように、200日移動平均線を挟んだ109円幅の狭いレンジの動きとなり、日経平均は前日比34円43銭高の1万4670円95銭、TOPIXは3.06ポイント高の1198.17ポイントと、ともに5日続伸。出来高は、前日と変わらずの19億8317万株、売買代金も1兆7898億円と800億円程度の増加。まだまだ、新規資金が入ってきているとは言えないようです。騰落状況は、値上り993、値下がり661。農林・水産、建設、保険、金属など出遅れ業種や投資判断の引き上げがあったもの(建設)など21業種が上昇。三井不動産の新株発行が嫌気された不動産、海運、石油、鉄鋼など12業種が下落。

 今日の引け値での日経平均サイコロは7勝5敗、TOPIXは8勝4敗と、ともに前日から上昇。RSIは66%で2ポイントの低下。25日線かい離は+2.3%とプラスかい離が拡大。騰落レシオは105%で、前日から2ポイントの低下。モメンタムは上昇中。レポートでは、計算上の上げの第5ポイント1万4860円と、4月初旬の週足長大陰線の入り口付近(1万4881円)を目指す展開としましたが、想定通りのコースを歩んでいます。あまり指数にこだわるつもりはありませんが、全体がかさ上げするには、人為的であれ、指数の上げが必要。今日あたりは二けた銘柄や、100円台、200円台の低位株が増えてきました。まあ、指数がしっかりしている間は、循環的なかさ上げが続くことになるんでしょう。ただ、基本はあくまでも業績とテーマ。
今日もレポートから、大成建設、カルビー、トプコン、タカラトミーが高値を更新してきましたが、前期からの変化率、コンセンサスと会社予想のかい離などを考えると、しばらくはエスカレーター相場が続きます。まだほかにも、高値に近付いているものも多いようです。新値更新後に一服しているものでPERから見て10倍以下のものは、まだまだ押し目買いで行けそうです。 いまのところ、欧州株は全面高、GLOBEX市場の米国株は小幅上昇、日経平均は国内終値(1万4680円)レベル…というところ。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ