大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



好調な企業業績に支えられ堅調推移も、ウクライナ、ロシア国境付近でのマレーシア機撃墜から地政学要因を嫌気し、急反落して終了
 おはようござます。 昨日は体調不良で書き込みができませんでした。ご容赦!
 昨日の日経平均は9円04銭安の1万5370円26銭、TOPIXは0.21ポイント安の1273.38ポイントとともに小幅続落。先物次第の展開…としましたが、朝方は米株高を受け高よりして始まったものの、先物価格が寄り付き後すぐにCMEレンジ(1万5355円~1万5470円)上限に届くと一転して売りに転換。中国株が堅調な景気指標にも関わらず下落したこともイヤケされ、終日下げる展開に。引け近くに先物価格が1万5350円とCMEレンジ下限に届くと、買戻しが入り、やや下落幅を縮めたと言う格好。CMEレンジをなぞる格好で一日に相場が終わった感じです。1万5000円大台接近場面では、押し目買いが入るものの、1万5500円に接近すると、つなぎ売り感覚の先物を使った益出しが行なわれ伸び悩む…という形が定着してきたようです。

 この日の終値での日経平均サイコロは4勝8敗(TOPIX同じ)と、前日から低下。RSIは12ポイント上げ65%に上昇。25日線かい離は+0.7%にやや縮小。騰落レシオは1ポイント上げ112%。指数が方向性を無くし、まちまちの動きになる中、循環かさ上げの動きが依然として続いているという格好。昨日発表された投資主体別売買動向(7日~11日売買分)では、海外お投資家が1563億円の売り越しになりました。先物は日経平均型を中心に870億円の売り越し。また、市場が強気の買いの指針とてきた信託銀行は、現物は約304億円の買い越しになったものの、日経平均型を50億円、TOPIX型は約800億円の売り越しになっていました。TOPIX型の売り越しは3週連続で続いており、国内投資家も1万5500円への接近場面を重要な関門とみていることがわかります。米国市場で日ごとに高値警戒感が強まっており、海外投資家が益出しに動居ていることも頭を重くしているようです。当面は、企業業績など、その日にでる材料で場をつなぐ展開になりそうです。

 17日の米国市場動向
 ニューヨークダウ     1万6976ドル81セント   -161ドル39セント(0.94%)
 NASDAQ総合指数    4363.45ポイント      -62.52ポイント(1.41%)
 S&P500           1958.12ポイント      -23.45ポイント(1.18%)
 CME日経平均先物    1万5255円         -115円
 10年物国債金利      2.4750%          -0.0630%
 ニューヨーク原油     103.19ドル          +1.99ドル
 GOLD            1316.9ドル         +17.1ドル
 ドルインデックス      80.51            -0.02


 昨日の米国株は、朝方発表された住宅着工件数が2か月連続マイナスになったことから売りが先行。小幅反落してスタートしました。ただ、この日、IBMやグーグルなど主要企業の決算発表を控えており、期待感から押し目には買いが入り、寄り後まもなくニューヨークダウはこの日の高値1万7151ドル(前日比13ドル高)をつけ、前日に続きザラバでの最高値を更新しています。その後は、対ロシア制裁強化を嫌気して銀行株が売られるなど、前日引け値を挟んで小動きの展開が続いていました。しかし、午後の立会で、ウクライナ東部のロシア国境付近で民間のマレーシア航空機が撃墜された…との報が伝わると、リスク回避の動きから株を売る動きが強まり、引けにかけ下落幅を拡大していました。結局、主力3指数とも急反落して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は前日比2993万株増の7億426万株。騰落状況は値上がり596、値下がり2549と、ほぼ全面安商状。VIX指数は、突発的なリスクの出現から32%上げ14.54に急伸しています。

 ダウ30種は、値上り3、値下がり27。好決算のユナイテッドヘルスが1.6%上昇。人員削減などリスクトラ策が好感されたマイクロソフトが1.02%上昇。一方、前日大幅に上げたインテルが利食いから2.74%下落。VISAが2.15%下落。15銘柄が1%超えの下落となり指数の足を引っ張りました。業種別は、貴金属、金鉱山、ヘルスケア関連が上昇。ほぼ全面安状態で、石炭、空運、住宅建設などが下落上位。
 NYダウは、反落。大幅反落しましたが25日線、安値を結ぶ下値支持線は切っておらず上昇トレンドは維持されたまま。週末のオプションなどの清算日を控えていますが、指数寄与度が最も大きいVISAが下落上位に入っており、先物がらみの売りが下落幅を拡大したようです。NASDAQ総合指数は、NYダウの下落率(0.94%)を上回る1.41%の下落。25日線をしたまわって来ており、弱さが目立ちます。引き続き、モメンタム株へのFRBの懸念が尾を引いているようです。

 ただ、引け後に発表されたIBMの決算は売上、利益とも予想を上まわったほか、グーグルも売り上げが予想を上回るなど好調な企業決算が続いており、大きく下げる懸念は少ないのではないでしょうか。マレーシア航空の撃墜問題が、懸念されますが、通常、戦闘地域の上空は飛行しないことになっているのに、なぜ、この地域を飛行したのか、また、民間機の識別信号などが出されていたはずなのに、なぜ、撃墜されたのかなど不明な点も多いようです。米国もミサイルによる撃墜の可能性を認めたものの、問題が拡大する可能性は少ないとしているようです。経過を見なければわかりませんが、影響は短期間で収束するとみておいていいのではないでしょうか。

 米株は反落。円は、ウクライナ東部での民間機撃墜による地政学要因拡大を懸念し、安全資産として買われ、対ドルは102円20銭台、対ユーロは136円90銭台にそれぞれ上昇。CME日経平均先物は、国内先物終値を115円下回る1万5255円で帰ってきました。レンジは、1万5190円~1万5465円。本日の日本株は、海外株安や円高を受け、軟調に推移しそうです。マレーシア航空機撃墜に先立ち、ウクライナとロシアの戦闘機が交戦しウクライナ機が撃墜されたことも報道されており、両国が実質的に交戦状態にあることも伝えられています。当面、リスク回避から円高となり、相場が弱含むことも予想されます。前段で書きましたように、下値の買いは期待できるものの、短期的には先物筋の売りたたきも予想され、波乱含みの動きも…。会社予想とコンセンサスがかい離する好業績株買いの方針に変更はありませんが、実力以上に高みに上り詰めた株は要注意…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ