大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FOMC、雇用統計など重要イベントを控え手控え気分が強いなか、M&A案件などを支えに高安まちまちで終了
 おはようございます。 昨晩も、一晩中バイクの騒音に悩まされました。そろそろ、寝ようかな、という時間になるとどこからか湧くように出てきます。相変わらず警察は取り締まり無し…。睡眠不足で頭がボーとしています。騒音を響かせ、レースまがいのこともしているようです。あまりにひどいので、バイクにブロックでも投げつけてやろうかとも思いますが、そんなことをすれば、こちらの方が重い罪に問われますし…。困ったもんです。

 28日の米国市場動向
 ニューヨークダウ    1万6982ドル59セント  +22ドル02セント(0.13%)
 NASDAQ総合指数   4444.91ポイント     -4.65ポイント(0.10%)
 S&P500          1978.91ポイント     +0.57ポイント(0.03%)
 CME日経平均先物   1万5565円        +55円
 10年債金利       2.4910%          +0.0220%
 ニューヨーク原油    101.67ドル        -0.42ドル
 GOLD           1305.8ドル        +0.3ドル
 ドルインデックス     81.0            -0.04


 週明けの米国株は、ウクライナ東部やリビア、イスラエルガザ地区、イラクなどの戦闘が持続。原油供給への不安があることや対ロシア制裁強化を嫌気して欧州主要市場株が下落した流れを受け、軟調な始まりになりました。朝方発表された中古住宅販売保留指数(6月)が、増加予想に反しマイナスになったことも嫌気され、ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の安値1万6877ドル(前週末比83ドル安)をつけました。ただ、NYダウは前日まで3日続落していたことから押し目を拾う動きが出たことや、大手小売りディスカウント社の同業買収など複数のM&A案件が浮上したことも支えとなり昼過ぎにかけ株価を回復。一時、高値1万7001ドル(同41ドル高)と大台を回復する場面もありました。引けにかけては、今週にFOMCなど重要イベントを控えていることから、手控え気分も強まり、結局、NYダウとS&P500は反発。NASDAQ総合指数は3日続落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は、前週末比1997万株増の5億8853万株。騰落状況は、値上り1334、値下がり1782。VIX指数は1.02%下げ12.56に低下しました。

 ダウ30種は、値上り14、値下がり15、変わらず1(J&J)。下落数が上回ったものの、マイクロソフトの1.19%下げを除き、他はいずれも小幅な下落。ユナイテッドヘルス、エクソン、ディズニーの3銘柄が1%超えの上げになり、指数の上げを支えました。業種別は、アルミ、公益事業、金鉱山、電力などが上昇。ビール、家具、タイヤ、鉄道、建設資材などが下落。
 NYダウは小幅な反発。一時、値を崩し50日線に接近する場面もありましたが、引けにかけ持ち直した格好。25日線を下回ってきたほか、2月来の安値を結ぶ下値支持線も維持できるかどうか微妙な状況になってきました。S&P500 、NASDAQ総合指数は、25日線上にあります。NASDAQ市場の騰落状況は、値上がり994、値下がり1691と値下がり数が多く、一部の銘柄で指数が支えられている格好。やや不安定感が増しています。
 8月のジャクソンホールでの今後1年の政策運営方針に関するイエレンFRB議長演説を前に、今回のFOMCへの関心は何時になく高まることになりそうです。

 米国株は高安まちまち。円は、弱い経済指標を受けドルが主要通貨に対して軟化したものの、長期金利が上げたことを受け、対ドルは101円80銭台と前週末水準でのスタート。対ユーロは136円80銭台。CME日経平均先物jは、国内先物終値を55円上回る1万5565円で帰ってきました。レンジは、1万5410円~1万5595円。本日の日本株は、堅調に推移しそうです。円相場が102円台に接近しており、為替次第では大台(1万5600円台)に挑戦する場面もありそうです。引き続き、業績発表に反応する展開になりそうですが、通期見通しを据え置く企業がほとんどですので、進捗率で評価する流れに…。海外投資家のなかで、長期の三角持ち合いを離れた中国株に注目する動きが強まっており、短期資金が流出する懸念もあります。それだけに、しっかりした根拠のある銘柄に投資しておくことが望まれます。引き続き、日立、王子製紙、フジクラ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ