FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



世銀の世界成長率見通しの下方修正を嫌気。高値警戒の投資家の見切り売りからNYダウは6日ぶりに反落して終了
 おはようございます。 
 11日の米国市場動向
 ニューヨークダウ    1万6843ドル88セント  -102ドル04セント(0.60%)
 NASDAQ総合指数   4331.93ポイント     -6.07ポイント(0.14%)
 S&P500          1943.89ポイント     -6.90ポイント(0.35%)      
 CME日経平均先物   1万4945円        -115円
 10年もの国債金利   2.6400%         +0.05%
 ニューヨーク原油    104.40ドル        +0.05ドル
 GOLD           1261.20ドル       +1.1ドル
 ドルインデックス     80.77           -0.03 


 昨日の米国株は、世界銀行が世界の成長率見通しを引き下げたことを嫌気し欧州株が全面安になった流れを受け、売りが先行。反落してスタートしました。もともと高値警戒感が強かったところに、世界的な成長減速懸念が出たことが、売りのきっかけを与えた格好になり、安寄り後も売りが持続。終日下げる展開になりました。また、共和党のバージニア州予備選で同党ナンバー2の実力者カンター下院院内総務が、保守団体「茶会党」系候補に敗けたことから、政治的な混乱を懸念。(同団体系議員が反対している)輸出入銀行の低利融資支援を受けているボーイングが売られています。
 ただ、売り急ぐような動きはなく、NYダウは昼過ぎに、この日の安値1万6821ドル(前日比124ドル安)をつけたあとは、下落幅を縮小していました。有力半導体企業マイクロンテクノロジーへの投資判断上げなどから、NASDAQ市場のハイテク株が堅調で引けにかけ、急速に戻したことが支えになったようです。結局、主力3指数とも下落しましたが、指数間で下落率に格差が出ていました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比2497万株減の5億3069万株。騰落状況は、値上り1169、値下がり1941。VIX指数は、5.56%上げ11.60に上昇。

 ダウ30種は、値上り4、値下がり26。メルク(+0.55%)、エクソン(+0.48%)、ユナイテッドヘルス(0.45%)、シスコシステムズ(0.16%)が上昇。一方で、共和党予備選の混乱を受けたボーイングが2.3%下落。ナイキ(-1.53%)、ホームデポ(-1.15%)、IBM(-1.11%)など6銘柄が1%超えの下落になりました。指数寄与度の大きい値嵩株の下げが、NYダウの下落率の拡大につながったようです。業種別はビール、貴金属、半導体・同製造装置、金山、ギャンブルなどが上昇。空運、タイヤ、住宅建設、重工、輸送サービスなどが下落。
 NYダウは6立会日ぶりに反落。RSIや50日線とのかい離、サイコロの警戒ゾーン入りなどテクニカル指標が警戒ゾーン入りしていましたから、想定内の下落といえそうです。当面、5月13日の高値付近への調整で25日線とのかい離修正を行うことになりそうですが、最近の高値を結ぶ下値支持線を意識している動きもあり、このライン付近で値固めする動きも想定しておいた方がよさそうです。長期金利の動きが、次の焦点に…。

 米国株は反落。FRBの引き締め着手時期が後退する予想が強まる反面、日銀の追加緩和見送り予想から、ドルが売られ、円の対ドル相場は101円90銭台に上昇。同様に金利差が意識され対ユーロも137円90銭台に上昇。CME日経平均先物は、米株安、円高を嫌気し、国内先物終値(1万5060円)を115円下回る1万4945円で帰ってきました。レンジは1万4900円~1万5075円。本日の日本株は、CME終値にさや寄せする先物売りが先行。下落スタートになりそうです。明日のメジャーSQを控え、オプション筋の先物を使った思惑売買が波乱要因になりそうです。ただ、指数の大崩れは、予想しづらく、引き続き、かさ上げと財務の裏付けのある個別株中心の流れに…。今日の日経株式欄のスクランブルの記事は、これからの流れをよく表していると思われます。海外で買いが続三井物産などく商社株…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ