大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



企業決算への期待感やM&Aによる事業再編期待を手掛かりに、急反発して終了
 おはようございます。 蒸し暑い朝です。朝から資源ごみ出しで、新聞や段ボールなどを5包みを集積所まで運びました。一昨日の絶食の影響からか、力仕事をしたらふらふらしました。年ですね~。それにしても、昨日の検査技師、「確か塊があったのに…。あ~、これだ」はいったい何?結局、嫌な大腸カメラをすることになるの?もう勘弁してほしい。

 さて、マレーシア航空機の墜落が国際的な非難を浴びてきました。当事国は相変わらず責任のなすりあいを続けていますが、米国のオバマ大統領は、「ミサイルは、ウクライナ東部から発射された…」とミサイルによる撃墜に断定的な見方をしています。ウクライナの親ロシア組織は、「上空1万メートルを飛行する機体を攻撃する能力はない…」と否定していますが、以前のフェイスブック上では、「高度3万メートルにある航空機を攻撃できる地対空ミサイル「ブク」を所持していることを掲載。事件後に慌てて消去するという不審な行動をしています。また、事故後に現場に駆け付けた親ロシア派勢力が、「武器は落ちていない。生活用品やバッグなどだけだ…」と、ロシアと通信している内容も公表されています。ロシアの影響を匂わせるもので、情報戦の一環かもしれませんが、今後背景が明確になり国際世論が高まるにつれ、ロシアの圧力による独立派の武装解除などに発展するかもしれません。ここは、経過を見守るしかないのでしょう。

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ      1万7100ドル18セント    +123ドル37セント(0.73%)
 NASDAQ総合指数     4432.15ポイント       +68.70ポイント(1.57%)
 S&P500            1978.22ポイント       +20.10ポイント(1.03%)
 CME日経平均先物     1万5325円          +115円
 10年物国債金利      2.4840%            +0.009%
 ニューヨーク原油      103.13ドル          -0.06ドル
 GOLD             1309.40ドル         -7.5ドル
 ドルインデックス      80.50              -0.03


 昨日の米国株は、ウクライナでの民間航空機撃墜の真相がはっきりしないなか、前日引け後に発表されたグーグルの予想上回る決算を好感した買いが増加。前日大きく下げていたことから、買い遅れていた投資家が買い出動したことや買戻しも入り、朝方から反発して始まりました。ミシガン大消費者信頼感指数など予想を下回る景気指標があったものの、企業業績への期待感や、製薬大手による大型M&Aの発表による事業再編期待などが強気を刺激。終日買われる展開となり、ニューヨークダウは引け近くに、この日の高値1万7113ドル(前日比137ドル高)をつける場面もありました。好決算を受けグーグルへの投資判断の引き上げが相次ぎ(7社)、モメンタム株が買いなおされ、NASDAQ市場が息を吹き返したことも安心感を誘い、結局、主力3指数とも急反発して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比5276万株増の7億5702万株。騰落状況は、値上り2576、値下がり572。VIX指数は17%下げ12.06に急低下。

 ダウ30種は値上り28、値下がり1(GE)、変わらず1(インテル)。バイオ関連の切り返しからジョンソン・アンド・ジョンソンが1.42%上昇。ボーイング1.4%、ナイキ1.29%など8銘柄が1%超え上昇。指数の上げをけん引しました。業種別は、インターネット、バイオテクノロジー、人材派遣、空運、医薬品などが上昇。貴金属、非鉄金属、オイル周辺サービス、金鉱山などが下落。
 NYダウは、反発。前日下落分の76%を埋めました。引き続き、25日線や今年2月安値以来の下値支持線に支られた上昇トレンドを維持しています。この日は、グーグル高に刺激され、ネット株やバイテク株などモメンタム株が切り返し、NASDAQ総合指数が前日下落分を埋めきったのが目立ちました。同指数はわずか1日で25日線を回復。ボラティリティの低下からモメンタム株を買いたい投資家が多いことを示しました。短期的には好業績株に流れが向かいそうですが、モメンタム株への警戒を示しながら、市場全体の上げを容認したイエレンFRB議長の姿勢を逆手に取る動きも出てきたようです。当局の警告を無視して株価が上昇する局面が近づいているのかもしれません。

 米国株は急反発。円は、ウクライナ情勢への過剰な警戒が緩み、対ドルは101円30銭、対ユーロは137円台にそれぞれ小幅に下落。CME日経平均先物は、国内先物終値(1万5210円)を115円上回る1万5325円で帰ってきました。レンジは1万5100円~1万5350円。週明けの日本株は海の日で休場。連休明けの相場は米国株と円相場次第の展開。夏休みシーズンに入ることから、商い的には盛り上がりを欠く展開になりそうですが、決算発表の本格化から個別株物色の流れが強まりそう。米国モメンタム株復調の動きの日本株への波及に注目。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ