大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



堅調な中欧の景気指標を受け強含むも、構成銘柄の業績が明暗を分け、高安まちまちで終了
 おはようございます。朝から蝉しぐれがきつい。むりやりたたき起こされた感じです。このところの熱帯夜続きで、睡眠不足が続いていますので、せめて朝くらいゆっくり寝かせてもらいたいものです。今日は胃カメラなど術後検査の中日。何も出なければ良いのですが…。

 昨日発表された米国の新規失業保険申請件数は、市場予想の30.8万件を大幅に下回る28.4万件と2006年2月(28.3万件)以来の数字になりました。受給者総数も減少をたどり250万件まで減ってきており、企業が雇用を増やしている状況が読み取れるとしてます。申請件数だけを見ていると米国はすでに好景気のゾーンに入ってきているようです。この勢いで減少が続くと、やがて賃金に波及することは必至。例年、7月~8月はFRBがここから1年の政策運営方針を決める重要な月、といわれます。来週29,30日のFOMC(公開市場委員会)声明文のニュアンスの変化には最大の注意を払う必要がありそうです。株高と債券高が並行している流れにも変化が出るか…。 

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ    1万7083ドル80セント   -2.83ドル(0.02%)
 NASDAQ総合指数   4472.11ポイント      -1.59ポイント(0.04%)
 S&P500          1987.98ポイント      +0.97ポイント(0.05%)
 CME日経平均先物   1万5340円         +40円
 10年物国債金利    2.5090%           +0.0450%
 ニューヨーク原油    102.07ドル         -1.05ドル
 GOLD           1292.7ドル         -13.8ドル
 ドルインデックス     80.86            +0.05


 昨日の米国株は、中國製造業PMI指数やユーロ圏綜合PM指数の上昇を受け欧州株が上げた流れを受け、上昇してスタートしました。朝方発表された新規失業保険申請件数が、予想を大幅に下回る28万4千件と、8年5か月ぶりの水準に減少したことも上げを支え、ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の高値1万7119ドル(前日比33ドル高)をつけています。来週FOMCを控え手控え気分が強いものの、この日もカード大手VISAやフォードなどが予想を上回る決算を発表したことから、前日引け値付近で強含みで推移していました。ただ、新築住宅販売件数が予想を大幅に下回ったほか、住宅大手DRホートンの業績が大幅減益になったことがイヤケされ、引け近くに下落。一時、1万7061ドル(同25ドル安)とこの日の安値を付ける場面もありました。引けにかけ、決算への期待感からやや値を戻したものの、結局、ニューヨークダウは続落、NASDAQ総合指数は反落、S&P500は続伸して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前日比5050万株増の6億3063万万株。騰落状況は、値上り1477、値下がり1652。VIX指数は、2.8%上げ11.84に上昇。

 ダウ30種は、値上り17、値下がり12、変わらず1(マクドナルド)。ナイキが1.6%、トラベラーズ1.2%上昇したものの、他の上昇率はいずれも0.9%以下と小動き。一方、中國や東欧の不振、資源開発需要の低迷を背景に弱気の見通しを示したキャタピラが3%下落、売り上げが予想を下回ったボーイングがこの日も売られ1.8%安したほか、ATT(-1.06%)、マイクロソフト(-1.05%)も下落。値上がり数が上回ったものの、一部の大幅な下落が指数の足を引っ張りました。
 NYダウは小幅続落。依然、17日に付けた長大陰線内の動き。終日値幅は58ドルと前日の63ドルからさらに縮小。三角持ち合いを形成しつつあります。一方、フェイスブックなど一時割高を指摘されたモメンタム株が大幅な増益になるなど、ハイテク株の出直りが顕著なNASDAQ総合指数は堅調を維持。成長株の上昇でS&P500は連日の高値更新になりました。当面、成長株志向の展開が続きそうです。

 米国株は、高安まちまち。円は、新規失業保険申請件数の大幅減から長期金利が上昇したこと受けドルが買われた流れから、対ドルは101円80銭台、対ユーロも欧州の強い景気指標を受け137円台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は、国内終値を40円上回る1万5340円で帰ってきました。本日の日本株は、円が下落したことや、中欧の強い景気指標を受け、堅調に推移しそうです。ただ、1万5400円超えの上値の重さが意識されており、狭いレンジの動きか…。昨日、キヤノンが地域見通しを下方修正した影響が懸念されるものの、自動車など業績面でに不安のないところが買われそうです。引き続き、コンセンサスと会社予想がかい離。高い進捗率が期待される銘柄を個別に買うところ。2兆円超えの余剰資金の活用法が注目される富士フィルム。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ