大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



米株高や円安を好感して続伸して終了。LINE関連、サラ金金利規制緩和関連などテーマ株の循環外が継続。
 日銀金融政策決定会合は、事前予想通り政策据え置きに決まりました。引け後に行われた黒田総裁の記者会見も、物価目標達成に自信を見せ、市場の追加緩和期待は、ますます遠退くことになりました。まあ、あえて取り上げれば、「物価が1%を下回ることはない」と繰り返しており、もし1%を割り込むようなことがあれば、何らかの政策変更が行われるものと考えられます。今後、物価上昇1%割れが追加緩和の発動ラインととらえられてくるかもしれません。まあ、市場の方は政策の現状維持は織り込み済みとして、大きな反応は見せなかったようです。

 本日の日本株は、週明けの米国株が大幅続伸したことや円相場の下落を好感し朝方から買いが先行。CME日経平均先物終値(1万5340円)にさや寄せする先物買いに支えられ、日経平均は前日比58円高の1万5354円と、CME終値を上回って始まりました。円安を好感し自動車や機械など外需系が買われたほか、金利規制の緩和期待からサラ金株が上昇するなど幅広く買われ、日経平均は寄り後まもなく、この日高値1万5441円(前日比145円高)をつけています。ただ、1万5500円が関門として意識されていることや、日銀会合を控え上値を追う動きはなく、前引けにかけ頭の重い動きになりました。
 後場に入ると、日銀の政策据え置きを嫌気して、まとまった先物売りがだされ、一時上げ幅を急速に縮める場面もありましたが、昨日同様、買戻しと思われる先物買いから上げ幅を回復。結局、日経平均は前日比98円34銭高の1万5395円16銭、TOPIXは8.22ポイント高の1273.68ポイントと、ともに続伸して終わりました。出来高は、低位材料株がにぎわったkとから20億9293万株、売買代金は1兆7419億円と、ともに前日から増加しています。騰落状況は、値上り1108、値下がり548。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(TOPIX同じ)と前日から上昇。RSIは9ポイント上げ55%に上昇。25日線かい離は+1%と指数系のテクニカル指標はモメンタムの拡大を示しています。手を替え品を変えで循環かさ上げの動きも続いており、騰落レシオも5ポイント上げ116%に上昇。再び警戒ゾーンの120%に近づいてきました。まあ、後場寄りに日銀トレードの手仕舞いがあったようですが、大きく崩れることなく堅調に終わりました。
 欧州市場で、ポルトガルのバンコ・エスピリト・サントが売られ過去最安値を更新。これを嫌気して、欧州株が軟調、GLOBEXの米国株も軟調に推移していますが、いまのところ円相場に影響は出ていないようで、日経平均先物は、1万5360円と小安いところで動いています。まあ、今晩のイエレンFRB議長の上院での議会証言で、どのような政策運営が示されるか…今のところは、この発言次第というところでしょうか。

 材料株と主力株の綱引き状態ですが、今日の日経の証券欄を見ると、何時の間にか日経平均先物の買い残トップに、欧州系証券が出ていました。いつも相場の分岐点で動き、その後に他のヘッジファンドなどの短期筋が提灯をつける仕手みたいなところですが、今日も小幅に買い越しになっています。ここで4日の高値を抜くか、抜かないかで、先行きは大きく異なってくるだけに、この証券会社の動きに期待したいところです。マザーズの騰落レシオの下落が続くなど変化の兆しも出てきています。業績発表が本格化すれば、割高なモメンタム株は何時も痛い目に会っています。そろそろ、資金枠を減らすなどの対策を講じておくところではないでしょうか。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ