大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



成長戦略発表による材料出尽くしへの警戒感から売られたものの、ウクライナの緊張一服を好感した買いに、小幅高で終了
 今日の6時半、閣議決定を経て安倍首相が「成長戦略」を発表します。市場の方は、昨年6月には安倍総理が成長戦略について語るたび、株価が下落したことが記憶にあり、材料出尽くしで売られるのではないか…と戦々恐々の状態になっているようです。ただ、今日発表された日経平均先物の残高を見ても、売り買いkとも突出した残高はなく、先物筋の日本株への関心が薄れていることがわかります。彼らが関心があるのは、もっぱら、金融緩和や財政支出などカンフル効果のある対策。年初来、追加緩和を期待して何度も仕掛けてきましたが、物価は日銀が意図する2%へ向けて順調に上昇。追加緩和の必要性は大きく後退。今では、追加緩和はないのでは…というのが短期筋の見方になってきました。短期的に相場を変動させる政策がない以上、彼らにとって、日本株は関心の対象外ということでしょう。

 今日は、成長戦略は、前回のカンフル剤とことなり、じわじわ薬効を発揮する漢方薬みたいなもの。今後、数年をかけて日本経済の構造を変え、国際競争力を復活させようとするもので、答えがでるには時間がかかります。ヘッジファンドなどの短期投資家は、何年か先に日本が良くなろうがどうが知ったことではないということでしょう。しかし、超長期張りで成長の果実をとる年金などの資金にとっては、成長戦略の中身は非常に重要。最近の証券関係者への海外投資家の関心は、成長戦略への評価に集まっているといいます。ここ、2週間、海外投資家の買いが増えていますが、この間、為替の変動は伴っておらず、おそらく、海外中長期投資家の将来を見越しての買いだとみてもいいでしょう。実際、現物が1412億円の買い越しになった週(9日~13日)は、日経平均先物は約1000億円の売り越しでした。

 まあ、成長戦力への評価については、短期筋と中長期投資家とでは全く意見が異なることをわかって、活字を追っていかないと、大きな間違いを犯すことになるかもしれませんね。日本のマスコミは安倍首相のことを、ぼろくそに書きます。
海外で首相のことを批判した記事があれば、すぐにそれを載せますが、手段的安全保障や日本の政局を安定させた手腕、アジアの安定へ向けての行動など、海外の政局トップの間では、高い評価をもらっていることや称賛している記事は一向に伝わってきません。今の日本のマスゴミは、真実を伝えていないことや、伝えるべきことをつたえていないということを分かったうえで、記事を読む必要がありそうです。

 さて、本日の日本株は、欧米株が弱含みに推移したことや、本日成長戦略が発表されることから、材料出尽くしを警戒した、売りが先行。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りが増加。裁定解消売りから安寄り後も下げ幅を拡大。寄り後まもなく、日経平均は、この日の安値1万5252円(前日比117円安)をつけています。前場中はマイナス圏の動きを続けましたが、昼休み中にウクライナ東部で一時停戦が合意されたことが伝わると、アジア市場が上昇。これにつられる格好で、後場から先物先行で上昇。一気にプラス圏に浮上し、後場寄り後まもなく、この日の高値1万5424円(同55円高)をつけています。引けにかけては、首相会見をみたいというムードから小動きとなり、結局、日経平均は6円96銭高の1万5376円24銭と続伸。TOPIXは、1.02ポイント上げ1268.50ポイントと反発。出来高は、20億1359万株、売買代金は1兆8650億円。騰落状況は、値上り1127、値下がり529。

 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗に上昇。TOPIXは変わらず。RSIは1ポイント低下し63%、25日線かい離は3.0%に縮小。指数系に大きな変化はありませんでした。騰落レシオは、5ポイント上昇し164%と、とうとう、一昨年12月の数字に並びました。これ以上の数字は過去20年間ありませんでしたので、そろそろかさ上げ相場から、テーマに沿ったながれに変化するのかもしれません。
 まあ、強い相場です。4月初旬高値までの調整を想定していましたが、3月高値付近のもみあいに移ろうとしています。このところ為替離れをしてきていますので、持続的な強さになるかもしれません。とりあえず、安倍首相会見に対する海外市場の反応が気になるところです。中長期投資家主導の相場ですから、指数はじっくり上昇するものの、買い余力を抱得た個人投資家は、健在ですから、引き続き循環的なかさ上げを続けていくことになりそうです。とにかく、大きな調整が入って物色対象が変わらない限り、相場の流れは変わりません。引き続き、株主還元余地の大きい企業や景気の追い風を受け、増額修正余地の大きい企業の押し目を買うというエスカレーター相場の流れは変わりません。まあ、なんでも上がっていますから、銘柄解説は良いですね…。次は、上げの第6ポイント1万5619円付近がターゲット。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ